FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]レースの展望 > 第36回ニュージーランドトロフィーの展望

第36回ニュージーランドトロフィーの展望

2018年04月03日(火)

第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)4月7日(土)中山11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第36回ニュージーランドトロフィーの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1・2は4月7日(土)、3は4月8日(日)開催
1.第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)/中山芝1600m
2.第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)/阪神芝1600m
3.第78回桜花賞(GⅠ)/阪神芝1600m

1.ニュージーランドトロフィー(GⅡ)
■中山・芝1600m「買い」データ(2013年1月~)
①騎手(20レース以上)
・C・ルメール  勝率25.0% 連対率35.0% 複勝率50.0%
・A・シュタルケ 勝率28.6% 連対率39.3% 複勝率50.0%
・戸崎圭太   勝率15.0% 連対率33.8% 複勝率43.2%
・F・ベリー   勝率16.0% 連対率40.0% 複勝率40.0%
②種牡馬(20レース以上)
・ハービンジャー   勝率11.0% 連対率24.7% 複勝率35.6%
・ディープインパクト 勝率12.4% 連対率22.4% 複勝率32.0%
・マンハッタンカフェ 勝率13.6% 連対率19.4% 複勝率31.1%
③調教師(20レース以上)
・大竹正博  勝率17.1% 連対率29.3% 複勝率39.0%
・堀宣行   勝率21.7% 連対率30.0% 複勝率38.3%
・国枝栄   勝率12.7% 連対率21.6% 複勝率32.4%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率11.4% 連対率21.0% 複勝率33.0%
・2位 勝率14.3% 連対率25.3% 複勝率31.4%

■ニュージーランドトロフィー「消し」データ(2007年1月~)
※中山開催の10回を対象としています。

・前走着差1.0秒以上の負け:0-0-0-27/27 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走10着以下:0-0-0-25/25 勝率・連対率・複勝率0.0%
・斤量55.0kg以下:0-0-2-12/14 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率14.3%
・1枠:0-0-0-19/19 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率14.3%

【総括】
中山芝1600mはスタート直後から3コーナー終盤まで高低差約4.5mの下り坂を
降りるため、他のコースよりハイペース気味になります。そのため逃げ・先行馬の
成績が悪く、上り勝負になることが多いです。
特に2014年夏の芝コース改修後はその傾向が強く、差し馬の台頭が目立ちます。

また最初のコーナーまでの距離が短く、またスピードが付いた状態で迎えるため
外枠の馬には不利となり、また良い位置取りを取ろうと内枠に殺到するため
最内枠が不利となります。真ん中より内側の枠が有利です。

ニュージーランドトロフィーでは、先行した方が有利なレースです。
3歳戦ということもあり、なかなか後方一気が決まりづらいレースです。
最終コーナーの位置取りが半分以下だった馬は過去3年で未勝利です。
<最終コーナー位置取り(過去3年)>
・半分以上の位置取りだった馬:1着3回  2着1回 3着2回(全28頭中)
・半分以下の位置取りだった馬:1着なし 2着2回 3着1回(全20頭中)

ただやはり末脚の鋭さは要求されるため、闇雲に先行できれば良い、
というわけではありません。
<上がり3ハロン順位>
・5位以内:1着2回 2着2回 3着2回(全15頭中)
・6位以下:1着1回 2着1回 3着1回(全33頭中)

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走先行~中団の位置取り(レース内で前から2/3頭以内)で、上り3ハロン順位5位以内
②前走4コーナーの通過順位が1位


最終結論は金曜日、4月6日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック