FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]予想 > 第48回高松宮記念の予想

第48回高松宮記念の予想

2018年03月24日(土)

今日のレースもお疲れ様です、たけです!
この記事は3月25日(日)中京11レース 第48回高松宮記念(GⅠ) の予想です。
非常に難しく、自信はあまりありません。そのため
「消し」のデータから考察しております


第48回高松宮記念(GⅠ)
中京 芝1200mコースの「買い」データ(2013年1月~又は過去5年間のデータ)
1.騎手複勝率:福永祐一/48.4%、川田将雅/38%、M・デムーロ/33.3%
 →⑮、⑨、⑥

■第48回高松宮記念(GⅠ) の「消し」データ(2008年1月~のデータ)
1.前年10月以降重賞で連対なし:
0-1-0-89-90/複勝率1.1%→②、③、⑤、⑬、⑭、⑮
2.キャリア21戦以上で前走4着以下:
0-0-0-39-39/複勝率0%→③、④、⑤、⑧、⑫、⑭
3.前走4コーナー通過順位が頭数の2/3以下(2012年以降):
0-1-1-22-24/複勝率8.3%→④、⑥
4.前走馬体重479kg以下(2012年以降):
0-0-3-33-36/複勝率8.3%→②、⑥、⑩、⑪、⑫、⑬、⑱

■考察■
「消し」のデータから見ると、直近で結果を残せていない馬には厳しいレース
と言えます。更に自分のペースでレースを組み立て辛く、厳しい流れになる
1200m戦では戦績が多く消耗している馬にも厳しいレースでしょう。

またスタミナ、という意味では馬体重もカギとなっており
芝レースにしては珍しく馬体重の重い馬でないと勝てないレースとなっており、
過去6回のうち前走馬体重479kg以下の馬は連対なしとなっています。
これは元々中京競馬場の芝は、他と比べて開催間隔が短いため、芝の育成に
十分な時間が取りづらく、養生しきった12月から使い詰めの後半だから、
ということが関係しているでしょう。

それと関連してタフな馬場だと、後方から叩いても中々届きづらいこともあって、
前走後方の位置取りの馬は未勝利です。

以上を加味した結論は下記の通りです。

【結論】
◎⑨ファインニードル

→同コースの出走経験こそないものの、前走は同コースと相性の良い京都芝1200mで
重賞勝利。好位から粘るスタイルがこのコースぴったり。
○⑥レッドファルクス
→馬体重、前走位置取りと不安要素はあるものの、有利な3枠・同コースの実績から
外せない。鞍上は同コース得意のデムーロで当然勝利も狙える。
▲⑪ダンスディレクター
→同コースで2着2回。好位から抜け出しのスタイルがこのコースでも発揮できれば、
一発はある。馬体重不足なのが気がかり。
△⑦ナックビーナス
→前走はタフな中山芝1200mで着差なしの2着。この馬も好位抜け出しタイプで、
前走の好調を維持できていれば穴も狙える。
☆⑩ダイアナヘイロー ☆①セイウンコウセイ
→タフなコースとは言え逃げ馬はやはり怖いので抑え。

以上です。


↓↓↓応援クリックをお願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック