FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]予想 > 第25回マーチステークスの予想

第25回マーチステークスの予想

2018年03月24日(土)

こんばんは、たけです!
この記事は3月25日(日)中山11レース 第25回マーチステークス(GⅢ) の予想です。

第25回マーチステークス(GⅢ)
中山 ダート1800mコースの「買い」データ(2013年1月~又は過去5年間のデータ)
1.騎手複勝率:C・ルメール/38.9%、横山典弘/33.6%
 →⑨、⑬
2.種牡馬複勝率:トーセンブライト/40%、ウォーエンブレム/36%、
  キングカメハメハ/31.3%
 →⑬、⑯、①、④、⑦、⑧
3.厩舎複勝率:萩原清/37.9%、久保田貴士/35.1%
 →⑨、②
4.前走上がり3Fタイム順複勝率:1位/33.9%、2位/31.6%
 →⑫、⑬、⑭、⑧
 
■第25回マーチステークス(GⅢ) の「消し」データ(2008年1月~のデータ)
1.前走2.0秒以上の負け:
0-1-0-13-14/複勝率7.1%→②、⑥、⑮
2.8歳以上:
0-0-0-11-11/複勝率0%→③
3.1枠:
0-0-3-17-20/複勝率15%→①、②
4.斤量53.0kg以下:
0-0-0-11-11/複勝率0%→①、⑤

■考察■
中山ダート1800mはコースの前半は高低差4mのアップダウンで、
向正面以降はゴール手前200mまでは平たんになり、最後の200mは
坂を上るタフなコースとなっています。

そのため基本的には位置取りは前の馬が有利ではありますが、
クッション砂が深いコースのため、前も後ろもバタバタになり、
結局末脚勝負になります。
これはマーチステークスでも同じです。

一方良く言われる「中山ダート1800mは外枠有利」ですが、
通常のレースではそこまで内枠と外枠の差はありません。

ですがマーチステークスでは一変して「外枠有利のレース」
という特徴が際立ちます。

過去中山開催での10回では6枠より外で8勝、特に8枠は4勝、複勝率45.0%と
圧倒的です。

これはコースの形状もあってスローペースにならず、厳しい流れになり
内枠にいた逃げ・先行馬がバテた時に壁になり内枠の馬が不利になるため、
と考えられます。

【結論】
◎⑬ハイランドピーク

→前2走は中山ダート1800mで2連勝。有利な外枠で文句なしの本命。
○⑧センチュリオン
→トップハンデながら中山ダート1800m実績はダントツの7勝。近3走も速い上りを
繰り出し中山ダート1800mで好成績。
▲⑫アルタイル
→3走連続で上がり3ハロン順位2位以内と好調を維持している。
中山ダート1800mでの連対こそないものの、枠に恵まれ期待大。
△⑭クインズサターン →前走は中山ダート1800mオープン戦で最速の上りを繰り出し、1着。
元々中団から最速の上りを繰り出し、掲示板を確保する安定した走りで、
今回も馬券に絡めるか。

以上です。

↓↓↓応援クリックをお願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック