FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]予想 > 第32回中日スポーツ賞ファルコンステークスの予想

第32回中日スポーツ賞ファルコンステークスの予想

2018年03月17日(土)

おはようございます、たけです!
3月17日(土)中京11レース 第32回中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ) の予想です。

第32回中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ)
中京 芝1400mコースの「買い」データ(2013年1月~又は過去5年間のデータ)
1.騎手複勝率:川田将雅/40.4%、岩田康誠/38.4%、福永祐一/34.3%、萩野極/30.7%
 →⑧、⑮、⑩、⑫
2.厩舎複勝率:藤原英昭/56%、安田隆行/37.1%
 →⑩、⑨
3.前走上がり3Fタイム順複勝率:1位/30.3%
 →①、④、⑤、⑮
4.前走コース複勝率:阪神芝1600m/28%
 →⑨

■第32回中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ) の「消し」データ(2008年1月~のデータ)
1.前走と比較して距離延長:
0-0-1-24-25/複勝率4%→②、⑤、⑬、⑮
2.前走ダート戦:
0-0-0-11-11/複勝率0%→⑩、⑭

■考察■
中京に限らず芝1400mは短距離戦では一番タフなレースだと言われています。
というのも1200mのように一気に走り抜けることはできず、かといって1600mのように
4コーナー等で一息入れるペースにもならないからです。

そんな中で中京芝1400mは大きなアップダウンもなく、下り坂でペースが速くなる
ポイントも無いためどちらかというと末脚が速い馬が有利です。
ですが裏を返せば、先行した馬が自分のペースで走りやすいということでもあり、
一方的に末脚の速さ勝負ということでもないのがこのコースの難しさです。

しかし条件が上がるにつれて、先行力よりも末脚の速さ勝負になるため、
前走の上がり3ハロン順位を中心に予想するのが無難でしょう。

【結論】
◎⑨ダノンスマッシュ

→3走連続で上がり3ハロン順位2位以内。前走こそ出遅れたが、元々先行力のある馬。
前走よりアップダウンの少ないコースでスムーズに先行できれば。
○④テンクウ
→ダノンスマッシュ同様、3走連続で上がり3ハロン順位2位以内。
先行力もあり、ダノンスマッシュと2頭の叩き合いか。
▲①ムスコーソ
→芝1400m戦を専門にしており、戦績にもはっきり出ている。
今回もし人気が無ければおいしい穴馬となる。

以上です。

↓↓↓応援クリックをお願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック