FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]投資競馬 > パンクのリスクを減らすには?その1

パンクのリスクを減らすには?その1

2018年01月30日(火)

こんばんは!たけです。
今日はタイトルにある通り、「投資競馬においてパンクのリスクを減らす工夫
について述べていきたいと思います。

細かい方法はたくさんありますが、まとめると下記の3つになります。
1.過去の的中や出現のリズムを見極める。
2.投資法を変える。
3.縦軸だけではなく、横軸でも検証する。


今日は1.過去の的中や出現のリズムを見極める、について解説していきます。
これには2つあり、1つ目は「最大連敗数を知る」こと、2つ目は「反動が来そうなタイミングを見極める」ことです。

1つ目の最大連敗数ですが、単勝1番人気を例でとると、
2015年1月1日~2018年1月28日(日)までのデータでみると「24連敗」している時があります。
丸二日間単勝1番人気が勝ったことがないんですね。

「よほどイレギュラーなんじゃないか?」とも思われるかもしれませんが、
下のデータを見ていただければ、割と単勝1番人気と言えど大型連敗がちらほらあることがわかります。
180130連敗

逆に言えば単勝1番人気は「10連敗~12連敗後は12レース以内に的中する確率が高い」とも言えます。
即ち過去の最大連敗数を知ることで、的中や投資すべきタイミングがある程度わかるようになる、ということです。

2つ目の反動が来そうなタイミングは、1つ目の応用です。
これも単勝1番人気を狙うと仮定しましょう。

前日開催から8日前開催まで下の2通りのパターンで、単勝1番人気が的中していたと仮定しましょう。
どちらの方が、次の開催日に単勝1番人気の的中数が多いと感じますか?
180130リズム
※オレンジ色の部分は平均よりも単勝1番人気の的中数が少なかったことを示します。

何となくわかった方もいらっしゃると思いますが、Aの方が次の開催日に的中数が多そうだな、
と思いませんか?
ここで言えるのは「より直近で出現数が低い開催日が多ければ、その分的中の可能性が高まる」ということです。

ここでまとめると、
①過去の最大連敗数を知ることで、投資すべきタイミングがわかる。
②直近で的中の低い開催日が続いている馬券ほど、的中率が高まる。

ということです。

ぜひ検証や実践で試してみてください!

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック