FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]予想 > 第36回中山牝馬ステークスの予想※穴レースの紹介も!

第36回中山牝馬ステークスの予想※穴レースの紹介も!

2018年03月09日(金)

こんばんは、たけです!
この記事は3月10日(土)中山11レース 第36回中山牝馬ステークス(GⅢ) の予想です。
※追伸に推奨レースをご紹介します。お楽しみに!

第36回中山牝馬ステークス(GⅢ)
中山 芝1800mコースの「買い」データ(2013年1月~又は過去5年間のデータ)
1.騎手複勝率:戸崎圭太/43.9%、北村宏司/31.7%、田辺裕信/30.5%
 →⑪、⑥、②
2.厩舎複勝率:高橋義博/50%、尾関知人/40.5%、国枝栄/33.3%
 →⑧、③、⑥
3.種牡馬複勝率:ディープインパクト/30%
 →⑭
4.前走上がり3Fタイム順複勝率:1位/34.2%
 →①、⑩
5.前走4角順位複勝率:1位/30.6%、2位/32.8%
 →⑭、⑪

■第36回中山牝馬ステークス(GⅢ) の「消し」データ(2008年1月~のデータ)
1.7歳以上:
0-0-2-12-14/複勝率14.3%→⑬
2.前走4コーナー通過順位 後ろから1/3頭以内:
0-2-2-27-31/複勝率12.9%→⑧、⑫

■所感■
中山芝1800mはスタート直後とゴール前に坂があるため、タフなコースです。
なので末脚の速い馬が強い、とか逃げ馬が強い、とは言い切れません。

データ上でも末脚の速い馬が良い成績を収めていますが、芝のレースには珍しく、
前々で進めた馬の成績も悪くありません。
前走後方一気より、先行して上りがそこそこ、という馬が最も成績が良いです。

さて中山牝馬ステークスの特徴として下記3点が挙げられます。
1.中荒れ傾向
2.前走後方一気の馬は危険
3.前走4コーナーの位置取りが前の馬が狙い目


1.発走7分前単勝オッズで10倍以上の馬が過去10年で5勝と中波乱を演出する一方、
単勝5倍未満の人気馬が11頭中1勝のみ。ただし、単勝オッズ50倍以上の馬は29頭いて
3着1回と殆ど馬券にならないため、単勝オッズ10倍~50倍未満のゾーンが狙い目です。

2.末脚の速い馬が強い傾向にある中山芝1800mですが、このレースに限っては、
前走上がり3ハロン順位1位の馬が11頭いて3着1回のみと振るいません。
勝ち馬のうち8頭が前走上がり3ハロン順位6位以下です。

3.最後の直線の速さよりも、前々で競馬を進める馬が好成績を残します。
過去中山開催のこのレースで勝利した全頭が、前走4コーナーで10番手以内でした。

【結論】
◎⑥フロンテアクイーン

→鞍上・厩舎共に得意のコース。また前々でレースを進め、速い上りも繰り出せる
 このレースにぴったりの馬だと言えるでしょう。
○②トーセンビクトリー
→鞍上はコースの経験豊富な田辺騎手。近走は振るいませんが、先行する力のある馬で、
 前走ではタフな中山芝2200mで最速の上りで5着に粘りました。復調を期待。
▲⑩レイホーロマンス
→常に早い上りを繰り出し、先行力のある馬。末脚が速いにも関わらず人気になりにくく、
 狙い目。
△⑪ワンブレスアウェイ
→鞍上はこのコース大得意の戸崎騎手で復調なるか。1年前は戸崎騎手で同コースを制しているだけに期待の組み合わせ。
△⑭カワキタエンカ
→逃げ馬の一発が怖い中山芝1800m、逃げるならこの馬でしょう。

以上です。

追伸:推奨レースは阪神12レース/4歳以上1000万下
阪神ダート1800mで特徴的なのは末脚の速い馬と先行力のある馬どちらも強い、というところですがどちらも満たす馬が出走!

1.前走上がり3ハロン順位1位:複勝率37.3%
2.前走4コーナー順位1位:複勝率33.3%

↓↓↓推奨馬はこちらをクリック↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック