FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]レースの展望 > 朝日杯フューチュリティステークスの予想・攻略・傾向データ

朝日杯フューチュリティステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月13日(木)

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)12月16日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は朝日杯フューチュリティステークスの展望について書いていきます。
※阪神競馬場での開催に替わった4回分のデータを基に分析します。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月15日(土)開催、2は12月16日(日)開催
1.ターコイズステークス(GⅢ)/中山芝1600m
2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)/阪神芝1600m

2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
※阪神芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1600/

■朝日杯フューチュリティステークス「消し」データ(過去4回)
・単勝オッズ100.0倍以上:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走0.3秒以上での負け:0-2-0-25/27 勝率0.0%、連対率・複勝率7.4%
・前走5着以下:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
朝日杯フューチュリティステークスは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走根幹距離だった馬に注目!


1.末脚勝負

※2014年から中山から阪神へ開催変更となり、阪神開催の4回分での分析であることをお断りしておきます。

朝日杯フューチュリティステークスでは阪神開催に替わって末脚勝負になっています。
まず脚質として差し・追い込み馬が圧倒的な割合を占めており、17年に1着になったダノンプレミアムも先行しながら上り3ハロンはメンバー最速でした。

朝日杯フューチュリティステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 差- 差- 差
15年 追- 差- 差
16年 差- 追- 逃
17年 先- 差- 差
-----------------

また上り3ハロンが最速だった馬は連対率100%!1・2着もすべて上り3ハロン順位が2番手以内の馬のみと末脚の速さが必須であることが分かります。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 1- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 1- 3- 0- 4/ 8 12.5% 50.0% 50.0%
3F 3位 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
3F 6位~ 0- 0- 2-44/46 0.0% 0.0% 4.3%
------------------------------------------------

前走上がり3ハロン順位で見てみると1位だった馬が複勝率33.3%と好成績です。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
前走上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 2- 3- 1-12/18 11.1% 27.8% 33.3%
3F 2位 1- 0- 0-10/11 9.1% 9.1% 9.1%
3F 3位 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
3F 6位~ 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
------------------------------------------------

2.前走根幹距離だった馬に注目!

まず根幹距離とはなんぞや?というところですが、根幹距離とは、
日本ダービーの距離である2400mを中心に400m刻みである2000m・1600mの3つのレース距離を差します。

いわゆる「王道」となるレース距離のため、必然的にレベルの高いレースが組まれ、出走するメンバーもレベルが高い傾向にあります。

当レースでは前走根幹距離である1600mと2000mでしか勝ち馬が出ておらず、特に同じ距離となる1600mに出走していた馬は複勝率が3割を超えています。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走距離別成績 ※★が根幹距離
--------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
 1200m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
 1400m 0- 1- 2-22/25 0.0% 4.0% 12.0%
★1600m 3- 3- 2-17/25 12.0% 24.0% 32.0%
 1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
 1800m 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
★2000m 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
--------------------------------------------------

さらにコース別で見てみると、馬券になった馬は下記4コースのみです。
特に東京芝1600mコースだった馬の複勝率が驚異の5割超え!レースもバラバラで、
同コースが相性が良いということなのでしょう。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走コース別実績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・芝1600 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6%
京都・芝2000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
京都・芝1600外 0- 2- 1- 8/11 0.0% 18.2% 27.3%
東京・芝1400 0- 1- 2-13/16 0.0% 6.3% 18.8%
----------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。
①前走上がり3ハロン1位
②前走1600m・2000m/特に東京芝1600m次に京都2000m


最終結論は土曜日、12月15日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック