FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~ > [カテゴリ]投資競馬 > 出現の偏りを利用した馬券術~1月27日(土)実践編~

出現の偏りを利用した馬券術~1月27日(土)実践編~

2018年01月27日(土)

こんばんは!たけです。

今日は先日の続きで、実際にどんな馬券を狙っていくのか?を例を挙げながら示していきたいと思います。
今回例に挙げるのは「単勝1~6番人気」の馬です。

下の表は「単勝1~6番人気」の馬がどのくらいの確率で1着に、2着以内に、3着以内になるのか?を示したものです。
出現確率

単勝1番人気の馬は、1日4回1着になって、6回2着以内になって、8回3着以内になっていますね。
これを多いと思うか、少ないと思うかは人次第ですが、ここから推測できるのは
例えば単勝1番人気の馬が、1日12レースのうち、一回も勝たなかったら次の日は狙い目なのではないか?
といったことです。

ここで今年になってからの、関東表開催の単勝人気別の勝ち数・連対数・複勝数を見てみましょう。
※色を塗ったところは平均より少なかったものです。
出現
とりわけ目立つのは単勝1番人気の複勝数が少ない、というところでしょうか。

前日開催の1月21日(日)で見てみると、単勝1番人気と単勝5番人気が平均よりも馬券に絡んでいない
ということが分かると思います。
なので「単勝1番人気と単勝5番人気で馬券を組み立てれば勝てるのでは?」ということになります。

では実際に1月27日(土)はどうだったのか?
↓単勝人気別の結果はこちら
180127結果
単勝1番人気と単勝5番人気の馬が平均以上に馬券になったことがわかるかと思います。
ただ単勝1番人気の3着以内数だけは平均以下のままですが。。。

ちなみに今日単純に東京競馬場で単勝1番人気と単勝5番人気の馬連を1点100円で12レース何も考えずに買ったとしたら?
4レースで1,460円の配当、8レースで1,040円の配当が的中し、1点100円で購入したとして
プラス1,300円、回収率にして208.3%となりますね!

ただいつもこのように上手くいくわけではありませので、きちんと投資法を考える必要はありますが、
前日までに馬券になった割合が平均より低い馬を中心に馬券を組み立てることが
基本であることはお分かり頂けたかと思います。

それではまた!

【追伸】ちなみに今日の結果を受けて、狙いどころになるのは単勝6番人気なのは・・・察しが良い方なら、
なんとなくお分かりだと思います。

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック