FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~

12月28日(金)の振り返り

2018年12月28日(金)

こんにちは!たけです。
12月28日(金)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月28日(金)■
ホープフルステークス:◎③キングリスティア 8着

本日はホープフルステークス1レースのみの予想となりました。
本命馬のキングリスティアは見せ場なく8着に敗れました。上り3ハロンこそ1着でしたが、
新馬戦の通りには行きませんでした。

一方1着となったサートゥルナーリアは前評判通り、先行して最速の上りで1着と強い内容で勝ち上がりました。今後のレースが楽しみですね。

本年は1年間お世話になりました。
それでは来年もよろしくお願いします!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ホープフルステークスの予想

2018年12月27日(木)

こんにちは、たけです。

12月28日(金)中山11レースホープフルステークス(GⅠ)の予想をしていきます!

中山11レース ホープフルステークス(GⅠ)
ホープフルステークスでは下記2点が特徴です。

①逃げ馬不要・末脚勝負!
②前走クラスに注目!
③キングカメハメハ産駒が強い!


1.逃げ馬不要・末脚勝負!

元々当レースでは過去10回のうち逃げ馬が馬券になったことはありません。
14年の馬場改修後はよりその傾向が顕著で、改修前は馬券の半数以上を占めていた先行馬が直近3年で馬券内に入ったのは1頭のみという状況です。

1.2008年~2013年・改修工事前/逃げ・先行馬:3着内割合55.6%
ホープフルステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
08年 先- 先- 差
09年 先- 差- 差
10年 先- 先- 追
11年 先- 先- 先
12年 差- 先- 追
13年 先- 追- 差
-----------------

2.2014年~2017年・改修工事後/逃げ・先行馬:3着内割合25.0%
ホープフルステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 先- 先- 差
15年 差- 差- 差
16年 差- 差- 差
17年 差- 先- 差
-----------------

差し馬が強い!ということでさらに掘り下げて見てみましょう。
前走芝コースだった馬の上り3ハロン順位で見てみると1位だった馬は複勝率が46.9%とかなり好成績です。

ホープフルステークス/過去10回 
前走芝コース・上り3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 5- 4- 6- 17/ 32 15.6% 28.1% 46.9%
3F 2位 2- 3- 2- 25/ 32 6.3% 15.6% 21.9%
3F 3位 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1- 17/ 19 0.0% 5.3% 10.5%
3F 6位~ 2- 1- 1- 32/ 36 5.6% 8.3% 11.1%
-----------------------------------------------------

馬場改修後に限って言うと、前走芝コースで上がり3ハロン順位が3番手以内でないと
馬券に絡むことすらできていません。まずは前走の上り3ハロン順位でチェックするのが良いでしょう。

ホープフルステークス/馬場改修後2014年以降 
前走芝コース・上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 3- 2- 9/17 17.6% 35.3% 47.1%
3F 2位 1- 0- 2-12/15 6.7% 6.7% 20.0%
3F 3位 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
3F ~5位 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------

2.前走クラスに注目!

前走クラスで見てみると前走新馬戦を勝ち上がった素質馬がそのまま勝ち上がれるレースだということが分かります。ちなみにこれは馬場改修前後での差はありません。

ホープフルステークス/過去10回
前走芝コース・クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
新馬 6- 0- 3- 10/ 19 31.6% 31.6% 47.4%
未勝利 0- 4- 1- 31/ 36 0.0% 11.1% 13.9%
500万下 2- 4- 3- 30/ 39 5.1% 15.4% 23.1%
1000万下 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 1- 0- 0- 11/ 12 8.3% 8.3% 8.3%
G3 1- 1- 2- 18/ 22 4.5% 9.1% 18.2%
G2 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
G1 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------

一方前走未勝利戦組は過去10回で1着が無く苦戦しています。
前走未勝利戦組に限らず、前走新馬戦組以外で狙うのであれば、先ほどの
前走上がり3ハロン順位で絞るのが良いでしょう。

ホープフルステークス/過去10回
前走芝コース・前走新馬戦以外での上り3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 1- 4- 4- 14/ 23 4.3% 21.7% 39.1%
3F 2位 2- 3- 1- 19/ 25 8.0% 20.0% 24.0%
3F 3位 0- 1- 0- 10/ 11 0.0% 9.1% 9.1%
3F ~5位 0- 1- 1- 16/ 18 0.0% 5.6% 11.1%
3F 6位~ 1- 1- 1- 32/ 35 2.9% 5.7% 8.6%
-----------------------------------------------------

3.キングカメハメハ産駒が強い!

芝コースの2歳戦というとディープインパクト産駒に目が行きがちですが、
当レースに限ってはキングカメハメハ産駒が強いです。

ホープフルステークス/過去10回 種牡馬別成績
--------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
キングカメハメハ 3- 0- 3- 3/ 9 33.3% 33.3% 66.7%
ディープインパクト 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5%
--------------------------------------------------------

これは中山芝コースは直線が短く、タフなレースになりがちであることからよりスタミナのあるキングカメハメハ産駒が有利なんだろうと推測されます。

馬場改修後ではキングカメハメハ産駒は2016年に2頭・2015年に1頭出走していますが
3頭ともに馬券に絡む活躍を見せています。

■②「ホープフルステークス」の「結論」

◎③キングリスティア
前走7番人気ながら逃げて最速の上りで5馬身差の圧勝。中2週ながら、その強さは圧巻。
内枠に入ったのもプラスで、父父はキングカメハメハ産駒で血統も問題ない。新馬戦直後だが、勝ち負けはできる。

○①ニシノデイジー
低評価ながら2戦連続で2歳重賞を2連勝。能力・実績は出走馬で群を抜いており、今回は初の2000m挑戦となるが問題なくこなせるだろう。

▲⑧アドマイヤジャスタ
前走同距離を2番手の上りで1着。何より同レースで4勝しているルメールが騎乗していることが大きく、それだけで狙える。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


12月22日(土)・12月23日(日)2日間の振り返り

2018年12月27日(木)

こんにちは!たけです。
12月22日(土)・12月23日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月22日(土)■
阪神カップ:◎⑪レッドファルクス 8着

【メイン以外のレース予想】
阪神3レース・2歳牝馬未勝利戦:◎⑬ラシェーラ 6着

■12月23日(日)■
有馬記念:◎⑫レイデオロ 2着

【メイン以外のレース予想】
予想レース・なし

土曜日は未勝利戦・メインレース共に着外と振るいませんでした。阪神カップは結果として2桁人気馬が2頭入る大荒れの結果となりましたが、2桁人気馬のダイアナヘイロー・スターオブペルシャともに阪神芝コースでの渋い馬場での1着経験がある馬でした。馬場が渋った時はそれも考慮に入れるべきですね。

日曜日では本命馬・レイデオロが2着を死守したものの、1着・3着馬はマーク外の2頭でしたので、純粋には喜べませんでした。特に菊花賞で敗れながら勝利したブラストワンピースの能力には驚きました。ただ外国人騎手のGⅠ連続勝利を止めた池添謙一騎手の執念には敬意を表したいと思います。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ホープフルステークスの展望

2018年12月26日(水)

ホープフルステークス(GⅠ)12月28日(金)中山11R芝2000m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日はホープフルステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の1レースです。
※1は12月28日(土)開催
1.ホープフルステークス(GⅠ)/中山芝2000m

1.ホープフルステークス(GⅠ)
※中山芝2000mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_2000/

■ホープフルステークス「消し」データ(過去10回)
・前走ダート:0-0-0-11/11 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走逃げ馬:0-2-0-20/22 勝率0.0%、連対率・複勝率9.1%
・前走勝ち馬との着差1.0秒以上:0-0-0-17/17 勝率・連対率・複勝率0.0%
・単勝オッズ50倍以上:0-0-1-50/51 勝率・連対率0.0%、複勝率2.0%
・牝馬:0-0-1-14/15 勝率・連対率0.0%、複勝率6.7%
・前走4着以下:0-1-1-39/41 勝率0.0%、連対率2.4%、複勝率4.9%

【総括】
ホープフルステークスでは下記2点が特徴です。

①逃げ馬不要・末脚勝負!
②前走クラスに注目!
③キングカメハメハ産駒が強い!


1.逃げ馬不要・末脚勝負!

元々当レースでは過去10回のうち逃げ馬が馬券になったことはありません。
14年の馬場改修後はよりその傾向が顕著で、改修前は馬券の半数以上を占めていた先行馬が直近3年で馬券内に入ったのは1頭のみという状況です。

1.2008年~2013年・改修工事前/逃げ・先行馬:3着内割合55.6%
ホープフルステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
08年 先- 先- 差
09年 先- 差- 差
10年 先- 先- 追
11年 先- 先- 先
12年 差- 先- 追
13年 先- 追- 差
-----------------

2.2014年~2017年・改修工事後/逃げ・先行馬:3着内割合25.0%
ホープフルステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 先- 先- 差
15年 差- 差- 差
16年 差- 差- 差
17年 差- 先- 差
-----------------

差し馬が強い!ということでさらに掘り下げて見てみましょう。
前走芝コースだった馬の上り3ハロン順位で見てみると1位だった馬は複勝率が46.9%とかなり好成績です。

ホープフルステークス/過去10回 
前走芝コース・上り3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 5- 4- 6- 17/ 32 15.6% 28.1% 46.9%
3F 2位 2- 3- 2- 25/ 32 6.3% 15.6% 21.9%
3F 3位 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1- 17/ 19 0.0% 5.3% 10.5%
3F 6位~ 2- 1- 1- 32/ 36 5.6% 8.3% 11.1%
-----------------------------------------------------

馬場改修後に限って言うと、前走芝コースで上がり3ハロン順位が3番手以内でないと
馬券に絡むことすらできていません。まずは前走の上り3ハロン順位でチェックするのが良いでしょう。

ホープフルステークス/馬場改修後2014年以降 
前走芝コース・上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 3- 2- 9/17 17.6% 35.3% 47.1%
3F 2位 1- 0- 2-12/15 6.7% 6.7% 20.0%
3F 3位 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
3F ~5位 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------

2.前走クラスに注目!

前走クラスで見てみると前走新馬戦を勝ち上がった素質馬がそのまま勝ち上がれるレースだということが分かります。ちなみにこれは馬場改修前後での差はありません。

ホープフルステークス/過去10回
前走芝コース・クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
新馬 6- 0- 3- 10/ 19 31.6% 31.6% 47.4%
未勝利 0- 4- 1- 31/ 36 0.0% 11.1% 13.9%
500万下 2- 4- 3- 30/ 39 5.1% 15.4% 23.1%
1000万下 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 1- 0- 0- 11/ 12 8.3% 8.3% 8.3%
G3 1- 1- 2- 18/ 22 4.5% 9.1% 18.2%
G2 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
G1 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------

一方前走未勝利戦組は過去10回で1着が無く苦戦しています。
前走未勝利戦組に限らず、前走新馬戦組以外で狙うのであれば、先ほどの
前走上がり3ハロン順位で絞るのが良いでしょう。

ホープフルステークス/過去10回
前走芝コース・前走新馬戦以外での上り3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 1- 4- 4- 14/ 23 4.3% 21.7% 39.1%
3F 2位 2- 3- 1- 19/ 25 8.0% 20.0% 24.0%
3F 3位 0- 1- 0- 10/ 11 0.0% 9.1% 9.1%
3F ~5位 0- 1- 1- 16/ 18 0.0% 5.6% 11.1%
3F 6位~ 1- 1- 1- 32/ 35 2.9% 5.7% 8.6%
-----------------------------------------------------

3.キングカメハメハ産駒が強い!

芝コースの2歳戦というとディープインパクト産駒に目が行きがちですが、
当レースに限ってはキングカメハメハ産駒が強いです。

ホープフルステークス/過去10回 種牡馬別成績
--------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
キングカメハメハ 3- 0- 3- 3/ 9 33.3% 33.3% 66.7%
ディープインパクト 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5%
--------------------------------------------------------

これは中山芝コースは直線が短く、タフなレースになりがちであることからよりスタミナのあるキングカメハメハ産駒が有利なんだろうと推測されます。

馬場改修後ではキングカメハメハ産駒は2016年に2頭・2015年に1頭出走していますが
3頭ともに馬券に絡む活躍を見せています。

データの狙い方としては下記3点です。

①前走芝コース・上がり3ハロン順位1位
②前走新馬戦
③キングカメハメハ産駒


最終結論は木曜日、12月27日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

有馬記念の予想【オジュウチョウサンの分析も!】

2018年12月22日(土)

※①オジュウチョウサンの分析はこの記事の最後にあります♪

こんにちは、たけです。

12月23日(日)中山11レース有馬記念(GⅠ)の予想をしていきます!

中山11レース 有馬記念(GⅠ)
有馬記念では下記2点が特徴です。

①年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!
②1番人気が強い!
③菊花賞3着以内経験のある馬に注目
④馬場改修後、1枠が有利になった


1.年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!

有馬記念に出走する馬は3歳クラシック戦線で上位だった馬とGⅠで実績を積んできた古馬
がぶつかり合うレース、というイメージです。
GⅠで優勝経験のある馬が多数出走しており、複勝率も3割と好成績を残しています。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------
7- 4- 4-34/49 14.3% 22.4% 30.6%
------------------------------------

上記に当てはまる馬で前走で上り3ハロン順位が3番手以内だった馬は複勝率が50%と
かなり好成績です。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
※前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走上3F順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
1~ 3位 4- 2- 2- 8/16 25.0% 37.5% 50.0%
------------------------------------------------

ちなみに前走クラス別での成績ですが、上位陣は前走GⅠ組が占めており、GⅢ以下だった馬はほぼ馬券になっていません。

有馬記念/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
OPEN特別 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
G2 1- 2- 0- 32/ 35 2.9% 8.6% 8.6%
G1 8- 8- 8- 77/101 7.9% 15.8% 23.8%
-----------------------------------------------------

2.1番人気が強い!

その年の重賞戦線を彩った馬たちが出走してくることもあり、強い馬が集まる中で1番人気に支持される馬は伊達ではなく、過去10回の内馬券圏内が9回と他の重賞と比較しても非常に優秀です。

有馬記念/過去10回 単勝人気別成績
---------------------------------------------------
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
1番人気 6- 2- 1- 1/ 10 60.0% 80.0% 90.0%
---------------------------------------------------

3.菊花賞3着以内経験のある若馬に注目

菊花賞と言えばクラシック3冠の最後の1冠、京都芝3000mもの長距離コースで、
3歳戦ながら非常にタフなレースです。

同じ長距離のGⅠで好走した経験が有馬記念でも活きるのか、菊花賞3着以内経験のある馬はそれだけで複勝率が36%と好調です。

有馬記念/過去10回 菊花賞3着以内経験のある馬
--------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------
6- 3- 4-23/36 16.7% 25.0% 36.1%
--------------------------------------

更に上記の馬のうち馬齢で分けてみると、3~5歳馬が強く6歳以上は振るいません。

有馬記念/過去10回 菊花賞3着以内経験のある馬
※馬齢別成績
-------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------
3歳 3- 0- 1- 6/10 30.0% 30.0% 40.0%
4歳 1- 2- 1- 7/11 9.1% 27.3% 36.4%
5歳 2- 1- 2- 4/ 9 22.2% 33.3% 55.6%
6歳 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
7歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
-------------------------------------------------

4.馬場改修後、1枠が有利になった

2014年に中山競馬場が馬場改修されており、そこから明らかに内枠が有利な傾向になっています。元々どちらかというと内枠が有利ではありましたが、改修後はより顕著に内枠、特に1枠が複勝率37.5%とより有利になっています。

有馬記念/08年~13年開催 枠番別成績
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0%
3枠 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
4枠 0- 2- 1- 9/12 0.0% 16.7% 25.0%
5枠 1- 0- 2- 9/12 8.3% 8.3% 25.0%
6枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
7枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
8枠 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
------------------------------------------

有馬記念/14年~17年開催 枠番別成績
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
2枠 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
3枠 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
4枠 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
5枠 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
6枠 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
7枠 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
8枠 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------

■②「有馬記念」の「結論」

◎⑫レイデオロ
出走馬の中で唯一前走GⅠ勝ち。前々走も中山芝コースのオールカマーで1着となっており、コース適性も不安はない。金曜日オッズの段階で1番人気となっており、当日も1番人気は揺るがないだろう。不安点としては若干不利な6枠であること、菊花賞の出走経験がないことだろうか。

○②クリンチャー
直近2走はフランス遠征で成績こそ振るわないが、それ以前は天皇賞春3着・阪神大賞典3着・京都記念2着と長距離重賞では堅実な成績を残しており能力・実績は他馬に劣らない。
さらに菊花賞2着馬でもあり、有利な1枠と好走できる条件は揃っている。

▲⑦キセキ
直近2走はGⅠで逃げて3着・2着と好走しており何故か人気はしないが能力は確か。
菊花賞馬でもあり、同レース好走の条件にも当てはまる。

△③モズカッチャン
アーモンドアイの陰に隠れてはいるが、重賞でも安定した成績を残しておりエリザベス女王杯では2年連続馬券内。有利な内枠に入り、更に斤量が前走より1キロ減になるのも大きい。

△⑥サトノダイヤモンド
京都大賞典に照準を合わせた仕上げで、前走のジャパンカップは一息の出来ながら6着。
同馬も2年前の菊花賞馬でもあり、長距離戦線での復帰なるか。


■③【特別編】「①オジュウチョウサン」の「分析」
金曜日段階ですでに単勝2番人気と、人気が過熱している馬ですが正直に言って過剰人気と言わざるを得ません。

オジュウチョウサンという馬についてご存知ない方のために簡単に説明しておきますと、
障害戦(ハードルや水堀等の障害物を飛び越えるレース)の重賞で9連勝と言う前人未到の実績を残し、オーナーの強い希望から通常のレースに出走。

下級条件のレースながら2連勝し、(オーナーの強い希望もあり)ファン投票で3位に食い込み、満を持しての有馬記念に出走となりました。

さて障害レースでの強さは言うまでもありませんが、通常のレース、しかも有馬記念というビッグレースでは走るのでしょうか?

ここでポイントとなるのはすんなり先行できるのか、ということでしょう。
前2走ともに2番手前後を追走し、直線で速い末脚を繰り出して抜け出す…というパターンで1着になっています。しかしどちらも12頭以下の小頭数のレースであり、多頭数のハイペースで馬群に揉まれた経験がありません。

正直に言って厳しいのではないか、というのが私の予想です。しかも有力な先行馬も何頭かおり、さらに逃げ馬には前走ジャパンカップで逃げたキセキが控えています。すんなり先行できるとはとても思えません。

ただオジュウチョウサンは、過去10年で有馬記念を一番勝ったステイゴールド産駒であり
血統的な適性は抜群であるのは間違いありません。

有馬記念/過去10回 種牡馬別成績
--------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
ステイゴールド 4- 1- 2-10/17 23.5% 29.4% 41.2%
--------------------------------------------------------

とは言えこれまでのレース経験から言って、全く買えないことはありませんが、
抑え程度の評価が妥当でしょう。


以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


12月22日(土) 未勝利戦のレース予想

2018年12月22日(土)

皆さんこんにちは!たけです。
12月22日(土)平場のレース予想をしていきます。

※使用しているデータは↓をご参照ください。
「エクセル競馬」競馬場・コース別分析一覧ページ
http://bakenshi.net/course/

■阪神3レース・芝1600m 2歳牝馬・未勝利【自信度A】
◎⑬ラシェーラ
前走同コースで中団から最速の上りで2着。前走より外枠になったことが不安材料だが、前走と同じだけのレース運びができれば。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


阪神カップの予想

2018年12月22日(土)

こんにちは、たけです。

12月22日(土)阪神11レース阪神カップ(GⅡ)の予想をしていきます!

阪神11レース 阪神カップ(GⅡ)
阪神カップでは下記2点が特徴です。

①古馬混合GⅠでの着順実績に注目!
②関東馬が強い!


1.古馬混合GⅠでの着順実績に注目!

基本的にGⅠで上位に入る馬は能力が高いため、直近多少不調でもGⅡ・GⅢ戦等、
若干メンバーの能力が下がるレースではあっさり復活することも珍しくありません。

特に1400m戦では距離のスペシャリストが少ないでしょうから、GⅠ上位組があっさり買ったりするのでは、と推測されます。

当レースに出走しGⅠで2着以内に入ったことのある馬の実績は複勝率が3割と、
好成績です。

阪神カップ/過去10回 GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 5- 2-32/46 15.2% 26.1% 30.4%
----------------------------------------------------

さらに古馬GⅠ(3歳上・4歳上)での2着以内実績を持つ馬に絞ると、連対率が3割弱・複勝率が35%となっています。古馬GⅠで2着以内経験はチェックは必須でしょう。

阪神カップ/過去10回 古馬GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 3- 2-22/34 20.6% 29.4% 35.3%
----------------------------------------------------

2.関東馬が強い!

競走馬は「西高東低」が叫ばれて久しいですが、当レースに限っては関東馬が強く、複勝率で言うと関西馬にダブルスコア以上をつけています。

阪神カップ/過去10回 所属別成績
----------------------------------------------------
所属    着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
関東馬(美浦)  8- 6- 2-41/57 14.0% 24.6% 28.1%
関西馬(栗東)  2- 5- 7-104/118 1.7% 5.9%  11.9%
----------------------------------------------------

前走GⅠ・GⅡだった馬で比較してみるとさらに関東馬の成績の良さが際立っています。

阪神カップ/過去10回 関東馬・前走クラス別成績
------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
G2 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%
G1 4- 4- 2-13/23 17.4% 34.8% 43.5%
------------------------------------------------

阪神カップ/過去10回 関西馬・前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
G2 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
G1 1- 2- 3- 36/ 42 2.4% 7.1% 14.3%
-----------------------------------------------------

■②「阪神カップ」の「結論」

◎⑪レッドファルクス
関東馬の中で唯一牡馬・古馬混合GⅠで1着経験があり、更に同コースでの重賞である今年2月の阪急杯も最速の上りで3着。7歳馬ということもあり大幅な上積みは見込めないが、まだ勝ち負けできるだけの力はある。

○⑩サトノアレス
重賞でも常に鋭い末脚で追い込み安定した成績を残してきた。古馬GⅠでの連対経験こそないものの、GⅡ・GⅢでは安定しており初コースでも期待は持てる。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


有馬記念の予想・攻略・傾向データ

2018年12月19日(水)

有馬記念(GⅠ)12月23日(日)中山11R芝2500m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は有馬記念の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月22日(土)開催、2は12月23日(日)開催
1.阪神カップ(GⅡ)/阪神芝1400m
2.有馬記念(GⅠ)/中山芝2500m

2.有馬記念(GⅠ)
※中山芝2500mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_2500/

■有馬記念「消し」データ(過去10回)
・前走GⅢ以下:0-0-1-12/13 勝率・連対率0.0%、複勝率7.7%
・出走間隔中3週以下:0-2-1-34/37 勝率0.0%、連対率5.4%、複勝率8.1%
・単勝オッズ50倍以上:0-1-1-48/50 勝率0.0%、連対率2.0%、複勝率4.0%
・前走勝ち馬との着差1.0秒以上:0-1-1-33/35 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率5.7%
・6歳以上:0-1-2-31/34 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率8.8%

【総括】
有馬記念では下記2点が特徴です。

①年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!
②大型馬が強い!


1.年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!

有馬記念に出走する馬は3歳クラシック戦線で上位だった馬とGⅠで実績を積んできた古馬
がぶつかり合うレース、というイメージです。
GⅠで優勝経験のある馬が多数出走しており、複勝率も3割と好成績を残しています。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------
7- 4- 4-34/49 14.3% 22.4% 30.6%
------------------------------------

上記に当てはまる馬で前走で上り3ハロン順位が3番手以内だった馬は複勝率が50%と
かなり好成績です。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
※前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走上3F順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
1~ 3位 4- 2- 2- 8/16 25.0% 37.5% 50.0%
------------------------------------------------

ちなみに前走クラス別での成績ですが、上位陣は前走GⅠ組が占めており、GⅢ以下だった馬はほぼ馬券になっていません。

有馬記念/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
OPEN特別 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
G2 1- 2- 0- 32/ 35 2.9% 8.6% 8.6%
G1 8- 8- 8- 77/101 7.9% 15.8% 23.8%
-----------------------------------------------------

2.大型馬が強い!

中山芝2500mは高低差が4mもあるアップダウンが激しく、直線も短いコースで非常にタフなコースです。ダートでもそうですがタフなコースは筋肉量の多い=重い馬が有利です。

有馬記念でも馬体重が520kg以上だった馬は複勝率が36.8%と芝のGⅠにしてはかなり珍しいデータとなっています。

有馬記念/過去10回 馬体重別成績
--------------------------------------------------
馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
指520~700kg 1- 3- 3-12/19 5.3% 21.1% 36.8%
--------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①年明け以降のGⅠで1着経験のある馬
②①又は前走GⅠで上り3ハロン順位3番手以内
③馬体重520kg異常


最終結論は土曜日、12月22日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

阪神カップの予想・傾向・攻略データ

2018年12月18日(火)

阪神カップ(GⅡ)12月22日(土)阪神11R芝1400m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は阪神カップの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月22日(土)開催、2は12月23日(日)開催
1.阪神カップ(GⅡ)/阪神芝1400m
2.有馬記念(GⅠ)/中山芝2500m

1.阪神カップ(GⅡ)
※阪神芝1400mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1400/

■阪神カップ「消し」データ(過去10回)
・8歳:0-0-0-8/8 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走逃げ馬:0-0-1-11/12 勝率・連対率0.0%、複勝率8.3%
・出走間隔中2週以下:0-0-1-15/16 勝率・連対率0.0%、複勝率6.3%
・単勝オッズ30倍以上:0-0-2-69/71 勝率・連対率0.0%、複勝率2.8%
・前走4コーナー通過順位1位:0-0-1-13/14 勝率・連対率0.0%、複勝率7.1%
・牝馬:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
阪神カップでは下記2点が特徴です。

①古馬混合GⅠでの着順実績に注目!
②関東馬が強い!


1.古馬混合GⅠでの着順実績に注目!

基本的にGⅠで上位に入る馬は能力が高いため、直近多少不調でもGⅡ・GⅢ戦等、
若干メンバーの能力が下がるレースではあっさり復活することも珍しくありません。

特に1400m戦では距離のスペシャリストが少ないでしょうから、GⅠ上位組があっさり買ったりするのでは、と推測されます。

当レースに出走しGⅠで2着以内に入ったことのある馬の実績は複勝率が3割と、
好成績です。

阪神カップ/過去10回 GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 5- 2-32/46 15.2% 26.1% 30.4%
----------------------------------------------------

さらに古馬GⅠ(3歳上・4歳上)での2着以内実績を持つ馬に絞ると、連対率が3割弱・複勝率が35%となっています。古馬GⅠで2着以内経験はチェックは必須でしょう。

阪神カップ/過去10回 古馬GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 3- 2-22/34 20.6% 29.4% 35.3%
----------------------------------------------------

2.関東馬が強い!

競走馬は「西高東低」が叫ばれて久しいですが、当レースに限っては関東馬が強く、複勝率で言うと関西馬にダブルスコア以上をつけています。

阪神カップ/過去10回 所属別成績
----------------------------------------------------
所属    着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
関東馬(美浦)  8- 6- 2-41/57 14.0% 24.6% 28.1%
関西馬(栗東)  2- 5- 7-104/118 1.7% 5.9%  11.9%
----------------------------------------------------

前走GⅠ・GⅡだった馬で比較してみるとさらに関東馬の成績の良さが際立っています。

阪神カップ/過去10回 関東馬・前走クラス別成績
------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
G2 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%
G1 4- 4- 2-13/23 17.4% 34.8% 43.5%
------------------------------------------------

阪神カップ/過去10回 関西馬・前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
G2 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
G1 1- 2- 3- 36/ 42 2.4% 7.1% 14.3%
-----------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①古馬GⅠで2着以内の実績がある馬
②前走GⅠ・GⅡ出走の関東馬


最終結論は金曜日、12月21日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

12月15日(土)・12月16日(日)2日間の振り返り

2018年12月17日(月)

こんにちは!たけです。
12月15日(土)・12月16日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月16日(土)■
ターコイズステークス:◎⑤フローレスマジック11着

【メイン以外のレース予想】
中山2レース・2歳未勝利戦:◎⑥マノアフォールズ 3着
中京6レース・2歳牝馬 未勝利戦:◎⑯エピローグ 5着
阪神1レース・2歳牝馬 未勝利戦:※記載ミスで中京6レースと同じ馬を記載してしまいました。大変申し訳ございません。
阪神2レース・2歳未勝利戦:◎⑩キモンボーイ 6着
阪神4レース・2歳牝馬 未勝利戦:◎⑤マルカノーベル 8着

■12月15日(日)■
朝日杯フューチュリティステークス:
◎⑥アドマイヤマーズ 1着
○②グランアレグリア 3着


【メイン以外のレース予想】
予想レース・なし

土曜日は未勝利戦4レース中1レースのみの的中・メインのターコイズステークスも本命馬11着と全く振るいませんでした。特に阪神競馬場は先行馬有利・中~外枠有利となった馬場傾向を把握できず過去最低に近い的中率となってしまいました。

日曜日ではメインの朝日杯フューチュリティステークスでは本命1着・対抗3着と満足のいく結果が残せました。クリノガウディ―については若干スロー気味の展開と枠に恵まれたのでしょう。上位3頭の3・4コーナー通過順位が2-4番手というところがこのレースを象徴しています。

勝ったアドマイヤマーズは強いとは思っていましたが、先行してなお2番手の上りで駆け抜けるという予想以上に強い勝ち方をしていました。来年以降の重賞戦線でもマークすべき馬でしょう。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

朝日杯フューチュリティステークスの予想

2018年12月15日(土)

こんにちは、たけです。

12月16日(日)阪神11レース朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)の予想をしていきます!

阪神11レース 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
ターコイズステークスでは下記2点が特徴です。

①改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須
②前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目
③前走GⅠ出走馬が強い


1.改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須

朝日杯フューチュリティステークスは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走根幹距離だった馬に注目!


1.末脚勝負

※2014年から中山から阪神へ開催変更となり、阪神開催の4回分での分析であることをお断りしておきます。

朝日杯フューチュリティステークスでは阪神開催に替わって末脚勝負になっています。
まず脚質として差し・追い込み馬が圧倒的な割合を占めており、17年に1着になったダノンプレミアムも先行しながら上り3ハロンはメンバー最速でした。

朝日杯フューチュリティステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 差- 差- 差
15年 追- 差- 差
16年 差- 追- 逃
17年 先- 差- 差
-----------------

また上り3ハロンが最速だった馬は連対率100%!1・2着もすべて上り3ハロン順位が2番手以内の馬のみと末脚の速さが必須であることが分かります。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 1- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 1- 3- 0- 4/ 8 12.5% 50.0% 50.0%
3F 3位 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
3F 6位~ 0- 0- 2-44/46 0.0% 0.0% 4.3%
------------------------------------------------

前走上がり3ハロン順位で見てみると1位だった馬が複勝率33.3%と好成績です。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
前走上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 2- 3- 1-12/18 11.1% 27.8% 33.3%
3F 2位 1- 0- 0-10/11 9.1% 9.1% 9.1%
3F 3位 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
3F 6位~ 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
------------------------------------------------

2.前走根幹距離だった馬に注目!

まず根幹距離とはなんぞや?というところですが、根幹距離とは、
日本ダービーの距離である2400mを中心に400m刻みである2000m・1600mの3つのレース距離を差します。

いわゆる「王道」となるレース距離のため、必然的にレベルの高いレースが組まれ、出走するメンバーもレベルが高い傾向にあります。

当レースでは前走根幹距離である1600mと2000mでしか勝ち馬が出ておらず、特に同じ距離となる1600mに出走していた馬は複勝率が3割を超えています。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走距離別成績 ※★が根幹距離
--------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
 1200m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
 1400m 0- 1- 2-22/25 0.0% 4.0% 12.0%
★1600m 3- 3- 2-17/25 12.0% 24.0% 32.0%
 1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
 1800m 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
★2000m 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
--------------------------------------------------

さらにコース別で見てみると、馬券になった馬は下記4コースのみです。
特に東京芝1600mコースだった馬の複勝率が驚異の5割超え!レースもバラバラで、
同コースが相性が良いということなのでしょう。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走コース別実績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・芝1600 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6%
京都・芝2000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
京都・芝1600外 0- 2- 1- 8/11 0.0% 18.2% 27.3%
東京・芝1400 0- 1- 2-13/16 0.0% 6.3% 18.8%
----------------------------------------------------

■②「朝日杯フューチュリティステークス」の「結論」

◎⑥アドマイヤマーズ
3戦3勝、重賞2勝と実績も申し分ない。グランアレグリアとの一騎打ちになりそうだが、
実績や輸送経験での差が出そう。

○②グランアレグリア
前走は同レースと相性の良い東京芝1600mコースのサウジアラビアロイヤルカップで、2着馬に0.6秒差を付けてサウジアラビアロイヤルカップを1着。不安としては初遠征であること、牝馬である点だが、克服できるだろう。

▲⑪ケイデンスコール
前走2歳重賞の同距離戦で最速の上りを使い1着。新馬戦でアドマイヤマーズと着差なしの2着に入っただけの実力はある。末脚の能力は出走馬でもトップだろう。

△⑭ファンタジスト
同馬も3戦3勝、重賞2勝で同レースに臨んできた。ただ初のマイル戦である点が不安だが、血統的に阪神芝1600mは問題ないだろう。脚質的に人気はしないが、勝ち負けもあり得る。

※上位陣が抜けており、BOX買いの馬連等で攻めようかと考えています。
以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


【先週は全4レース的中!】12月15日(土) 平場レースの予想

2018年12月14日(金)

皆さんこんにちは!たけです。
12月15日(土)平場のレース予想をしていきます。

※使用しているデータは↓をご参照ください。
「エクセル競馬」競馬場・コース別分析一覧ページ
http://bakenshi.net/course/

■中山2レース・ダート1800m 2歳・未勝利【自信度A】
◎⑥マノアフォールズ
前走同コースで先行し2番手の上りで2着。同コースを得意とするC・デムーロ騎手に乗り替わり1着への期待大。

○③コスモアニモーソ
前走マノアフォールズに次ぐ3着。展開も同様に先行して2番手の上りで3着。マノアフォールズとの差はほぼなく、2頭ともに馬券内に入るか。

■中京6レース・芝1600m 2歳牝馬・未勝利【自信度B】
◎⑯エピローグ
前走同距離で先行し2番手の上りで3着。大外からのスタートになり、鞍上も微妙だが前走同様の展開に持ち込めることが出来ればチャンスはある。

■阪神1レース・ダート1400m 2歳牝馬・未勝利【自信度C】
◎⑯エピローグ
前走同距離で中団から最速の上りで3着。能力的に抜けているとは言えないが、前走多頭数でタフなレースをした同馬を推したい。

■阪神2レース・ダート1800m 2歳・未勝利【自信度B】
◎⑩キモンボーイ
前走先行し最速の上りで着差なしの2着。頭数が減って、前が捌きやすくなったので、前回同様の展開に持ち込めれば。

■阪神4レース・芝2000m 2歳牝馬・未勝利【自信度C】
◎⑤マルカノーベル
前走は逃げて、2番手の上りで2着。スピードはあるので、今回も前回同様の展開に持ち込めれば勝ち負けできる。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


ターコイズステークスの予想

2018年12月14日(金)

こんにちは、たけです。

12月15日(土)中山11レースターコイズステークス(GⅢ)の予想をしていきます!

中山11レース ターコイズステークス(GⅢ)
ターコイズステークスでは下記2点が特徴です。

①改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須
②前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目
③前走GⅠ出走馬が強い


1.改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須

何回か話題にしていますが、中山競馬場は2014年1月~11月まで路盤改修工事を行い、
中山芝コースの水はけが大幅に改善されました。

改修工事後は開幕週から差し馬が台頭し、逃げ・先行馬が成績を落とす競馬場に変貌しております。

ターコイズステークスも同様で、改修工事前後で逃げ・先行馬の割合が大幅に変化していることが分かります。改修前は馬券の7割強占めていたのが、改修後は25%まで低下しており、更に16年・17年は決してハイペースでないにも関わらず逃げ・先行馬が0頭と異常な事態です。

1.2008年~2013年・改修工事前/逃げ・先行馬:3着内割合72.2%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
08年 逃- 先- 先
09年 先- 先- 先
10年 先- 逃- 先
11年 先- 差- 差
12年 先- 追- 先
13年 差- 先- 追
-----------------

2.2014年~2017年・改修工事後/逃げ・先行馬:3着内割合25.0%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 逃- 差- 差
15年 先- 差- 逃
16年 追- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

2.前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目

まず競馬の大きな傾向として、前走と同じ距離、もしくはそれに近い距離を走った馬の方が有利ということが挙げられます。

同レースでも同様で、前走ターコイズステークスと同距離の1600mだった馬が28.3%と3割近い成績です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
-------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
同距離 6- 5- 2- 33/ 46 13.0% 23.9% 28.3%
±200以内 8- 5- 6- 83/102 7.8% 12.7% 18.6%
±400以内 9- 10- 8-115/142 6.3% 13.4% 19.0%
±600以内 10- 10- 10-118/148 6.8% 13.5% 20.3%
今回延長 1- 0- 3- 34/ 38 2.6% 2.6% 10.5%
今回短縮 3- 5- 5- 51/ 64 4.7% 12.5% 20.3%
-------------------------------------------------------

さらに前走の場所で見てみると、かなり分かりやすい傾向が出ています。
下記データの通り、馬券になっているのはほぼ前走東京・京都・阪神のみとなっています。
しかも京都・阪神だった馬の複勝率は群を抜いて高く、それだけで狙い目です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
函館 0- 0- 0- 0/ 0
福島 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
東京 4- 3- 6- 69/ 82 4.9% 8.5% 15.9%
中山 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 5- 6- 4- 24/ 39 12.8% 28.2% 38.5%
阪神 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
小倉 0- 0- 0- 0/ 0
地方 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
---------------------------------------------------

3.前走GⅠ出走馬が強い

前走クラスで見てみると、GⅠに出走していた馬が複勝率4割弱。しかも着順別で見ても、10着以下に大敗していても全く問題なく巻き返せていることが分かります。

ターコイズステークス/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
1000万下 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
1600万下 6- 3- 2- 38/ 49 12.2% 18.4% 22.4%
OPEN特別 0- 1- 2- 26/ 29 0.0% 3.4% 10.3%
G3 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0%
G2 0- 0- 2- 9/ 11 0.0% 0.0% 18.2%
G1 4- 5- 3- 19/ 31 12.9% 29.0% 38.7%
-----------------------------------------------------

ターコイズステークス/過去10回 前走GⅠ出走・着順別成績
------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 0- 0- 0- 0/ 0
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 2- 1- 1- 4/ 8 25.0% 37.5% 50.0%
前走10着~ 1- 4- 2-14/21 4.8% 23.8% 33.3%
------------------------------------------------

■②「ターコイズステークス」の「結論」

◎⑤フローレスマジック
2走連続で勝利し、3歳時以来の重賞挑戦。中山コースは3着以内を外したことが無く、
前走も相性の良い京都マイルコース。騎手・調教師共に同コースを大得意としており、上位進出は期待できる。

○⑩プリモシーン
前走こそ0.6秒差の7着だったが、内容自体はGⅠで後方から2番手の末脚を使っており、
力負けしていない。末脚は常に上位で展開がハマれば勝ち負けもあり得る。

▲⑮カワキタエンカ
逃げるならこの馬。前走は久しぶりのダートで見せ場なく大敗したが、中山芝重賞でも
逃げて勝利経験もあり侮れない。

△⑪ディメンシオン
3戦連続で勝利し、満を持して重賞に挑戦してきた。条件戦の中距離では中団から鋭い末脚で駆け抜けるスタイルで実績を積んできた。斤量減を活かして昇級初戦で上位進出できる。

△⑬フロンテアクイーン
前走エリザベス女王杯で7着と大敗したが、重賞戦線では安定した成績を残してきた。前年度の同レースで着差なしの2着と相性も良く、力を付けた今年度も上位は堅いか。


以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


朝日杯フューチュリティステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月13日(木)

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)12月16日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は朝日杯フューチュリティステークスの展望について書いていきます。
※阪神競馬場での開催に替わった4回分のデータを基に分析します。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月15日(土)開催、2は12月16日(日)開催
1.ターコイズステークス(GⅢ)/中山芝1600m
2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)/阪神芝1600m

2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
※阪神芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1600/

■朝日杯フューチュリティステークス「消し」データ(過去4回)
・単勝オッズ100.0倍以上:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走0.3秒以上での負け:0-2-0-25/27 勝率0.0%、連対率・複勝率7.4%
・前走5着以下:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
朝日杯フューチュリティステークスは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走根幹距離だった馬に注目!


1.末脚勝負

※2014年から中山から阪神へ開催変更となり、阪神開催の4回分での分析であることをお断りしておきます。

朝日杯フューチュリティステークスでは阪神開催に替わって末脚勝負になっています。
まず脚質として差し・追い込み馬が圧倒的な割合を占めており、17年に1着になったダノンプレミアムも先行しながら上り3ハロンはメンバー最速でした。

朝日杯フューチュリティステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 差- 差- 差
15年 追- 差- 差
16年 差- 追- 逃
17年 先- 差- 差
-----------------

また上り3ハロンが最速だった馬は連対率100%!1・2着もすべて上り3ハロン順位が2番手以内の馬のみと末脚の速さが必須であることが分かります。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 1- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 1- 3- 0- 4/ 8 12.5% 50.0% 50.0%
3F 3位 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
3F 6位~ 0- 0- 2-44/46 0.0% 0.0% 4.3%
------------------------------------------------

前走上がり3ハロン順位で見てみると1位だった馬が複勝率33.3%と好成績です。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
前走上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 2- 3- 1-12/18 11.1% 27.8% 33.3%
3F 2位 1- 0- 0-10/11 9.1% 9.1% 9.1%
3F 3位 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
3F 6位~ 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
------------------------------------------------

2.前走根幹距離だった馬に注目!

まず根幹距離とはなんぞや?というところですが、根幹距離とは、
日本ダービーの距離である2400mを中心に400m刻みである2000m・1600mの3つのレース距離を差します。

いわゆる「王道」となるレース距離のため、必然的にレベルの高いレースが組まれ、出走するメンバーもレベルが高い傾向にあります。

当レースでは前走根幹距離である1600mと2000mでしか勝ち馬が出ておらず、特に同じ距離となる1600mに出走していた馬は複勝率が3割を超えています。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走距離別成績 ※★が根幹距離
--------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
 1200m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
 1400m 0- 1- 2-22/25 0.0% 4.0% 12.0%
★1600m 3- 3- 2-17/25 12.0% 24.0% 32.0%
 1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
 1800m 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
★2000m 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
--------------------------------------------------

さらにコース別で見てみると、馬券になった馬は下記4コースのみです。
特に東京芝1600mコースだった馬の複勝率が驚異の5割超え!レースもバラバラで、
同コースが相性が良いということなのでしょう。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走コース別実績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・芝1600 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6%
京都・芝2000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
京都・芝1600外 0- 2- 1- 8/11 0.0% 18.2% 27.3%
東京・芝1400 0- 1- 2-13/16 0.0% 6.3% 18.8%
----------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。
①前走上がり3ハロン1位
②前走1600m・2000m/特に東京芝1600m次に京都2000m


最終結論は土曜日、12月15日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

ターコイズステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月12日(水)

ターコイズステークス(GⅢ)12月15日(土)中山11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日はターコイズステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月15日(土)開催、2は12月16日(日)開催
1.ターコイズステークス(GⅢ)/中山芝1600m
2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)/阪神芝1600m

1.ターコイズステークス(GⅢ)
※中山芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_1600/

■ターコイズステークス「消し」データ(過去10回)
・6歳以上:0-0-1-17/18 勝率・連対率0.0%、複勝率5.6%
・前走上り3ハロン順位1位:0-0-0-13/13 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走ローカル競馬場:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
ターコイズステークスでは下記2点が特徴です。

①改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須
②前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目
③前走GⅠ出走馬が強い


1.改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須

何回か話題にしていますが、中山競馬場は2014年1月~11月まで路盤改修工事を行い、
中山芝コースの水はけが大幅に改善されました。

改修工事後は開幕週から差し馬が台頭し、逃げ・先行馬が成績を落とす競馬場に変貌しております。

ターコイズステークスも同様で、改修工事前後で逃げ・先行馬の割合が大幅に変化していることが分かります。改修前は馬券の7割強占めていたのが、改修後は25%まで低下しており、更に16年・17年は決してハイペースでないにも関わらず逃げ・先行馬が0頭と異常な事態です。

1.2008年~2013年・改修工事前/逃げ・先行馬:3着内割合72.2%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
08年 逃- 先- 先
09年 先- 先- 先
10年 先- 逃- 先
11年 先- 差- 差
12年 先- 追- 先
13年 差- 先- 追
-----------------

2.2014年~2017年・改修工事後/逃げ・先行馬:3着内割合25.0%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 逃- 差- 差
15年 先- 差- 逃
16年 追- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

2.前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目

まず競馬の大きな傾向として、前走と同じ距離、もしくはそれに近い距離を走った馬の方が有利ということが挙げられます。

同レースでも同様で、前走ターコイズステークスと同距離の1600mだった馬が28.3%と3割近い成績です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
-------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
同距離 6- 5- 2- 33/ 46 13.0% 23.9% 28.3%
±200以内 8- 5- 6- 83/102 7.8% 12.7% 18.6%
±400以内 9- 10- 8-115/142 6.3% 13.4% 19.0%
±600以内 10- 10- 10-118/148 6.8% 13.5% 20.3%
今回延長 1- 0- 3- 34/ 38 2.6% 2.6% 10.5%
今回短縮 3- 5- 5- 51/ 64 4.7% 12.5% 20.3%
-------------------------------------------------------

さらに前走の場所で見てみると、かなり分かりやすい傾向が出ています。
下記データの通り、馬券になっているのはほぼ前走東京・京都・阪神のみとなっています。
しかも京都・阪神だった馬の複勝率は群を抜いて高く、それだけで狙い目です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
函館 0- 0- 0- 0/ 0
福島 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
東京 4- 3- 6- 69/ 82 4.9% 8.5% 15.9%
中山 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 5- 6- 4- 24/ 39 12.8% 28.2% 38.5%
阪神 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
小倉 0- 0- 0- 0/ 0
地方 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
---------------------------------------------------

3.前走GⅠ出走馬が強い

前走クラスで見てみると、GⅠに出走していた馬が複勝率4割弱。しかも着順別で見ても、10着以下に大敗していても全く問題なく巻き返せていることが分かります。

ターコイズステークス/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
1000万下 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
1600万下 6- 3- 2- 38/ 49 12.2% 18.4% 22.4%
OPEN特別 0- 1- 2- 26/ 29 0.0% 3.4% 10.3%
G3 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0%
G2 0- 0- 2- 9/ 11 0.0% 0.0% 18.2%
G1 4- 5- 3- 19/ 31 12.9% 29.0% 38.7%
-----------------------------------------------------

ターコイズステークス/過去10回 前走GⅠ出走・着順別成績
------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 0- 0- 0- 0/ 0
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 2- 1- 1- 4/ 8 25.0% 37.5% 50.0%
前走10着~ 1- 4- 2-14/21 4.8% 23.8% 33.3%
------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①差し・追い込み馬
②前走京都・阪神1600mコース
③前走GⅠ出走


最終結論は金曜日、12月14日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

【平場4レース全的中!】12月8日(土)・12月9日(日)2日間の振り返り

2018年12月10日(月)

こんにちは!たけです。
12月8日(土)・12月9日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月8日(土)■
メインレースの予想・なし

【メイン以外のレース予想】
中山2レース・2歳未勝利戦:◎④ロジギムレット 1着
阪神3レース・2歳未勝利戦:◎⑦デュープロセス 1着


■12月9日(日)■
カペラステークス:◎⑧ハットラブ 8着
阪神ジュベナイルフィリーズ:◎⑨クロノジェネシス 2着/◎④シェーングランツ 4着

【メイン以外のレース予想】
中山2レース・2歳牝馬未勝利戦 :◎⑬アドアステラ 3着
阪神4レース・2歳未勝利戦 :◎⑥アールコンセンサス 2着


土曜日は未勝利戦2レースのみの予想でどちらも1着的中させることができました!先週に引き続き、土曜日は1着的中と満足のいく結果を出すことが出来ました。

日曜日は未勝利戦2レースともに的中!結果として平場のレースは土日で4レース全て的中させることができました。

一方メインレースではカペラステークスでは本命馬が8着とパーフェクト的中を逃し悔しい結果となりました。来週以降GⅠが続きますので、ホープフルステークスまで頑張っていきたいと思います。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【12/8(土)は2レース共に1着的中!】12月9日(日)平場レース予想

2018年12月09日(日)

皆さんこんにちは!たけです。
12月9日(日)平場のレース予想をしていきます。

■中山2レース・ダート1800m 2歳・牝馬未勝利【自信度A】
◎⑬アドアステラ
前走は東京ダートで先行して2番手の上りで2着。鞍上もダートは距離が延びるほど得意とする柴田騎手騎乗で巻き返しを狙える。

■阪神4レース・芝2000m 2歳・未勝利【自信度A】
◎⑥アールコンセンサス
前走は京都芝2000mで最速の上りで2着。鞍上・厩舎もメンバーの中で一番同コースを得意としており、血統的にも同コースが向く。ここは手堅い。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)の予想

2018年12月08日(土)

こんにちは、たけです。

12月9日(日)阪神11レース阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)の予想をしていきます!

阪神11レース 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)
阪神ジュベナイルフィリーズでは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走東京芝コースだった馬が強い!
③前走アルテミスステークス組に注目!


1.末脚勝負

阪神芝1600mは元々末脚勝負ですが、阪神ジュベナイルフィリーズでも同様で
差し・追い込み馬が馬券のほとんどを占めています。
過去5年の3着以内脚質を見てもほぼ差し・追い込み馬であることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去5回 1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
13年 差- 追- 差
14年 差- 差- 差
15年 先- 差- 差
16年 先- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

前走の上り3ハロン順位を見てみても前走で上り上位だった馬が馬券でも上位を占めていることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 6- 4- 3- 44/ 57 10.5% 17.5% 22.8%
3F 2位 2- 3- 2- 20/ 27 7.4% 18.5% 25.9%
3F 3位 1- 1- 1- 13/ 16 6.3% 12.5% 18.8%
3F ~5位 0- 2- 2- 28/ 32 0.0% 6.3% 12.5%
3F 6位~ 1- 0- 2- 42/ 45 2.2% 2.2% 6.7%
-----------------------------------------------------

また前走オープン以上での上り3ハロン順位別成績で見てみると、
上り3ハロン順位が1・2位だった馬の複勝率が4割弱と好成績です。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
※前走オープン以上
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 4- 3- 1-13/21 19.0% 33.3% 38.1%
3F 2位 1- 3- 1- 9/14 7.1% 28.6% 35.7%
3F 3位 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3%
3F 6位~ 1- 0- 2-30/33 3.0% 3.0% 9.1%
------------------------------------------------

2.前走東京芝コースだった馬が強い!

前走東京コース・京都コースだった馬が多いのですが、
東京コースだった馬は複勝率が35.4%とそれだけで狙い目です。
一方京都芝コースだった馬は複勝率が9.8%とかなり低迷しています。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走競馬場別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
函館 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
福島 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
東京 5- 5- 7- 31/ 48 10.4% 20.8% 35.4%
中山 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 4- 4- 2- 92/102 3.9% 7.8% 9.8%
阪神 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
小倉 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
地方 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------

3.前走アルテミスステークス組に注目!

直近4年でアルテミスステークス組が2勝・2着3回と存在感を増しており、
全体で見ても前走アルテミスステークス組の複勝率は42.9%と4割を超えています。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走レース別成績
--------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
アルテミG3 2- 3- 1- 8/14 14.3% 35.7% 42.9%
ファンタG3 1- 2- 2-37/42 2.4% 7.1% 11.9%
--------------------------------------------------

数字だけで見れば前走ファンタジーステークス組もほぼ互角ですが、割合から言うと
圧倒的にアルテミスステークス組が強いことが分かります。

また下記データでもわかる通り、前走2着以内だった馬の馬券内率が非常に高く、
アルテミスステークスでの着順にも注目しましょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回
前走アルテミスステークスでの着順別成績
------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0%
前走2着 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
前走3着 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走4着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
前走6~9着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------

■②「阪神ジュベナイルフィリーズ」の「結論」
※本レースでは本命馬を2頭指名します。

◎④シェーングランツ
前走当レースと相性の良いアルテミスステークスで最速の上りで1着と文句く本命。ただ当レースはある程度の先行力も必要なので、今回も後方一気差しだと届かない可能性がありそこが不安。

◎⑨クロノジェネシス
前走は東京芝1800mのオープンで先行し最速の上りで0.3秒差の圧勝1着。上り3ハロンも古馬と比較しても圧倒的に速く、能力の底が見えない強さを持つ。

▲⑪ビーチサンバ
前走はアルテミスステークスで中団から速い上りで2着。新馬戦は同コースで勝ち上がっていることも強み。同コース得意の福永騎手への乗り替わりもプラス。

△⑬ダノンファンタジー
前走ファンタジーステークスで1着。中団後方から最速の上りで人気にこたえている。
また初勝利も同コースと相性は良いが、C・デムーロへの乗り替わりでどうなるか。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


カペラステークスの予想

2018年12月08日(土)

こんにちは、たけです。

12月9日(日)中山11レースカペラステークス(GⅢ)の予想をしていきます!

中山11レース カペラステークス(GⅢ)
カペラステークスでは下記2点が特徴です。

①前走1400m~1600m組が強い!
②後方からでも差しが届くレース


1.前走1400m~1600m組が強い!

ダート1200mのレースにも関わらず、前走1400m~1600mだった馬が圧倒的に強く、
下記データの通り前走クラス・着順に関わらず前走1400m~1600mだった馬が
複勝率3割を超えています。

カペラステークス/過去10回 前走距離別成績 ※前走ダートのみ
-------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
1000m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
1200m 1- 3- 3- 65/ 72 1.4% 5.6% 9.7%
1400m 7- 5- 5- 37/ 54 13.0% 22.2% 31.5%
1500m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 2- 1- 2- 10/ 15 13.3% 20.0% 33.3%
1800m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
-------------------------------------------------------

さらにコース別で見ると東京ダート1600m、京都ダート1400mだった馬が
4割前後と突出しておりそれだけでも買えるくらいです。

東京ダート1600mはほぼ前走武蔵野ステークス組が占めており、
実績上位の馬が多数いることも要因の一つと言えます。

カペラステークス/過去10回 前走コース別成績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・ダ1400 3- 3- 2-19/27 11.1% 22.2% 29.6% ★
京都・ダ1400 3- 1- 1- 7/12 25.0% 33.3% 41.7% ★
東京・ダ1600 2- 1- 2- 8/13 15.4% 23.1% 38.5% ★
京都・ダ1200 1- 1- 2-44/48 2.1% 4.2% 8.3%
阪神・ダ1400 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% ★
大井・ダ1200 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4%
盛岡・ダ1200 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
浦和・ダ1400 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% ★
園田・ダ1400 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% ★
川崎・ダ1400 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% ★
----------------------------------------------------

2.後方からでも差しが届くレース

ダート1200mのレースと言えば「行った行った」で先行した馬だけで決まることも
珍しくないイメージがありますが、ことカペラステークスで言えばそれは当てはまりません。

下記データでもわかる通り、後方から差した馬でも十分勝負になっており、
どの位置取り・どんな脚質でも能力上位であれば狙えるということが分かります。

カペラステークス/過去10回 脚質・位置取り別成績
-----------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 1- 2- 2- 32/ 37 2.7% 8.1% 13.5%
平地・中団 4- 5- 5- 47/ 61 6.6% 14.8% 23.0%
平地・後方 3- 3- 3- 40/ 49 6.1% 12.2% 18.4%
-----------------------------------------------------

また前走上がり3ハロン順位を見ると、上位だった馬が優勢ですので、
そこから狙うのも手です。

カペラステークス/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
3F 2位 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3%
3F 3位 3- 1- 0- 5/ 9 33.3% 44.4% 44.4%
3F ~5位 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2%
3F 6位~ 3- 3- 3-61/70 4.3% 8.6% 12.9%
------------------------------------------------
1~ 3位   6- 3- 2-20/31 19.4% 29.0% 35.5%
------------------------------------------------

■②「カペラステークス」の「結論」
※本レースでは本命馬を2頭指名します。

◎⑧ハットラブ
前走発馬の際にケガをしたものの、ダート1200mの実績は抜群。特にダートでの勝利は全て中山ダート1200mと相性は申し分ない。格上挑戦となるが中団・後方から最速の上りで駆け抜けるスタイルで勝ち負けも狙える。同コース得意の横山騎手への乗り替わりもプラス。

○⑦ダノングッド
前走こそ0.6秒差の10着も、ここ近走は1400m戦ばかり。中山ダート1200mでの
1着経験もあり、得意のコースに戻って上位進出も狙える。

▲⑬オウケンビリーヴ
地方重賞で3連続連対。しかもレベルの高い南関東からの距離短縮で、成長も期待できる。
有利な外枠に入ったのもプラスで外からの差しが決められる。

△②コパノキッキング
2戦連続で勝利して初重賞ながら、先行して速い上りを使う強いスタイルで実績を積んできた。有利な1枠からすんなりスタートできれば勝ち負けもできる。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


【先週土曜日は2レース共に1着的中!】12月8日(土) 平場の狙い目レース

2018年12月07日(金)

皆さんこんにちは!たけです。
12月8日(土)平場のレース予想をしていきます。

■中山2レース・ダート1800m 2歳・未勝利【自信度B】
◎④ロジギムレット
前走は東京ダートで最速の上りで2着。鞍上も強化され

■阪神3レース・ダート1400m 2歳・未勝利【自信度A】
◎⑦デュープロセス
前走は東京ダートで先行して最速の上りで着差なしの2着。今回少頭数になり、
より展開で紛れることもなくなるだろう。ここは堅い。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


阪神ジュベナイルフィリーズの予想・攻略・傾向データ

2018年12月06日(木)

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)12月9日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は阪神ジュベナイルフィリーズの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は12月8日(土)開催、2・3は12月9日(日)開催
1.中日新聞杯(GⅢ)/中京芝2000m
2.カペラステークス(GⅢ)/中山ダート1200m
3.阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)/阪神芝1600m

※中日新聞杯は開催競馬場および開催日程の変更が多くデータ傾向が読み取り辛いため、今回は見送りとさせて頂きます。

3.阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)
※阪神芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1600/

■阪神ジュベナイルフィリーズ「消し」データ(過去10回)
・単勝オッズ50.0倍以上:0-1-0-81/82 勝率0.0%、連対率・複勝率1.2%
・前走着差0.6秒以上:0-0-0-33/33 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走ダート:0-0-0-6/6 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走6番人気以下:0-1-1-48/50 勝率0.0%、連対率2.0%、複勝率4.0%
・出走間隔中2週以下:0-1-0-23/24 勝率0.0%、連対率・複勝率4.2%
・前走距離1200m以下:0-0-0-18/18 勝率・連対率・複勝率0.0%
・キャリア5戦以上:0-1-0-28/29 勝率0.0%、連対率・複勝率3.4%
・前走4着以下:0-1-1-55/57 勝率0.0%、連対率1.8%、複勝率3.5%

【総括】
阪神ジュベナイルフィリーズでは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走東京芝コースだった馬が強い!


1.末脚勝負

阪神芝1600mは元々末脚勝負ですが、阪神ジュベナイルフィリーズでも同様で
差し・追い込み馬が馬券のほとんどを占めています。
過去5年の3着以内脚質を見てもほぼ差し・追い込み馬であることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去5回 1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
13年 差- 追- 差
14年 差- 差- 差
15年 先- 差- 差
16年 先- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

前走の上り3ハロン順位を見てみても前走で上り上位だった馬が馬券でも上位を占めていることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 6- 4- 3- 44/ 57 10.5% 17.5% 22.8%
3F 2位 2- 3- 2- 20/ 27 7.4% 18.5% 25.9%
3F 3位 1- 1- 1- 13/ 16 6.3% 12.5% 18.8%
3F ~5位 0- 2- 2- 28/ 32 0.0% 6.3% 12.5%
3F 6位~ 1- 0- 2- 42/ 45 2.2% 2.2% 6.7%
-----------------------------------------------------

また前走オープン以上での上り3ハロン順位別成績で見てみると、
上り3ハロン順位が1・2位だった馬の複勝率が4割弱と好成績です。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
※前走オープン以上
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 4- 3- 1-13/21 19.0% 33.3% 38.1%
3F 2位 1- 3- 1- 9/14 7.1% 28.6% 35.7%
3F 3位 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3%
3F 6位~ 1- 0- 2-30/33 3.0% 3.0% 9.1%
------------------------------------------------

2.前走東京芝コースだった馬が強い!

前走東京コース・京都コースだった馬が多いのですが、
東京コースだった馬は複勝率が35.4%とそれだけで狙い目です。
一方京都芝コースだった馬は複勝率が9.8%とかなり低迷しています。

カペラステークス/過去10回 前走競馬場別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
函館 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
福島 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
東京 5- 5- 7- 31/ 48 10.4% 20.8% 35.4%
中山 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 4- 4- 2- 92/102 3.9% 7.8% 9.8%
阪神 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
小倉 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
地方 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------

データの狙い方としては下記2点です。

①前走オープン以上で上り3ハロン順位2番手以内
②前走東京芝コース


最終結論は土曜日、12月8日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

カペラステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月04日(火)

カペラステークス(GⅢ)12月9日(日)中山11Rダート1200m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日はカペラステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は12月8日(土)開催、2・3は12月9日(日)開催
1.中日新聞杯(GⅢ)/中京芝2000m
2.カペラステークス(GⅢ)/中山ダート1200m
3.阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)/阪神芝1600m

※中日新聞杯は開催競馬場および開催日程の変更が多くデータ傾向が読み取り辛いため、今回は見送りとさせて頂きます。

2.カペラステークス(GⅢ)
※中山ダート1200mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_d_1200/

■カペラステークス「消し」データ(過去10回)
・単勝オッズ50.0倍以上:0-1-0-44/45 勝率0.0%、連対率・複勝率2.2%
・7歳以上:0-1-2-35/38 勝率0.0%、連対率2.6%、複勝率7.9%
・前走着差2.0秒以上:0-0-0-11/11 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走芝:0-1-0-10/11 勝率0.0%、連対率・複勝率9.1%

【総括】
カペラステークスでは下記2点が特徴です。

①前走1400m~1600m組が強い!
②後方からでも差しが届くレース


1.前走1400m~1600m組が強い!

ダート1200mのレースにも関わらず、前走1400m~1600mだった馬が圧倒的に強く、
下記データの通り前走クラス・着順に関わらず前走1400m~1600mだった馬が
複勝率3割を超えています。

カペラステークス/過去10回 前走距離別成績 ※前走ダートのみ
-------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
1000m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
1200m 1- 3- 3- 65/ 72 1.4% 5.6% 9.7%
1400m 7- 5- 5- 37/ 54 13.0% 22.2% 31.5%
1500m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 2- 1- 2- 10/ 15 13.3% 20.0% 33.3%
1800m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
-------------------------------------------------------

さらにコース別で見ると東京ダート1600m、京都ダート1400mだった馬が
4割前後と突出しておりそれだけでも買えるくらいです。

東京ダート1600mはほぼ前走武蔵野ステークス組が占めており、
実績上位の馬が多数いることも要因の一つと言えます。

カペラステークス/過去10回 前走コース別成績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・ダ1400 3- 3- 2-19/27 11.1% 22.2% 29.6% ★
京都・ダ1400 3- 1- 1- 7/12 25.0% 33.3% 41.7% ★
東京・ダ1600 2- 1- 2- 8/13 15.4% 23.1% 38.5% ★
京都・ダ1200 1- 1- 2-44/48 2.1% 4.2% 8.3%
阪神・ダ1400 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% ★
大井・ダ1200 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4%
盛岡・ダ1200 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
浦和・ダ1400 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% ★
園田・ダ1400 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% ★
川崎・ダ1400 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% ★
----------------------------------------------------

2.後方からでも差しが届くレース

ダート1200mのレースと言えば「行った行った」で先行した馬だけで決まることも
珍しくないイメージがありますが、ことカペラステークスで言えばそれは当てはまりません。

下記データでもわかる通り、後方から差した馬でも十分勝負になっており、
どの位置取り・どんな脚質でも能力上位であれば狙えるということが分かります。

カペラステークス/過去10回 脚質・位置取り別成績
-----------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 1- 2- 2- 32/ 37 2.7% 8.1% 13.5%
平地・中団 4- 5- 5- 47/ 61 6.6% 14.8% 23.0%
平地・後方 3- 3- 3- 40/ 49 6.1% 12.2% 18.4%
-----------------------------------------------------

また前走上がり3ハロン順位を見ると、上位だった馬が優勢ですので、
そこから狙うのも手です。

カペラステークス/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
3F 2位 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3%
3F 3位 3- 1- 0- 5/ 9 33.3% 44.4% 44.4%
3F ~5位 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2%
3F 6位~ 3- 3- 3-61/70 4.3% 8.6% 12.9%
------------------------------------------------
1~ 3位   6- 3- 2-20/31 19.4% 29.0% 35.5%
------------------------------------------------

データの狙い方としては下記2点です。

①前走東京・京都・阪神ダート1400~1600m
②前走上がり3ハロン順位3位以内


最終結論は土曜日、12月8日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

12月1日(土)・12月2日(日)2日間の振り返り

2018年12月03日(月)

こんにちは!たけです。
12月1日(土)・12月2日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月1日(土)■
チャレンジカップ:◎⑪リッジマン 1着
ステイヤーズステークス:◎⑨エアウィンザー 1着/◎⑦ロードヴァンドール 12着

【メイン以外のレース予想】
阪神1レース・2歳未勝利戦:◎①オーヴェルニュ 1着
中山3レース・2歳未勝利戦:◎⑪ブランクエンド 1着


■12月2日(日)■
メインレースの予想・なし

【メイン以外のレース予想】
阪神1レース・2歳未勝利戦 :◎④アルモニーセレスト 8着
中山2レース・2歳未勝利戦 :◎⑫マンボカリエンテ 1着
中山4レース・2歳未勝利戦 :◎⑭トーセンオリンピア 7着

土曜日は4レース予想し、全レースで1着的中とパーフェクトでした!
未勝利戦の予想も2番人気が1着と内容としても満足できる内容でした。
ステイヤーズステークスでは1番人気馬・アルバート号の出走取消があり、どうなるかと思いましたが、影響もなく的中させることができました。

日曜日は未勝利戦3レースのみの予想で、1レースのみの的中と低調でした。
阪神1レースのアルモニーセレスとは、先行してバテてしまいあとは見せ場なしでした。
中山4レースのトーセンオリンピアは、上りこそ上位でしたが最後方からではやはり届きませんでしたね。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【12月1日(土)は全4レース1着的中!】12月2日(日)平場レースの予想

2018年12月02日(日)

皆さんこんにちは!たけです。
12月2日(日)平場のレース予想をしていきます。

■阪神1レース・ダート1800m 2歳・未勝利
◎④アルモニーセレスト
前走は同距離ダートで先行して上位の上りで粘って3着。今回も前走同様の
展開に持ち込めれば勝機はある。

■中山2レース・ダート1800m 2歳・未勝利
◎⑫マンボカリエンテ
前走は先行して最速の上りで着差なしの2着。末脚に関しては出走馬の中で抜けており、
ここは手堅い。

■中山4レース・芝1800m 2歳・未勝利
◎⑭トーセンオリンピア
前走同距離で最速の上りを繰り出し2着。前走同様の末脚を繰り出せれば。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサー

プロフィール

たけ

Author:たけ
この度は当ブログにお越しいただきありがとうございます。
管理人のたけと申します。

このブログはJRA公認データ分析ソフト「TARGET(ターゲット)」や
マイクロソフトの「Excel(エクセル)」を使って、
様々なデータを分析して馬券で勝つことを目的としております。

記事や商材レビューのご要望、お問い合わせは↓のメールフォームよりどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お勧めサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム