競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~

4月28日(土)・4月29日(日)の振り返り

2018年04月30日(月)

こんばんは!たけです。
4月28日(土)・4月29日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■4月29日(日)■
天皇賞・春◎1着△3着

■4月28日(土)■
青葉賞◎3着▲1着

2レース予想して本命が3着・1着と何とか体面は保った…のですが、
2着を外してしまったことが悔やまれます。

また青葉賞ではゴーフォザサミットを本命に出来なかったのも悔やまれます。
データとしては重賞での上り3ハロン順位に重みを置けなかったのが、
まだまだ未熟ですね。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

第157回天皇賞(春)の予想

2018年04月28日(土)

こんばんは、たけです。

4月29日(日)京都11レース第157回天皇賞(春)(GⅠ)の予想をしていきます!

京都11レース 第157回天皇賞(春)賞(GⅠ)
■①「天皇賞」というレースの「特徴」
※過去10回分のデータを集計しています。

1.1枠有利

長距離というとペースが落ち着くため、それほど枠の有利不利が少ない
イメージがありますが、天皇賞・春では特殊なコース形状もあってか
1枠が圧倒的に有利です。

<前走上り3ハロン順位別成績>※過去10回分
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 5- 1- 1-12/19 26.3% 31.6% 36.8%
2枠 1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3%
3枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 1-24/27 0.0% 7.4% 11.1%
8枠 1- 2- 2-24/29 3.4% 10.3% 17.2%
------------------------------------------

ただ外枠が極端に不利なわけでもないので、そこは注意が必要です。

2.先行力がカギ

前走の4コーナー通過順位を見てみると、出走頭数のうち前から半分以内に
いないと勝ち負けにはならないことが分かります。

<前走4コーナー通過順位別成績>
-------------------------------------------------------
前走4角 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
1/3頭以内 7- 6- 3- 57/ 73 9.6% 17.8% 21.9%
1/2頭以内 10- 6- 7- 85/108 9.3% 14.8% 21.3%
-------------------------------------------------------

その一方である程度の上りがあると有利なのもまた事実です。
なので、先行力を軸にプラスの要素として末脚の速さも加味すると
良いでしょう。

<前走上り3ハロン順位別成績>
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 4- 4- 3- 23/ 34 11.8% 23.5% 32.4%
3F 2位 1- 0- 2- 24/ 27 3.7% 3.7% 11.1%
3F 3位 0- 3- 1- 14/ 18 0.0% 16.7% 22.2%
3F ~5位 2- 0- 1- 28/ 31 6.5% 6.5% 9.7%
3F 6位~ 3- 3- 2- 52/ 60 5.0% 10.0% 13.3%
-----------------------------------------------------


■②天皇賞(春)の「結論」
◎⑫レインボーライン
前走・3走前と上がり3ハロン1位、過去5走でも常に上り3ハロン5位以内を
キープしながら先行力もある。天皇賞(春)と相性の良い阪神大賞典で
1着とこれも好材料。

○⑥ガンコ
芝の長距離路線では底を見せておらず、先行して抜け出すスタイルで、
天皇賞(春)でも好走できる。前走は日経賞で先行し抜け出し1着。

▲⑩サトノクロニクル
前走は序盤から先行して2着。芝の長距離では先行力を活かした競馬で、
休み明けの前走の好調を活かせるか。ハーツクライ産駒なのもプラス。

△⑧クリンチャー
同馬も阪神大賞典で先行して3着。近3走では先行して速い末脚を繰り出して
上位に食い込む競馬で勝ち負けも演じられる。

今回は印ほどの差が4頭ともにないので、個人的にはBOX馬券での
購入を検討しています。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第25回青葉賞の予想

2018年04月27日(金)

こんばんは、たけです。

4月28日(土)東京11レース第25回青葉賞(GⅡ)の予想をしていきます!

東京11レース 第25回青葉賞(GⅡ)
■①「青葉賞」というレースの「特徴」
※過去10回分のデータを集計しています。

1.末脚ありき

まずは前走上り3ハロン順位別と前走脚質別の成績をご覧ください。

<前走上り3ハロン順位別成績>※過去10回分
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 5- 4- 5- 34/ 48 10.4% 18.8% 29.2%
3F 2位 3- 2- 1- 25/ 31 9.7% 16.1% 19.4%
3F 3位 0- 2- 3- 16/ 21 0.0% 9.5% 23.8%
3F ~5位 2- 0- 0- 21/ 23 8.7% 8.7% 8.7%
3F 6位~ 0- 2- 1- 40/ 43 0.0% 4.7% 7.0%
-----------------------------------------------------

<前走脚質別別成績>※過去10回分
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 2- 0- 12/ 14 0.0% 14.3% 14.3%
平地・先行 2- 2- 5- 37/ 46 4.3% 8.7% 19.6%
平地・中団 4- 3- 3- 48/ 58 6.9% 12.1% 17.2%
平地・後方 3- 3- 1- 36/ 43 7.0% 14.0% 16.3%
平地・マクリ 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
-----------------------------------------------------

前走で上り3ハロン順位が5位以内でないと、1着のチャンスはありません。
逆に前走逃げた馬は未勝利。3歳戦とは言え逃げ切るには厳しいレースなのが
当レースの特徴です。

2.前走の
クラスと着順が重要


3歳重賞は前走が格下のクラスでも、成長がそれをカバーして
格上レースでも勝ってしまうものですが、当レースにおいては
さすがに前走が未勝利戦だと厳しいようです。

<前走クラス別成績>
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
未勝利 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
500万下 5- 7- 8- 71/ 91 5.5% 13.2% 22.0%
OPEN特別 1- 1- 1- 18/ 21 4.8% 9.5% 14.3%
G3 2- 0- 1- 14/ 17 11.8% 11.8% 17.6%
G2 2- 2- 0- 20/ 24 8.3% 16.7% 16.7%
G1 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
-----------------------------------------------------

また前走が重賞と言えども、前走で0.6秒以上の着差での負けだと
該当馬48頭中、2着1回、3着1回のみと厳しい結果です。

<前走着順別成績>
---------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
負0.0 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
負0.1~0.2 1- 1- 1-13/16 6.3% 12.5% 18.8%
負0.3~0.5 4- 1- 1-20/26 15.4% 19.2% 23.1%
負0.6~0.9 0- 1- 0-22/23 0.0% 4.3% 4.3%
負1.0~1.9 0- 0- 1-21/22 0.0% 0.0% 4.5%
負2.0~2.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------


■②青葉賞の「結論」
◎⑩スーパーフェザー
前走・前々走と500万下だが、2戦連続上がり3ハロン順位1位と
末脚の速さは随一。血統・調教師共にコース相性○。

○⑱サトノソルタス
前走共同通信杯では中団から上り2位で駆け抜けて、2着。
距離延長が不安だが、同コース大得意のデムーロ騎手、堀厩舎、
ディープインパクト産駒と条件は揃っている。

▲⑨ゴーフォザサミット
前走は上がり3ハロン2位、2走前と3走前は上がり3ハロン最速と
後方から鋭い末脚を繰り出すスタイルこそ距離延長でチャンスが増える。

△⑧スズカテイオー
前走は500万下条件を4着ながら着差なし・上り3ハロン最速と
着順ほどの差がなく、もう少し前目で競馬が出来れば一発もある。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

東京芝1800mの攻略データ

2018年04月26日(木)

こんにちは、たけです。
今日はタイトルにもある通り、東京競馬場の芝1800mコースの攻略データについて、
ご紹介したいと思います。

詳しいデータについては、別に運営している下記サイトのページをご参照ください。
※東京芝1800mの攻略法

基本的な傾向としては、上りの速い馬が強いのですが、
クラスが上がるにつれて先行力も必要となる、ということです。
またそれほど荒れにくく、上位人気が信頼できるコースです。

他のコースについてもゆっくりとしたペースですが、
アップしていきたいと思いますので是非ご覧ください。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第157回天皇賞(春)の展望

2018年04月25日(水)

第157回天皇賞(春)(GⅠ)京都11R芝3200m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第157回天皇賞(春)の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は4月28日(土)、2は4月29日(日)開催
1.第25回テレビ東京杯青葉賞(GⅡ)/東京芝2400m
2.第157回天皇賞(春)(GⅠ)/京都芝3200m

2.第157回天皇賞(春)(GⅠ)
※当該コースは天皇賞(春)専用のため、天皇賞のデータを記載しております。

■天皇賞(春)「買い」データ(過去10回分)

①騎手
----------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------
武豊 2- 2- 1- 4/ 9 22.2% 44.4% 55.6%
蛯名正義 2- 1- 1- 3/ 7 28.6% 42.9% 57.1%
岩田康誠 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
松岡正海 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
横山典弘 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
ウィリア 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
石橋脩 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
----------------------------------------------

②種牡馬
--------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
ステイゴールド 3- 0- 1-12/16 18.8% 18.8% 25.0%
ブラックタイド 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
ジャングルポケット 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
チーフベアハート 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
ミスキャスト 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 0- 4- 3- 9/16 0.0% 25.0% 43.8%
--------------------------------------------------------

③調教師(20レース以上)
--------------------------------------------------
調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
(栗)友道康夫 9- 3- 5-23/40 22.5% 30.0% 42.5%
(美)久保田貴 3- 2- 5-14/24 12.5% 20.8% 41.7%
(美)堀宣行 7- 4- 3-21/35 20.0% 31.4% 40.0%
(美)藤沢和雄 6- 6- 2-22/36 16.7% 33.3% 38.9%
(栗)角居勝彦 4- 5- 1-16/26 15.4% 34.6% 38.5%
(美)木村哲也 4- 4- 6-23/37 10.8% 21.6% 37.8%
(美)戸田博文 5- 2- 8-28/43 11.6% 16.3% 34.9%
(美)宗像義忠 1- 4- 3-17/25 4.0% 20.0% 32.0%
(栗)矢作芳人 6- 1- 2-20/29 20.7% 24.1% 31.0%
(美)手塚貴久 4- 3- 4-25/36 11.1% 19.4% 30.6%
(美)武市康男 2- 2- 2-14/20 10.0% 20.0% 30.0%
(美)畠山吉宏 0- 2- 4-14/20 0.0% 10.0% 30.0%
(栗)池江泰寿 3- 3- 2-19/27 11.1% 22.2% 29.6%

④前走上がり3ハロン順位
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 4- 4- 3- 23/ 34 11.8% 23.5% 32.4%
3F 2位 1- 0- 2- 24/ 27 3.7% 3.7% 11.1%
3F 3位 0- 3- 1- 14/ 18 0.0% 16.7% 22.2%
3F ~5位 2- 0- 1- 28/ 31 6.5% 6.5% 9.7%
3F 6位~ 3- 3- 2- 52/ 60 5.0% 10.0% 13.3%

⑤前走レース
--------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
日経賞G2 3- 3- 2-44/52 5.8% 11.5% 15.4%
阪神大賞G2 3- 2- 4-48/57 5.3% 8.8% 15.8%
産経大阪G2 2- 3- 2-10/17 11.8% 29.4% 41.2%
京都記念G2 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
大阪杯G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイヤモHG3 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
大阪―ハH 0- 0- 1-14/15 0.0% 0.0% 6.7%
--------------------------------------------------


⑥枠・馬番
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 5- 1- 1-12/19 26.3% 31.6% 36.8%
2枠 1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3%
3枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 1-24/27 0.0% 7.4% 11.1%
8枠 1- 2- 2-24/29 3.4% 10.3% 17.2%
------------------------------------------


■天皇賞(春)「消し」データ(2008年1月~)
・前走オープン特別以下:0-0-1-20/21 勝率・連対率0.0%、複勝率4.8%
・17番、18番ゲート:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走との間隔中3週以下:0-0-1-18/19 勝率・連対率0.0%、複勝率5.3%
・前走より距離短縮: 0-1-0-12/13 勝率0.0% 連対率・複勝率7.7%

【総括】
京都芝3200mのコースは天皇賞(春)のために使用されるコースで、
形状も特殊です。
スタート直後と2コーナー~3コーナーの間に高低差4mのアップダウンがあり、
山を2つ超えるようなイメージです。

逃げ切って勝ったキタサンブラックのイメージが強いのですが、
基本的には先行馬を中心に狙うべきレースです。

出走馬の内、4コーナーで後ろの1/3の位置取りだった馬は、
複勝圏内にすら入れません。
天皇賞(春)/4コーナー位置取り別成績 ※過去10回分
------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
2/3頭外 0- 0- 0- 50/ 50 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------

また5番手以内にいないとほぼ馬券になりません。
天皇賞(春)/4コーナー位置取り別成績 ※過去10回分
------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
5番手以内 9- 7- 6- 37/ 59 15.3% 27.1% 37.3%
------------------------------------------------------

枠・馬番でいうと、本来長距離レースではペースが落ち着くのもあり、
枠の有利不利はあまり見られないのですが、当レースに限っては、
特殊なコース形状もあってか1枠が断然有利となっています。

天皇賞(春)/枠番別成績 ※過去10回分
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 5- 1- 1-12/19 26.3% 31.6% 36.8%
2枠 1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3%
3枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 1-24/27 0.0% 7.4% 11.1%
8枠 1- 2- 2-24/29 3.4% 10.3% 17.2%
------------------------------------------

ただ外枠が極端に不利なわけでもないので、そこは注意が必要です。


前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走4コーナー通過順位10番手以内
②前走先行~中団の位置取り
③1枠


最終結論は土曜日、4月28日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第25回テレビ東京杯青葉賞の展望

2018年04月24日(火)

第25回テレビ東京杯青葉賞(GⅡ)4月28日(土)東京11R芝2400m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第25回テレビ東京杯青葉賞の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は4月28日(土)、2は4月29日(日)開催
1.第25回テレビ東京杯青葉賞(GⅡ)/東京芝2400m
2.第157回天皇賞(春)(GⅠ)/京都芝3200m

1.第25回テレビ東京杯青葉賞(GⅡ)
■東京・芝2400m「買い」データ(過去5年)

①騎手(20レース以上)
---------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
M.デム 6- 3- 7- 14/ 30 20.0% 30.0% 53.3%
ルメール 8- 5- 5- 21/ 39 20.5% 33.3% 46.2%
戸崎圭太 17- 15- 10- 59/101 16.8% 31.7% 41.6%
川田将雅 3- 4- 1- 13/ 21 14.3% 33.3% 38.1%
吉田隼人 2- 3- 1- 14/ 20 10.0% 25.0% 30.0%

②種牡馬(20レース以上)
-------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------------
ディープインパクト 29- 17- 19-114/179 16.2% 25.7% 36.3%
タニノギムレット 4- 4- 4- 29/ 41 9.8% 19.5% 29.3%

③調教師(20レース以上)
--------------------------------------------------
調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
(栗)友道康夫 9- 3- 5-23/40 22.5% 30.0% 42.5%
(美)久保田貴 3- 2- 5-14/24 12.5% 20.8% 41.7%
(美)堀宣行 7- 4- 3-21/35 20.0% 31.4% 40.0%
(美)藤沢和雄 6- 6- 2-22/36 16.7% 33.3% 38.9%
(栗)角居勝彦 4- 5- 1-16/26 15.4% 34.6% 38.5%
(美)木村哲也 4- 4- 6-23/37 10.8% 21.6% 37.8%
(美)戸田博文 5- 2- 8-28/43 11.6% 16.3% 34.9%
(美)宗像義忠 1- 4- 3-17/25 4.0% 20.0% 32.0%
(栗)矢作芳人 6- 1- 2-20/29 20.7% 24.1% 31.0%
(美)手塚貴久 4- 3- 4-25/36 11.1% 19.4% 30.6%
(美)武市康男 2- 2- 2-14/20 10.0% 20.0% 30.0%
(美)畠山吉宏 0- 2- 4-14/20 0.0% 10.0% 30.0%
(栗)池江泰寿 3- 3- 2-19/27 11.1% 22.2% 29.6%

④前走上がり3ハロン順位
※前走芝レースのみのデータ
----------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
3F 1位 34- 23- 26- 143/ 226 15.0% 25.2% 36.7%
3F 2位 14- 17- 25- 123/ 179 7.8% 17.3% 31.3%
3F 3位 18- 15- 11- 118/ 162 11.1% 20.4% 27.2%
3F ~5位 32- 28- 26- 195/ 281 11.4% 21.4% 30.6%
3F 6位~ 33- 49- 47- 677/ 806 4.1% 10.2% 16.0%

⑤前走コース
---------------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------
新潟・芝2000外 2- 5- 6- 14/ 27 7.4% 25.9% 48.1%
東京・芝2300 5- 3- 3- 17/ 28 17.9% 28.6% 39.3%
中京・芝2200 2- 9- 9- 31/ 51 3.9% 21.6% 39.2%
中山・芝2500 9- 12- 9- 64/ 94 9.6% 22.3% 31.9%

⑥枠・馬番
-----------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------
1枠 16- 16- 13-143/188 8.5% 17.0% 23.9%
2枠 25- 13- 18-139/195 12.8% 19.5% 28.7%
3枠 14- 15- 15-160/204 6.9% 14.2% 21.6%
4枠 16- 14- 15-170/215 7.4% 14.0% 20.9%
5枠 16- 17- 18-178/229 7.0% 14.4% 22.3%
6枠 14- 19- 18-188/239 5.9% 13.8% 21.3%
7枠 21- 22- 16-219/278 7.6% 15.5% 21.2%
8枠 12- 18- 22-237/289 4.2% 10.4% 18.0%

■青葉賞「消し」データ(2008年1月~)

・前走勝ち馬との着差1.0秒以上の負け:0-0-1-23/24 勝率・連対率0.0%、複勝率4.2%
・前走ダート:0-0-0-20/20 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走未勝利戦:0-0-0-11/11 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走との間隔中3週以下:0-0-1-21/22 勝率・連対率0.0%、複勝率4.5%

【総括】
東京芝2400mは1コーナー途中から向こう正面途中に掛けて緩やかな下り坂となっており、
多少前半はペースが速くなることも多いです。

また逃げ馬が逃げ切れないのもこのコースの特徴で、差し馬天国の
コースです。クラスに関係なく逃げ馬には厳しく、後方からでも差しが届くことも。

通常長距離戦は枠の有利不利が少ないのですが、当該コースでは
内枠、特に2枠に入った馬の成績が突出しています。コーナーの数が多いことももちろん、
前半でペースが速くなりやすい構造だからではないか、と推測します。

青葉賞でも他のレース同様、末脚勝負です。
最終コーナーで最後方でも無い限り末脚が届きます。むしろ4コーナーで、
3番手以内の位置取りであった馬は過去10回で未勝利です。

青葉賞/4コーナー位置取り別成績 ※過去10回データ
------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
3番手以内 0- 2- 0- 35/ 37 0.0% 5.4% 5.4%
------------------------------------------------------
これは500mを超え、2mの高低差のある上り坂である最後の直線を、
先行したまま粘るのは相当に厳しいということを意味しています。

青葉賞/上がり3ハロン順位別成績 ※過去10回データ
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 5- 4- 5- 34/ 48 10.4% 18.8% 29.2%
3F 2位 3- 2- 1- 25/ 31 9.7% 16.1% 19.4%
3F 3位 0- 2- 3- 16/ 21 0.0% 9.5% 23.8%
3F ~5位 2- 0- 0- 21/ 23 8.7% 8.7% 8.7%
3F 6位~ 0- 2- 1- 40/ 43 0.0% 4.7% 7.0%
-----------------------------------------------------

枠番による極端な有利不利はなく、1~8枠ほぼ均等な成績となっています。
どちらかというと、揉まれにくく距離の不利が少ない真ん中の枠が若干有利でしょうか。

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走上がり5位以内
②真ん中枠


最終結論は金曜日、4月27日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

4月21日(土)・4月22日(日)の振り返り

2018年04月23日(月)

こんばんは!たけです。
4月21日(土)・4月22日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■4月22日(日)■
フローラステークス◎1着
読売マイラーズカップ◎着外

■4月21日(土)■
福島牝馬ステークス◎着外

フローラステークスでは何とか本命が1着でしたが、それ以外の2レースでは
本命が着外と情けない結果となってしまいました。

特にマイラーズカップでは、サングレーザーを本命にできる要素もあったのですが、
データの取捨選択を誤り、本命に推すことができず悔いが残ります。

これから東京競馬場・京都競馬場では大きなGⅠレースが控えていますので、
軌道修正していきたいと思います。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第53回フローラステークスの予想

2018年04月22日(日)

こんにちは、たけです。
4月22日(日)東京11レース第53回フローラステークス(GⅡ)の予想をしていきます!

時間がなく、ぎりぎりになってしまい申し訳ありません。
結論だけ、書いていきます。

東京11レース 第53回フローラステークス(GⅡ)
◎④サトノワルキューレ
○⑦デュッセルドルフ
▲③ウスベニノキミ
△⑧ラブラブラブ


以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

読売マイラーズカップの予想

2018年04月21日(土)

こんにちは、たけです。
4月22日(日)京都11レース第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)の予想をしていきます!

京都11レース 第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)
■①「読売マイラーズカップ」というレースの「特徴」
※京都芝1600mで施工されたレースに限定しています。

逃げ馬・先行馬が強い

当レースにおける位置取りと3ハロン順位別成績をご覧ください。

<前走位置取り別成績>
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
平地・逃げ 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
平地・先行 2- 1- 1-17/21 9.5% 14.3% 19.0%
平地・中団 1- 3- 3-32/39 2.6% 10.3% 17.9%
平地・後方 1- 2- 0-23/26 3.8% 11.5% 11.5%
------------------------------------------------

<前走4コーナー通過順位別成績>
--------------------------------------------------
前走4角 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
1/3頭以内 3- 1- 2-24/30 10.0% 13.3% 20.0%
--------------------------------------------------

<前走上がり3ハロン順位別成績>
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 0- 2- 1- 5/ 8 0.0% 25.0% 37.5%
3F 2位 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
3F 3位 1- 2- 0- 6/ 9 11.1% 33.3% 33.3%
3F ~5位 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
3F 6位~ 3- 1- 3-37/44 6.8% 9.1% 15.9%
------------------------------------------------

前走上がり3ハロンが最速だった馬は連対こそ果たしているものの、
未勝利と振るいません。

一方前走で逃げ・先行だった馬はしっかりと勝ち切っており、
まずはそこから馬券を組み立てるべきでしょう。

もっと具体的に言うと上のデータでもわかる通り、前走レースの
4コーナー通過順位が、出走馬の前から1/3以内の位置取りだった
馬を中心に狙うと良いでしょう。

■②読売マイラーズカップの「結論」
◎⑧ロジクライ
先行して、速い上りで上位に食い込む競馬で安定した成績を残し、京都芝1600mも
2戦して2連対と問題ない。同コース得意の川田騎手・須貝調教師の組み合わせも
ベスト。

○⑤サングレーザー
中団の位置取りから最速の上りを繰り出し、上位に食い込むスタイルで
複勝率の高い堅い競馬を続けてきた。同コース大得意の福永騎手で、
父ディープインパクトもプラス材料。

▲⑩ブラックムーン
近3走は中団~最後方から最速の上りで駆け抜け、前走の京都金杯では1着。
元々京都芝1600mは得意としており、父アドマイヤムーンも同コースに向く。
前走より斤量減となるのも狙い目でプラスだが、同中の位置取り次第。

△④エアスピネル
前走のマイルチャンピオンシップでは先行して粘る競馬で2着。
京都芝1600mを元々得意としており、同コース得意の武豊騎乗でチャンスを狙う。

△⑭グァンチャーレ
先行して粘る競馬で、近3走では3連対。京都芝1600m実績もあり、
有利な外枠で勝ち負けもありうるか。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第15回福島牝馬ステークスの予想

2018年04月21日(土)

こんばんは、たけです。
4月21日(土)福島11レース第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)の予想をしていきます!

ローカルの福島競馬場の重賞ということで、何が来るかわからない、
前走の成績もそれほど当てにならないレースということで自信度はかなり低めです。
穴馬から手広く流すのが良いでしょう。

福島11レース 第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)
■①「福島牝馬ステークス」というレースの「特徴」
※福島芝1800mで施工されたレースに限定しています。

1.先行馬か末脚の速い馬が強い

前走レースでの位置取りと上り3ハロン順位を見てみると、
先行馬か、末脚の速い馬が強いことがわかります。
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
<前走脚質別成績>
平地・逃げ 0- 1- 2-11/14 0.0% 7.1% 21.4%
平地・先行 4- 3- 4-26/37 10.8% 18.9% 29.7%
平地・中団 0- 3- 3-43/49 0.0% 6.1% 12.2%
平地・後方 5- 3- 1-45/54 9.3% 14.8% 16.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
<前走上がり3ハロン順位別成績>
3F 1位 4- 3- 0-10/17 23.5% 41.2% 41.2%
3F 2位 0- 0- 0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
3F 3位 0- 2- 0- 9/11 0.0% 18.2% 18.2%
3F ~5位 1- 2- 1-20/24 4.2% 12.5% 16.7%
3F 6位~ 4- 3- 9-72/88 4.5% 8.0% 18.2%
------------------------------------------------

意外にも前走逃げた馬は振るわず、未勝利となっています。
タフなレース故に逃げ切れずスタミナ切れを起こすのでしょう。

前走上がり3ハロン順位が1位だった馬の複勝率は41.2%!
馬券からは外せない存在です。

2.前走中山牝馬ステークス組の狙い目

前走に中山牝馬ステークスを経由して出走してくる馬が多く、
今年度も全12頭中7頭出走しています。
また前走中山牝馬ステークスだった馬は下記の通り8勝と馬券としても外せません。
--------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
中山牝馬HG3 8- 6- 5-48/67 11.9% 20.9% 28.4%
--------------------------------------------------

前走中山牝馬ステークス組の狙い方は、ここでも上がり3ハロン順位です。

<前走中山牝馬ステークスで同レースでの上がり3ハロン順位>
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 4- 1- 0- 1/ 6 66.7% 83.3% 83.3%
3F 2位 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
3F 3位 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
3F ~5位 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
3F 6位~ 2- 3- 5-32/42 4.8% 11.9% 23.8%
------------------------------------------------

前走中山牝馬ステークス組で、同レースで上がり3ハロン順位が1位だった馬は
ほぼ馬券になっています!

また上り3ハロン順位が6位以下の馬でも、4コーナー通過順位が上位の馬は、
狙い目です。
<前走中山牝馬ステークスで上り3ハロン順位6位以下&4コーナー6位以内>
-------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------
2- 3- 4-14/23 8.7% 21.7% 39.1%
-------------------------------------

■②福島牝馬ステークスの「結論」
◎③レイホーロマンス
過去2走連続上がり3ハロン1位。しかも前走中山牝馬ステークスで最速の上りを
繰り出し、このレースでも勝利を狙える。末脚の速さは安定しているにも
関わらず毎レース人気が無いので馬券妙味もあり。
追い込み一辺倒だけでなく、先行での勝ち星も上げておりこのレースにはぴったり。

○②ベアインマインド
前走同距離で先行して最速の上りを繰り出し1000万下条件だが1着。
同コース得意のディープインパクト産駒・菱田騎手騎乗で勝ち負けもあり。
前走以外は不振だったが、ここにきて復活か?

▲④カワキタエンカ
前走は中山牝馬ステークスで逃げて1着。芝1800mで好成績を残しており、
先行勢の強い同レースとあって、今回も上位は堅い。

以下中山牝馬ステークスで先行して粘った馬を中心に抑えをピックアップ。
△⑤トーセンビクトリー
△⑨ブラックオニキス
△⑥ゲッカコウ


以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第49回読売マイラーズカップの展望

2018年04月19日(木)

第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)4月22日(日)京都11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は回第15回福島牝馬ステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月21日(土)、2・3は4月22日(日)開催
1.第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)/福島芝1800m
2.第53回フローラステークス(GⅡ)/東京芝2000m
3.第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)/京都芝1600m

3.第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)
■京都・芝1600m「買い」データ(過去5年)

①騎手(20レース以上)
・福永祐一  勝率18.8% 連対率35.5% 複勝率47.8%
・M・デムーロ 勝率13.9% 連対率35.6% 複勝率46.5%
・川田将雅  勝率17.5% 連対率27.3% 複勝率41.6%
・C・ルメール 勝率14.7% 連対率29.5% 複勝率41.1%
②種牡馬(20レース以上)
・サクラバクシンオー 勝率11.4% 連対率28.6% 複勝率40.0%
・ディープインパクト 勝率12.7% 連対率26.8% 複勝率39.1%
・スクリーンヒーロー 勝率17.9% 連対率28.6% 複勝率32.1%
③調教師(20レース以上)
・藤原英昭  勝率24.3% 連対率37.8% 複勝率55.4%
・中内田充  勝率28.6% 連対率50.0% 複勝率53.6%
・友道康夫   勝率14.3% 連対率28.6% 複勝率42.9%
④前走上がり3ハロン順位
・1位:勝率12.5% 連対率23.5% 複勝率35.9%
④前走コース
・京都芝1600m:勝率9.8% 連対率19.6% 複勝率30.1%
⑤枠・馬番
・1番 勝率6.6% 連対率17.8% 複勝率27.1%

■読売マイラーズカップ「消し」データ(2012年1月~)
※京都開催となった2012年以降のデータです。
・単勝オッズ50.0倍以上:0-0-0-33/33 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走との間隔中3週以下:0-0-1-27/28 勝率・連対率0.0% 複勝率3.6%

【総括】
京都芝1600mはコースの中盤で勾配があり、1つ目のコーナーに向かって約4mの
上り坂を上り、コーナーの出口で下る形になります。
コースの形状として内枠が有利なため、有利なコースを走ろうと内側に殺到するため
ペースが速くなり、さらに1つ目のコーナーを出てから下りとなるため
ペースが緩むことはありません。

そのためハイペースになりやすいのですが、1つ目のコーナーを過ぎると
勾配がないため、2つ目のコーナーで息を入れられるためか逃げ馬・先行馬の
活躍が目立ちます。

マイラーズカップでも同様に逃げ馬・先行馬が中心のレースとなります。
<脚質別成績>
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
平地・逃げ 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
平地・先行 3- 0- 3-14/20 15.0% 15.0% 30.0%
平地・中団 1- 5- 3-32/41 2.4% 14.6% 22.0%
平地・後方 1- 0- 0-28/29 3.4% 3.4% 3.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
------------------------------------------------

前走データで見ても、前走逃げた馬か、先行して粘った馬が好成績を残しています。
このレースに限って言えば切れ味の鋭い末脚よりも、スタミナが重要と言えます。
<前走脚質&前走上り3ハロン順位>
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
<前走脚質>
平地・逃げ 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
平地・先行 2- 1- 1-17/21 9.5% 14.3% 19.0%
平地・中団 1- 3- 3-32/39 2.6% 10.3% 17.9%
平地・後方 1- 2- 0-23/26 3.8% 11.5% 11.5%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

<前走上がり3ハロン順位>
3F 1位 0- 2- 1- 5/ 8 0.0% 25.0% 37.5%
3F 2位 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
3F 3位 1- 2- 0- 6/ 9 11.1% 33.3% 33.3%
3F ~5位 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
3F 6位~ 3- 1- 3-37/44 6.8% 9.1% 15.9%
------------------------------------------------

また前走データで言えば、前走の4コーナーの通過順位が
2番手以内だった馬が狙い目です。
<前走4コーナー通過順位>
--------------------------------------------------
前走4角 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
4角1番手 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
2番手以内 3- 0- 1- 9/13 23.1% 23.1% 30.8%
--------------------------------------------------

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走4コーナー通過順位2以内
②前走逃げ・先行馬


最終結論は土曜日、4月21日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第53回フローラステークスの展望

2018年04月18日(水)

第53回フローラステークス(GⅢ)4月21日(土)東京11R芝2000m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は回第53回フローラステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月21日(土)、2・3は4月22日(日)開催
1.第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)/福島芝1800m
2.第53回フローラステークス(GⅡ)/東京芝2000m
3.第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)/京都芝1600m

2.第53回フローラステークス(GⅡ)
■東京・芝2000m「買い」データ(過去5年)

①騎手(20レース以上)
・C・ルメール 勝率26.1% 連対率49.3% 複勝率66.7%
・R・ムーア  勝率35.5% 連対率41.9% 複勝率54.8%
・戸崎圭太   勝率17.3% 連対率38.8% 複勝率50.4%
・福永祐一   勝率20.8% 連対率33.3% 複勝率50.0%
・M・デムーロ 勝率16.7% 連対率33.3% 複勝率50.0%
②種牡馬(20レース以上)
・ヴィクトワールピサ 勝率8.3% 連対率36.1% 複勝率44.4%
・ディープインパクト 勝率11.9% 連対率25.0% 複勝率34.3%
・ハービンジャー   勝率11.6% 連対率20.3% 複勝率31.9%
③調教師(20レース以上)
・栗田博憲  勝率21.7% 連対率34.8% 複勝率56.5%
・堀宣行   勝率30.2% 連対率46.0% 複勝率54.0%
・木村哲也  勝率14.8% 連対率33.3% 複勝率48.1%
・加藤征弘  勝率11.4% 連対率37.1% 複勝率42.9%
④前走上がり3ハロン順位
・1位:勝率14.4% 連対率28.5% 複勝率37.9%
・2位:勝率16.1% 連対率25.2% 複勝率34.8%
⑤前走コース
・京都芝2000m:勝率19.1% 連対率36.2% 複勝率53.2%
・阪神芝2000m:勝率17.9% 連対率28.6% 複勝率46.4%
・京都芝1800m:勝率13.6% 連対率22.7% 複勝率40.9%
⑥枠・馬番
・1枠 勝率11.1% 連対率21.3% 複勝率31.6%

■フローラステークス「消し」データ(2008年1月~)

・前走10着以下:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走ダート:0-0-0-7/7 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走逃げ馬:0-1-0-10/11 勝率0.0% 連対率9.1% 複勝率9.1%
・前走との間隔中2週以下:0-0-0-18/18 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
東京芝2000mはスタートしてすぐに2コーナーに向かう形で、スピードがのる
タイミングでコーナーに入り外枠の馬が外に膨れやすいため、
内枠有利・外枠不利がはっきりしています。

また逃げ馬が逃げ切れないのもこのコースの特徴で、差し馬天国の
コースです。特にクラスが上がるにつれてタフなレース運びとなるためか、
逃げ馬は複勝圏内すら入れないことも目立ちます。

フローラステークスでも同様で、末脚勝負のレースです。
ただしある程度先行していないと、末脚を繰り出しても届かないことも多く、
そこは注意したいポイントです。

<脚質別成績>
-----------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 4- 4- 4- 21/ 33 12.1% 24.2% 36.4%
平地・中団 4- 4- 6- 67/ 81 4.9% 9.9% 17.3%
平地・後方 2- 0- 0- 49/ 51 3.9% 3.9% 3.9%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------

<上がり3ハロン順位>
-----------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 5- 0- 0- 12/ 17 29.4% 29.4% 29.4%
3F 2位 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0%
3F 3位 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
3F ~5位 0- 3- 4- 13/ 20 0.0% 15.0% 35.0%
3F 6位~ 1- 6- 4-107/118 0.8% 5.9% 9.3%
-----------------------------------------------------


前走データで見ても同様で、末脚の速さが無い馬は、
殆ど馬券に絡むことはできません。

<前走脚質&前走上り3ハロン順位>
-----------------------------------------------------
     着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
<前走脚質>
平地・逃げ 0- 1- 0- 10/ 11 0.0% 9.1% 9.1%
平地・先行 4- 5- 6- 46/ 61 6.6% 14.8% 24.6%
平地・中団 3- 3- 4- 58/ 68 4.4% 8.8% 14.7%
平地・後方 3- 1- 0- 30/ 34 8.8% 11.8% 11.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
<前走上がり3ハロン順位>
3F 1位 5- 2- 2- 32/ 41 12.2% 17.1% 22.0%
3F 2位 1- 2- 2- 18/ 23 4.3% 13.0% 21.7%
3F 3位 1- 0- 0- 14/ 15 6.7% 6.7% 6.7%
3F ~5位 3- 1- 1- 26/ 31 9.7% 12.9% 16.1%
3F 6位~ 0- 5- 5- 55/ 65 0.0% 7.7% 15.4%
-----------------------------------------------------

またこのレースの特徴として、前走が未勝利戦、500万下等
下級条件の馬でも勝負になる、ということが挙げられます。

<前走クラス別成績>
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
未勝利 2- 0- 2- 27/ 31 6.5% 6.5% 12.9%
500万下 4- 6- 5- 55/ 70 5.7% 14.3% 21.4%
1000万下 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 1- 0- 0- 18/ 19 5.3% 5.3% 5.3%
G3 3- 4- 3- 35/ 45 6.7% 15.6% 22.2%
G2 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
G1 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
-----------------------------------------------------
そのため、末脚の速さに光るものがあれば、
格上挑戦の馬でも積極的に狙っていきたいですね。


前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走上がり5位以内
③前走先行馬


最終結論は土曜日、4月21日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第15回福島牝馬ステークスの展望

2018年04月17日(火)

第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)4月21日(土)福島11R芝1800m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は回第15回福島牝馬ステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月21日(土)、2・3は4月22日(日)開催
1.第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)/福島芝1800m
2.第53回フローラステークス(GⅡ)/東京芝2000m
3.第49回読売マイラーズカップ(GⅡ)/京都芝1600m

1.第15回福島牝馬ステークス(GⅢ)
■福島・芝1800m「買い」データ(過去5年)

①騎手(20レース以上)
・勝浦正樹 勝率12.2% 連対率31.7% 複勝率34.1%
・戸崎圭太 勝率16.2% 連対率27.9% 複勝率33.8%
・吉田隼人 勝率13.8% 連対率22.4% 複勝率32.8%
②種牡馬(20レース以上)
・ディープインパクト 勝率14.3% 連対率25.9% 複勝率37.5%
・タイキシャトル   勝率10.7% 連対率17.9% 複勝率32.1%
・フジキセキ     勝率16.0% 連対率24.0% 複勝率32.0%
③調教師(20レース以上)
・堀井雅広  勝率23.8% 連対率28.6% 複勝率47.6%
・牧光二   勝率10.3% 連対率20.7% 複勝率37.9%
・相沢郁   勝率8.0% 連対率16.0% 複勝率36.0%
④前走コース
・東京芝2000m:勝率13.8% 連対率24.6% 複勝率33.8%
・中京芝1600m:勝率15.6% 連対率28.1% 複勝率31.3%
⑤枠・馬番
・16番 勝率10.6% 連対率21.3% 複勝率28.7%

■福島牝馬ステークス「消し」データ(2007年1月~)

・前走オープン特別以下:0-3-2-33/38 勝率0.0% 連対率7.9% 複勝率13.2%
・前走ダート:0-0-0-9/9 勝率・連対率・複勝率0.0%
・単勝オッズ100倍以上:0-0-1-12/13 勝率・連対率0.0% 複勝率7.7%
・前走との間隔中3週以下:0-2-0-27/29 勝率0.0% 連対率・複勝率6.9%

【総括】
福島芝1800mは全体的に平坦なコースで、特に向正面を過ぎたあたりからは
殆ど坂がありません。

そのためスローペースになりやすく、逃げ馬の複勝率が40%前後と
逃げ馬の強いコースとなっています。

福島牝馬ステークスでは逃げ馬よりも先行馬が中心のレースとなります。
さすがに重賞となるとペースが厳しくなるのか、バテた逃げ馬を交わして
粘る先行馬が好成績を残しています。

<脚質別成績>
-----------------------------------------------------
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
逃げ 1- 0- 2- 9/ 12 8.3% 8.3% 25.0%
先行 4- 4- 5- 19/ 32 12.5% 25.0% 40.6%
中団 4- 3- 2- 58/ 67 6.0% 10.4% 13.4%
後方 1- 3- 1- 41/ 46 2.2% 8.7% 10.9%
マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
-----------------------------------------------------

前走データで見ても、先行で粘った馬か、鋭い末脚を繰り出した馬の
どちらかが好成績を残しています。

<前走脚質&前走上り3ハロン順位>
-----------------------------------------------------
   着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
<前走脚質>
逃げ 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4%
先行 4- 3- 4- 26/ 37 10.8% 18.9% 29.7%
中団 0- 3- 3- 43/ 49 0.0% 6.1% 12.2%
後方 5- 3- 1- 45/ 54 9.3% 14.8% 16.7%
マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
<前走上がり3ハロン順位>
1位  4- 3- 0- 10/ 17 23.5% 41.2% 41.2%
2位 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
3位 0- 2- 0- 9/ 11 0.0% 18.2% 18.2%
~5位 1- 2- 1- 20/ 24 4.2% 12.5% 16.7%
6位~ 4- 3- 9- 72/ 88 4.5% 8.0% 18.2%
-----------------------------------------------------

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走中山牝馬S組
②前走上がり最速馬
③前走先行馬


最終結論は金曜日、4月20日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

4月14日(土)・4月15日(日)の振り返り

2018年04月16日(月)

こんにちは!たけです。
4月14日(土)・4月15日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■4月15日(日)■
アンタレステークス◎1着△2着△3着
皐月賞◎着外

■4月14日(土)■
アーリントンカップ△1着◎2着○3着

アンタレスステークス、アーリントンカップ共に3着まで完全的中!したものの、
展開が読み切れず皐月賞は本命着外でした。。。

皐月賞についてはデータを精査しても当てられる自信はありません(汗)。
もう少し展開を読めるように精進したいと思います。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第23回アンタレスステークスの予想

2018年04月14日(土)

こんばんは、たけです。
4月15日(日)阪神11レース第23回アンタレスステークス(GⅢ)の予想をしていきます!

「レース」の側面から「データ」をベースに予想を組み立てていきたいと思います。構成は以下のとおりです。
①「アンタレスステークス」というレースの「特徴」
②「アンタレスステークス」の「結論」


阪神11レース 第23回アンタレスステークス(GⅢ)


■①「アンタレスステークス」というレースの「特徴」
※阪神ダート1800mコースで開催された6回分での分析です。

1.末脚勝負

ダートのレースにしては珍しく、末脚が速くない馬には厳しいレースです。
それは過去6回分の上り3ハロンタイム順位を見て頂ければ一目瞭然です。

<上り3ハロンタイム順位別成績>※過去6回分
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 2- 0- 2- 4/ 8 25.0% 25.0% 50.0%
3F 2位 2- 0- 1- 2/ 5 40.0% 40.0% 60.0%
3F 3位 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
3F ~5位 0- 3- 1- 8/12 0.0% 25.0% 33.3%
3F 6位~ 1- 3- 1-58/63 1.6% 6.3% 7.9%
------------------------------------------------
※着度数:左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

上り3ハロンタイム順位が5位までの馬が5勝、2着3回、3着5回とほぼ独占状態です。
また位置取りについても、先行~中団につけていた馬の成績が良く、
逃げ馬にいたっては未勝利となっています。

<脚質別成績>※過去6回分
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
逃げ 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3%
先行 3- 2- 1-14/20 15.0% 25.0% 30.0%
中団 3- 2- 4-29/38 7.9% 13.2% 23.7%
後方 0- 0- 1-31/32 0.0% 0.0% 3.1%
------------------------------------------------
※位置取り:先行/出走頭数の前から1/3、中団/出走頭数の前から1/3~2/3、
後方/出走頭数の後ろから1/3

2.荒れにくいレース

単勝オッズで見てみると、単勝30倍以上の馬は過去6回のうちで2着が1頭のみとなっています。

<単勝オッズ別成績>※過去6回分
----------------------------------------------------
単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
30.0~49.9 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
50.0~99.9 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
100.0~ 0- 1- 0-28/29 0.0% 3.4% 3.4%
----------------------------------------------------
※着度数:左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

これは何故かと言うと、前走コースやレースに関わらず、好成績だった馬が
上位に来ているためと言えます。

<前走着順別成績>※過去6回分
------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 4- 1- 1-19/25 16.0% 20.0% 24.0%
前走2着 0- 2- 0- 5/ 7 0.0% 28.6% 28.6%
前走3着 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
前走4着 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
前走5着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 1- 0- 2-18/21 4.8% 4.8% 14.3%
前走10着~ 0- 1- 3-21/25 0.0% 4.0% 16.0%
------------------------------------------------

前走1着馬が4勝と好調で、逆に前走掲示板を外した馬はちょっと振るいません。


■②アンタレスステークスの「結論」
◎①グレイトパール
先行して速い末脚でまとめられるスタイルはこのレースにぴったり。
このコースを大得意とする川田騎手と中内田厩舎のコンビで1着の期待大。

○⑫ユラノト
この馬も先行して最速の上りで突き放す競馬で2連勝中。さらに
前走は同コースで1着とコース経験では分があり、今回人気はないが
穴を開けるならこの馬。

▲②ナムラアラシ
後方から一気の差し脚で直近2走で2連勝。同コースの実績もあり、
今回も後方から勝ち負けを演じられるはず。

△⑮ミツバ
複勝率57.1%を誇る前走名古屋大賞典組。前走では先行して抜け出し、
勝ち馬とは0.1秒差の2着。今回もその先行力で上位に食い込める。

△⑬クインズサターン
3走連続上り3ハロンタイム3位以内。中団から速い上りを繰り出して、
安定した成績を残している。前走はマーチSで着差なしの2着。
今回こそ展開が向けば勝ち負けまで期待ができる。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第78回皐月賞の予想

2018年04月14日(土)

こんばんは、たけです。
いよいよクラシック3冠の一つが日曜日に開催されますね!

4月15日(日)中山11レース第78回皐月賞(GⅠ)の予想をしていきます!

「コース」と「レース」の両面から予想を組み立てていきたいと思います。もちろんベースとなるのは「データ」です。構成は以下のとおりです。
① 中山競馬場・芝2000mコースの「特徴」
②「皐月賞」というレースの「特徴」
③「皐月賞」の「結論」

中山11レース 第78回皐月賞(GⅠ)

■①中山競馬場・芝2000mコースの「特徴」

1.先行馬・差し馬が中心

何度か書いていますが、中山芝コースは2014年に改修されており、
その影響でより差しが決まるようになっています。
芝2000mも同様で、改修工事前後では逃げ馬の成績が落ち、上り最速で駆け抜けた
馬の勝率が向上しています。
<改修前(2008年1月~2014年11月)>
・逃げ馬:勝率14.1% 連対率24.6% 複勝率34.8%
・先行馬:勝率12.4% 連対率24.4% 複勝率34.3%
・上り最速馬:勝率31.0% 連対率50.5% 複勝率64.1%

<改修後(2014年12月~現在)>
・逃げ馬:勝率8.7% 連対率18.9% 複勝率23.5%
・先行馬:勝率12.1% 連対率24.8% 複勝率33.9%
・上り最速馬:勝率36.1% 連対率50.7% 複勝率66.2%

一方で上記データでもわかる通り、先行馬は改修後も馬券からは外せない存在です。

<前走データ>※改修後データ
・前走上がり3ハロン順位1位:勝率16.1% 連対率29.3% 複勝率38.5%

2.内枠有利

極端な傾向値というわけではありませんが、内枠が若干有利です。
特に2番ゲートと6番ゲートに入った馬の成績が良く、改修工事前後に関わらず
良い成績を残しています。

<馬番別成績>※改修後
・2番ゲート:勝率9.8% 連対率19.1% 複勝率28.4%
・6番ゲート:勝率8.2% 連対率15.8% 複勝率26.1%

ただ大外枠も極端に成績が悪い訳ではありません。
改修後、逃げ・先行馬のスタミナ切れで内側が詰まる現象が多くなり、
結果として大外枠もそれなりに恩恵があるためです。

■②「皐月賞」というレースの「特徴」
※中山芝2000mで施工されたレースに限定しています。

1.前走1着馬が強い&前走大敗した馬に出番なし

前走着順別の実績を見るとよく分かりますが、
前走1着だった馬は過去10回で1着8回と圧倒的な成績を残しているのとは対象的に、
前走5着以下だった馬は、2着1回・3着1回と殆ど振るいません。

<前走着順別実績>
前走1着   8- 4- 5- 48/ 65

前走5着   0- 0- 0- 5/ 5
前走6~9着  0- 1- 1- 23/ 25
前走10着~  0- 0- 0- 15/ 15
※左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

2.先行~中団からの
末脚勝負に自信のある馬が強い


中山芝2000mの特徴でもありますが、改修後のコースでの皐月賞は
「逃げ馬・先行馬がバテて、直線での末脚勝負になる」傾向が強いです。

<位置取り別成績>※改修後(2015~2017年)
逃げ:0- 0- 0- 5/ 5
先行:0- 1- 2- 6/ 9
中団:3- 1- 1-18/23
後方, 0- 1- 0-13/14
※左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

<上り3ハロン順位別成績>※改修後(2015~2017年)
1位:1- 1- 0- 1/ 3
2位:1- 1- 0- 3/ 5
3位:0- 1- 1- 0/ 2
4-5位:1- 0- 1- 6/ 8
※左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

ただ後方から一気に…とまではいかないので、ある程度前にいないと
届かずにそのまま、ということも多いです。

■③皐月賞の「結論」
◎②ワグネリアン
過去2走連続上がり3ハロン1位、同コース大得意の福永騎手・友道康夫厩舎、
同レースを制したディープインパクト産駒、有利な2番ゲートと勝てる要素は
全て揃っている。人馬ともに牡馬GⅠ初勝利となる期待大。

○⑮ステルヴィオ
前走スプリングSを最速の上りで1着、同コース大得意のルメール騎手・木村
哲也厩舎とこちらも勝てる要素は多い。多頭数のレースを経験している分、
ワグネリアンよりも有利か?

▲⑤キタノコマンドール
過去2走連続で上がり3ハロン1位、同コース大得意のデムーロ騎手・池江泰寿厩舎、
ディープインパクト産駒とこちらも要素はすべて揃っている。

△⑨オウケンムーン
共同通信杯を経由しての参戦と王道のローテーション。しかも共同通信杯では
中団から速い上りを繰り出しての勝利と皐月賞では理想的な展開を見せた。

△⑬ダブルシャープ
前走上がり3ハロン1位と末脚勝負の強さは申し分なし。
中団からの末脚勝負は同コースでこそ活きる。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第27回アーリントンカップの予想

2018年04月14日(土)

こんばんは、たけです。
4月14日(土)阪神11レース第27回アーリントンカップ(GⅢ)の予想をしていきます!

阪神芝1600mは私には分析が難しく、自信度は低めのレースです。
個人的には「見」をお勧めしています。

「レース」の側面から「データ」をベースに予想を組み立てていきたいと思います。構成は以下のとおりです。
①「アーリントンカップ」というレースの「特徴」
②「アーリントンカップ」の「結論」


阪神11レース 第27回アーリントンカップ(GⅢ)


■①「アーリントンカップ」というレースの「特徴」

1.先行力が必要

芝のマイル戦にしては珍しく、ダート戦以上に先行力が必要とされるレースです。
当該レースの脚質別成績を見てみるとより分かりやすいです。
<脚質別成績>※過去10回分
-----------------------------------------------------
脚質  着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
逃げ  3- 0- 2- 5/ 10 30.0% 30.0% 50.0%
先行  2- 5- 2- 24/ 33 6.1% 21.2% 27.3%
中団  3- 3- 2- 34/ 42 7.1% 14.3% 19.0%
後方 2- 2- 4- 31/ 39 5.1% 10.3% 20.5%
-----------------------------------------------------
※着度数:左から勝ち数/2着数/3着数/着外数/合計

先行力を前走での4コーナー通過順位で見てみると、
前走4コーナー通過順位が上位だった馬は、下記の通り好成績を残しています。
<前走4コーナー通過順位>
-------------------------------------------------------
通過順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
1位     3- 0- 3- 10/ 16 18.8% 18.8% 37.5%
2位      2- 2- 2- 11/ 17 11.8% 23.5% 35.3%
-------------------------------------------------------

更に直近2回分の開催を見てみると、前走での4コーナーの位置取りが、
前から半分以内にいない馬は馬券になっていません。
ここからも先行力がカギになるレースだということがわかります。

■②アーリントンカップの「結論」
◎①パクスアメリカーナ
先行~中団から最速の上りで駆け抜けるスタイルはこのコースに合う。
鞍上はこのコースを大得意とする川田騎手騎乗で3連勝も期待できる。

○⑪レッドヴェイロン
前走未勝利戦ながら、逃げ~先行から最速の上りを繰り出すこのコースに
最も適したスタイルを持つ。鞍上も同コースを大得意とするデムーロ騎手で、
格上挑戦も勝ち負け争いが期待できる。

▲⑫ラセット
過去3走ともに好位から最速の上りを繰り出し上位に食い込む。
重賞でも3着と健闘し、有利な8枠にも関わらず人気薄となっている。
この馬も1着が十分期待できる要素を持つ。

△⑥タワーオブロンドン
出走馬では実績十分。中団から速い上りを繰り出す競馬で上位に食い込んでいる。
初めての休養明けで状態はどうか?

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第78回皐月賞の展望

2018年04月12日(木)

第78回皐月賞(GⅠ)4月15日(日)中山11R芝2000m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日はクラシックの一冠目、第78回皐月賞の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月14日(土)、2・3は4月15日(日)開催
1.第27回アーリントンカップ(GⅢ)/阪神芝1600m
2.第23回アンタレスステークス(GⅢ)/阪神芝1800m
3.第78回皐月賞(GⅠ)/中山芝2000m

3.第78回皐月賞(GⅠ)
■中山・芝2000m「買い」データ(2014年12月~)
※芝コース改修後の2014年12月以降のデータを集計しています。

①騎手(20レース以上)
C・ルメール 勝率38.9% 連対率55.6% 複勝率69.4%
M・デムーロ 勝率13.6% 連対率50.0% 複勝率59.1%
・福永祐一 勝率8.0% 連対率28.0% 複勝率44.0%
②種牡馬(20レース以上)
・バゴ  勝率14.3% 連対率33.3% 複勝率52.4%
・ルーラーシップ 勝率14.0% 連対率27.9% 複勝率39.5%
・ディープインパクト 勝率15.5% 連対率25.1% 複勝率34.2%
③調教師(20レース以上)
・池江泰寿  勝率23.8% 連対率38.1% 複勝率47.6%
・戸田博文  勝率11.1% 連対率27.0% 複勝率41.3%
・奥村武   勝率20.6% 連対率38.2% 複勝率41.2%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率16.0% 連対率29.1% 複勝率38.4%
⑤前走コース
・京都芝1800m:勝率9.4% 連対率25.0% 複勝率40.6%
⑥枠・馬番
・2番 勝率9.9% 連対率19.3% 複勝率28.7%

■皐月賞「消し」データ(2007年1月~)
※中山開催時のデータを集計しています。

・前走10着以下:0-0-0-15/15 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走1.0秒以上の着差で敗北:0-0-0-23/23 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走500万下:0-0-0-7/7 勝率・連対率・複勝率0.0%
・キャリア8戦以上:0-1-0-14/15 勝率0.0% 連対率6.7% 複勝率6.7%
・今回距離短縮:0-0-0-11/11 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走4コーナー通過順位10位以下:0-1-0-31/32 勝率0.0% 連対率3.1% 複勝率3.1%

【総括】
中山芝2000mはスタート直後から1000mまで約4mの坂の上り下りとゴール直前に高低差約2mの上り坂があります。前半に坂があるためスローペースとなり、直線での叩き合い勝負になることも多いです。2014年の改修工事後はその傾向が強くなりました。

また上級条件になるほどハイペースになるため、逃げきれず、差し馬に交わされる
レース展開が増え、逃げ馬を狙ううま味はなくなります。

皐月賞でも同様の傾向が強く、コース改修後、逃げ馬は3着すら入れていません。
スローペースであったにも関わらず、です。ただ後方一気というよりも、
先行して抜け出すタイプが安定して好成績を残しています。

<脚質別成績>※2007年以降
・逃げ馬:1着2頭 2着0頭 3着1頭(全14頭)
・先行馬:1着1頭 2着4頭 3着3頭(全34頭)
・中 団:1着7頭 2着3頭 3着5頭(全83頭)

<脚質別成績>※コース改修後2015年以降
・逃げ馬:1着0頭 2着0頭 3着0頭(全5頭)
・先行馬:1着0頭 2着1頭 3着2頭(全9頭)
・中 団:1着3頭 2着1頭 3着1頭(全18頭)

前走の脚質・4コーナー通過順位で見てもそれは顕著で、前走逃げた馬は
3着以内にすら入れていない一方、前走で鋭い末脚を見せた馬は高確率で
馬券になっています。
<前走脚質>※2007年以降
・逃げ馬:1着0頭 2着0頭 3着0頭(全14頭)
・前走上がり3ハロン順位3位以内:1着7頭 2着8頭 3着6頭(全95頭)

<脚質別成績>※コース改修後2015年以降
・逃げ馬:1着0頭 2着0頭 3着0頭(全2頭)
・前走上がり3ハロン順位3位以内:1着2頭 2着3頭 3着1頭(全30頭)

また前走レースで共同通信杯組が好成績を残しています。
<前走共同通信杯念組>
・1着4頭 2着0頭 3着1頭(全8頭)

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走共同通信杯組
②前走上がり3ハロン3位以内


最終結論は土曜日、4月14日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第23回アンタレスステークスの展望

2018年04月11日(水)

第23回アンタレスステークス(GⅢ)4月14日(土)阪神11Rダート1800m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第23回アンタレスステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月14日(土)、2・3は4月15日(日)開催
1.第27回アーリントンカップ(GⅢ)/阪神芝1600m
2.第23回アンタレスステークス(GⅢ)/阪神ダート1800m
3.第78回皐月賞(GⅠ)/中山芝2000m

1.アンタレスステークス(GⅢ)
■阪神・ダート1800m「買い」データ(過去5年)
①騎手(20レース以上)
・M・デムーロ 勝率22.1% 連対率31.3% 複勝率47.9%
・C・ルメール 勝率21.1% 連対率33.9% 複勝率47.7%
・戸崎圭太 勝率10.3% 連対率22.4% 複勝率43.1%
・武豊     勝率13.7% 連対率32.7% 複勝率42.5%
②種牡馬(20レース以上)
・ウォーエンブレム  勝率10.3% 連対率31.0% 複勝率41.4%
・ヨハネスブルグ   勝率15.9% 連対率27.3% 複勝率40.9%
・Curlin       勝率25.0% 連対率40.0% 複勝率40.0%
③調教師(20レース以上)
・藤原英昭  勝率11.1% 連対率25.0% 複勝率41.7%
・中内田充  勝率12.5% 連対率28.6% 複勝率41.1%
・渡辺薫彦  勝率15.6% 連対率31.3% 複勝率40.6%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率15.6% 連対率27.6% 複勝率37.8%
・2位 勝率11.3% 連対率23.9% 複勝率34.0%
・3位 勝率11.9% 連対率22.6% 複勝率32.4%
⑤前走コース
・京都ダート1800m:勝率10.6% 連対率20.0% 複勝率29.6%

■アンタレスステークス「消し」データ(2012年1月~)
※阪神開催となった2012年以降のデータを使用しています。

・前走1600万下:0-0-0-9/9 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率0.0%
・前走10番人気以下:0-0-1-17/18 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率5.6%
・単勝30.0倍以上:0-1-0-49/50 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率2.0%

【総括】
阪神ダート1800mは最後の直線200mで2m弱の坂がありますが、それまでは
平坦です。コース形状が大きく膨らむ形となるため、距離損をしない内側の
ポジション争いからハイペースになることが多いです。

そのためか却って直線の叩き合いになることもあり、
ダートコースにしては珍しく、差し馬も強いレースです。
もちろん4コーナー時点で少なくとも前から1/3位以内にいないと、
末脚を繰り出しても届かないので、ある程度の先行力は必須です。

アンタレスステークスでは、よりその傾向が強く「先行して抜け出す
ことができる馬が好成績を残しています。

<脚質別成績>
・逃げ馬:1着0頭 2着2頭 3着0頭(全6頭)
・先行馬:1着3頭 2着2頭 3着1頭(全20頭)
・差し馬:1着3頭 2着2頭 3着4頭(全38頭)
・後方:1着0頭 2着0頭 3着1頭(全32頭)

<上がり3ハロン順位別成績>
・5位以内:1着5頭 2着3頭 3着5頭(全33頭)
・6位以下:1着1頭 2着3頭 3着1頭(全63頭)

<4コーナー通過順位>
・出走馬のうち前から1/3頭以内:1着5頭 2着4頭 3着2頭(全36頭)

前走の脚質・4コーナー通過順位で見ても「先行して抜け出せる」馬が
強いことがわかります。
<前走脚質>
・4コーナー通過順位3位以内:1着6頭 2着4頭 3着2頭(全37頭)
・上り3ハロン順位3位以内:1着2頭 2着2頭 3着0頭(21頭)

前走レースで見ると珍しく中央交流戦である「名古屋大賞典」組が好成績を残しています。
<前走名古屋大賞典組>
・1着3頭 2着1頭 3着0頭(全7頭)
特に直近の3年は前走「名古屋大賞典」だった馬が3連対と軸からは外せない存在と
なっています。

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走名古屋大賞典
②4コーナー通過順位3位以内
③前走より距離短縮組


最終結論は土曜日、4月14日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第27回アーリントンカップの展望

2018年04月10日(火)

第27回アーリントンカップ(GⅢ)4月14日(土)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第27回アーリントンカップの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は4月14日(土)、2・3は4月15日(日)開催
1.第27回アーリントンカップ(GⅢ)/阪神芝1600m
2.第23回アンタレスステークス(GⅢ)/阪神ダート1800m
3.第78回皐月賞(GⅠ)/中山芝2000m

1.アーリントンカップ(GⅢ)
■阪神・芝1600m「買い」データ(過去5年)
①騎手(20レース以上)
C・ルメール 勝率20.9% 連対率41.8% 複勝率53.7%
・M・デムーロ 勝率23.6% 連対率42.7% 複勝率49.4%
・川田将雅 勝率17.2% 連対率28.1% 複勝率42.2%
②種牡馬(20レース以上)
・ディープインパクト 勝率13.9% 連対率26.8% 複勝率36.9%
・ヴィクトワールピサ 勝率4.9% 連対率22.0% 複勝率36.6%
③調教師(20レース以上)
藤沢和雄  勝率21.7% 連対率39.1% 複勝率60.9%
・須貝尚介  勝率9.7% 連対率22.6% 複勝率45.2%
・池江泰寿  勝率18.9% 連対率34.8% 複勝率42.4%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率11.0% 連対率19.7% 複勝率29.9%
⑤前走コース
・東京芝1600m:勝率14.2% 連対率25.4% 複勝率34.3%
・同コース:勝率11.6% 連対率23.1% 複勝率33.1%
⑥枠・馬番
・10番 勝率6.2% 連対率18.7% 複勝率25.4%
・4番 勝率8.3%  連対率18.3% 複勝率25.2%

■アーリントンカップ「消し」データ(2007年1月~)

・前走10着以下:0-1-0-17/18 勝率0.0% 連対率5.6% 複勝率5.6%
・前走新馬戦・未勝利戦:0-0-1-11/12 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率8.3%
・キャリア8戦以上:0-1-0-8/9 勝率0.0% 連対率11.1% 複勝率11.1%

【総括】
阪神芝1600mはゴール直前に高低差約2mの上り坂があります。前半がほぼ平坦なため
ペースはそれほど速くなりません。

そのためスローペースとなり、直線での叩き合い勝負になることも多いのですが、
スローペースだけに逃げ馬の逃げ切りもそこそこあります。
展開一つで勝ち方が変わる、予想が難しいコースでもあります。

アーリントンカップでもその傾向があり、逃げ馬・先行馬・差し馬平均的に
狙えるレースです。ただ他の芝重賞レースと比較して先行勢が有利なレースです。

<脚質別成績>
・逃げ馬:1着3頭 2着0頭 3着2頭(全10頭)
・先行馬:1着2頭 2着5頭 3着2頭(全33頭)
・差し馬:1着5頭 2着5頭 3着6頭(全81頭)

前走の脚質・4コーナー通過順位で見てもそれは顕著です。
<前走脚質>
・逃げ馬:1着3頭 2着0頭 3着3頭(全15頭)
・4コーナー通過順位3位以内:1着5頭 2着2頭 3着6頭(全38頭)

また前走レースでシンザン記念組が好成績を残しています。
<前走シンザン記念組>
・1着3頭 2着2頭 3着3頭(全13頭)

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走同コース
②前走シンザン記念組
③4コーナー通過順位3位以内


最終結論は金曜日、4月13日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

4月7日(土)・4月8日(日)の振り返り

2018年04月09日(月)

こんにちは!たけです。
4月6日(土)・4月7日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■4月7日(日)■
桜花賞◎1着〇2着▲3着

■4月6日(土)■
ニュージーランドトロフィー◎2着
阪神牝馬ステークス◎着外

桜花賞は◎-○-▲での決着ニュージーランドトロフィーは本命が2着と何とか恰好は付きましたが、
阪神牝馬ステークスは本命馬が着外と
振るいませんでした。

1着だったミスパンテールも買える要素があっただけに悔しさもあります。
もっと精進して荒れたレースでもきちんと的中できるよう精進いたします。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第78回桜花賞の予想

2018年04月07日(土)

こんにちは、たけです。
4月8日(日)阪神11レース第78回桜花賞(GⅠ)の予想をしていきます!

このレースについても「レース」の側面から予想を組み立てていきたいと思います。もちろんベースとなるのは「データ」です。
構成は以下のとおりです。
①「桜花賞」というレースの「特徴」
②「桜花賞」の「結論」


阪神11レース 第78回桜花賞(GⅠ)
■①桜花賞の「特徴」

1.前走関西コース馬が有利

下記データでもわかりますが、過去10年前走が阪神・京都競馬場だった馬だけが
勝利をおさめ、前走関東・地方だった馬は未勝利となっています。
やはり慣れない環境は成長途上の牝馬には厳しいようです。

阪神競馬場を連闘している馬が圧倒的に有利であることもわかります。
<前走競馬場>
・関東(中山・東京):1着0頭 2着4頭 3着1頭(全53頭中)
・関西(阪神・京都):1着10頭 2着6頭 3着9頭(全118頭中)
※うち前走阪神競馬場:1着9頭 2着5頭 3着9頭(全112頭中)

2.差し馬が台頭

桜花賞では速い上りが使えない馬は良い成績を残せません。
4コーナーの通過順位が後方でも殆ど問題なく、後方からの一気差しも決まります。
<上り3ハロン順位>
・5位以内:1着10頭 2着7頭 3着8頭(全58頭中)
・6位以下:1着なし 2着3頭 3着2頭(全120頭中)

3.内枠不利

本来であれば内枠有利なコースですが、こと桜花賞に関して言えば、
内枠が不利なレースとなっています。
1~5番ゲートは過去10回で3着1頭のみ、と全く振るいません。
ペースが速くなることも多く、有利な内側に各馬が殺到し、結果として
内側の馬の前が詰まるためです。

<馬番別成績>
・1番~5番:1着0頭 2着0頭 3着1頭(全49頭)

逆に大外枠が不利になることはありません。

■②桜花賞の「結論」
◎⑬アーモンドアイ
過去3走連続上がり3ハロン1位、阪神芝1600m大得意のルメール騎手・
ロードカナロア産駒で、GⅠ初勝利となる要素大。

○①ラッキーライラック
多言不要、過去3走連続上がり3ハロン1位で同コースの重賞2連勝して、
満を持して臨むだけに外せない。ただし、不利な1番枠ということもあり、
割引が必要か?

▲⑨リリノーブル
ラッキーライラックの後塵を拝しているが、同馬も同コースの重賞で3着、2着と
実績は十分。ラッキーライラックよりも良い枠を引き当てた今回が最大のチャンス。

△⑰マウレア
前走チューリップ賞で不利な2番枠ながらラッキーライラックに次ぐ2着。
今回は有利な外枠ということもあり、1着も狙える。

△⑦トーセンブレス
2戦連続上がり3ハロン1位と末脚勝負の強さは申し分なし。
後方一気からの末脚勝負は同コースでこそ活きる。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第61回阪神牝馬ステークスの予想

2018年04月07日(土)

こんにちは、たけです。
4月7日(土)阪神11レース第61回阪神牝馬ステークス(GⅡ)の予想をしていきます!

阪神芝1600mでの施行が過去2年のみとデータが少ないため、自信度は低めです。

今回は「レース」の側面のみから予想を組み立てていきたいと思います。もちろんベースとなるのは「データ」です。構成は以下のとおりです。
①「阪神牝馬ステークス」というレースの「特徴」
②「阪神牝馬ステークス」の「結論」


阪神11R 第61回阪神牝馬ステークス(GⅡ)
■①阪神牝馬ステークスの「特徴」
※阪神芝1600mでの阪神牝馬ステークスの開催は2016年からのため、
 牝馬限定のオープン・重賞でのデータで考えてみます。(2013年以降)

1.差し馬が強い!
阪神競馬場ではJRA競馬場の中では一番遅くに「エクイターフ」と呼ばれる芝を、
2012年より導入しています。
これは一言で言うと「頑丈な芝」で、時計が速くなります。
そのため、阪神芝コースでは年々差し馬が台頭しつつあります。

そのため牝馬限定の上級条件では、より逃げ切り勝ちが難しくなり、
末脚勝負の傾向が強くなります。
<逃げ馬VS上り3ハロン順位1位馬>
・逃げ馬成績:1着3頭 2着0頭 3着2頭(全18頭)
・上り3ハロン順位1位:1着8頭 2着9頭 3着0頭(全25頭)

また前走の脚質でみると・・・
<前走逃げ馬VS前走上がり3ハロン順位1位馬>※前走芝コース
・前走逃げ馬:1着3頭 2着0頭 3着1頭(全27頭)
・前走上り3ハロン順位1位:1着7頭 2着6頭 3着3頭(全55頭)

更に近3年での前走上り3ハロン順位別にみると・・・
<前走上り3ハロン順位別成績>※直近3年以内
・1位:勝率13.3% 連対率26.7% 複勝率36.7%
・2位:勝率14.3% 連対率21.4% 複勝率35.7%
・3位:勝率7.7%  連対率23.1% 複勝率38.5%

これは推測でしかありませんが、エクイターフの導入が進み、
馬場の高速化が進んでいるのではないでしょうか。
また傷みにくい芝のため、開催後半でもスピード馬場が維持されているのも
上り勝負となっている可能性はありますね。

2.前走同コースを走った馬が強い!

これはタイトル通りですね(笑)。前走同じコースだった馬は好成績を残しています。
・前走同じコース:勝率16.7% 連対率25.9% 複勝率42.6%

また同コースほどではありませんが、前走が東京芝1600mだった馬も好成績です。
・前走東京芝1600m:勝率8.8% 連対率23.5% 複勝率32.4%

3.前走上位馬が来る
これはデータを見ると明らかです。
<前走着順別成績>
・前走1着:勝率15.8% 連対率28.9% 複勝率36.8%
・前走5着以下:勝率1.8% 連対率5.3% 複勝率7.0%

調子を直近で維持できているか、がカギですね。
前走惨敗している馬は実績があっても割引が必要でしょう。

■②阪神牝馬ステークスの「結論」
◎④ミエノサクシード
前走同コースの1600万下条件で1着、前走と3走前で同コースで上り3ハロン順位1位!
更に同コース得意の福永騎手騎乗なのも○。

○⑫ワントゥワン
常に上り3ハロンを上位のスピードで駆け抜ける実力を持つ。
ディープインパクト産駒で藤岡厩舎と、同コースとの相性もぴったり。

▲③リスグラシュー
同コースの勝ち鞍こそないものの、複勝率は100%で、実績は十分。
前走は相性の良い東京芝1600mの重賞で1着。中団から速い上りを繰り出し、
今回も抜き出して連勝を狙える。

△⑩レッドアヴァンセ
前走は東京芝1600mで中団から速い上りで抜け出し3着。ディープインパクト産駒で
ここは上位を狙える。
△②アドマイヤリード
前走の大敗はマイナスだが、中団から最速の上りで抜け出すスタイルで、実績を
積んできた。同コース大得意のデムーロ騎手と須貝調教師の最強タッグで、
1着も狙える。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第36回ニュージーランドトロフィーの予想

2018年04月07日(土)

こんばんは、たけです。
4月7日(土)中山11レース第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)の予想をしていきます!

今回は混戦模様で絶対的に信頼のおける軸馬がおらず、毎年そうですが、
波乱傾向にあります。手広く流すのが吉、ですね。

「コース」と「レース」の両面から予想を組み立てていきたいと思います。もちろんベースとなるのは「データ」です。構成は以下のとおりです。
① 中山競馬場・芝1600mコースの「特徴」
②「ニュージーランドトロフィー」というレースの「特徴」
③「ニュージーランドトロフィー」の「結論」


中山11R 第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)
■①中山芝1600mコースの「特徴」

1.差し馬天国
中山芝1600mコースの特徴は
「直近3年は差し馬有利になった」と言う一言に尽きます。
もっと言うと「開幕週でも逃げ馬が勝てない」コースと言えます。

その理由として中山芝コースは2014年夏に水はけを良くする改修工事を実施し、
それにより「路面が柔らかくなった」ことで「荒れていないのに、走るのにパワーが
必要になった」からです。

それは下のデータを見ても明らかです。
特に冬から使い続けて馬場の荒れてくる3月・4月は特に顕著になりますね。
<改修工事前 2011年1月~2014年4月>
・逃げ馬成績:勝率16.5% 連対率27.2% 複勝率32.2%
・上り3ハロン最速馬:勝率21.9% 連対率37.8% 複勝率54.8%

<改修工事後 2014年12月~2018年3月>
・逃げ馬成績:勝率10.1% 連対率22.1% 複勝率31.4%
・上り3ハロン最速馬:勝率28.1% 連対率40.4% 複勝率56.5%

予想する際に使えるデータとしては「前走レース内での上り3ハロン順位」です。
※2014年12月以降
・前走レース上り3ハロン順位1位:勝率11.4% 連対率21.2% 複勝率34.8%
・前走レース上り3ハロン順位2位:勝率16.0% 連対率27.4% 複勝率32.5%

2.内枠~真ん中枠が有利 ※最内枠は除く
これも先ほどの話と関係してきますが、パワーが必要な馬場を走り、スタミナが
切れてくると、逃げ・先行馬が後ろに下がってきます。

そのため直線で差そうというときに、前にスタミナの切れた先行勢が壁となって
なかなか前に出られず、そのままゴール…となってしまいます。
よって最内枠はそういった不利を受けやすいため、割引が必要です。

■②ニュージーランドトロフィーの「特徴」
※中山芝1600mで施工されたレースに限定しています。

1.前走大敗した馬に出番なし
成長著しい3歳の重賞ということもあり、大敗している馬には厳しいレースです。

<前走成績別順位>
・前走0.6秒以上の差を付けられ負けた馬:1着0頭/2着1頭/3着1頭(全51頭中)

2.1番2番は切り!
もともと中山芝1600mは最内枠は不利ですが、より顕著にその傾向が出ます。
逃げ馬に厳しい上級レースのため、もろに内側を通る馬に影響が出ているのでしょう。

<1番・2番ゲート成績>
・1番ゲート馬:3着以内0頭(全10頭)
・2番ゲート馬:3着以内0頭(全10頭)

3.馬体重に注目
タフなコースのためか、ある程度の馬体重がないと勝ちきれない傾向にあります。
特に馬場改修後はその傾向が顕著に出ていますね。

<改修工事前 2007年1月~2014年4月>
・馬体重:459kg以下 1着0頭 2着1頭 3着3頭(全34頭)

<改修工事後 2014年12月~2018年3月>
・馬体重:459kg以下 1着・2着0頭 3着1頭(全12頭)

■③ニュージーランドトロフィーの「結論」
◎⑭ケイアイノ-テック
デビュー以来上がり3ハロン3位以内で、前走も最速の上りを使い1着。
同コース大得意の戸崎騎手、ディープインパクト産駒なのもプラス。

○⑧ラムセスバローズ
同コース大得意の木村厩舎で、前走は同コース上り最速で1着。
元々ダートも得意で、中団から速い上りを繰り出すスタイルはこのレースに
ぴったり。

▲③ゴールドギア
前走・前々走共に上り3ハロン順位2位以内。更に前走は同コースで中団から
速い上りを繰り出しての3着と理想的なレース運び。
同コースが得意なロードカナロアの血、伊藤厩舎の組み合わせも○。

△⑫リョーノテソーロ
前走は芝で中団から最速の上りで1着。元々ダート馬なのも、
中山芝1600mコースを考えるとプラス。
△⑥カシアス
末脚勝負の馬ではないが、先行してそこそこの上りでまとめるスタイルも
中山芝1600mコースに相性が良い。

以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第78回桜花賞の展望

2018年04月05日(木)

第78回桜花賞(GⅠ)4月8日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第78回桜花賞の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1・2は4月7日(土)、3は4月8日(日)開催
1.第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)/中山芝1600m
2.第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)/阪神芝1600m
3.第78回桜花賞(GⅠ)/阪神芝1600m

3.第78回桜花賞(GⅠ)
■阪神・芝2000m「買い」データ(2013年1月~)
①騎手(20レース以上)
C・ルメール 勝率20.9% 連対率41.8% 複勝率53.7%
M・デムーロ 勝率23.6% 連対率43.8% 複勝率50.6%
・川田将雅 勝率18.4% 連対率27.9% 複勝率41.2%
②種牡馬(20レース以上)
・ディープインパクト 勝率14.0% 連対率26.8% 複勝率37.2%
・ヴィクトワールピサ 勝率4.9% 連対率22.0% 複勝率36.6%
③調教師(20レース以上)
藤沢和雄  勝率21.7% 連対率39.1% 複勝率60.9%
・須貝尚介  勝率9.4% 連対率21.9% 複勝率42.2%
・池江泰寿  勝率16.9% 連対率32.4% 複勝率40.8%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率11.3% 連対率20.6% 複勝率30.2%
⑤前走コース
・同コース:勝率11.6% 連対率23.5% 複勝率34.3%
⑥枠・馬番
・4番 勝率8.2%  連対率18.5% 複勝率25.1%


■桜花賞「消し」データ(2008年1月~)
・前走着差1.0秒以上の負け:0-1-1-24/26 勝率0.0% 連対率3.8% 複勝率7.7%
・前走10着以下:0-1-0-27/28 勝率0.0% 連対率3.6% 複勝率3.6%
・単勝オッズ100.0倍以上:0-0-0-58/58 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走1400~1600m以外:0-1-1-18/20 勝率0.0% 連対率5.0% 複勝率10.0%

【総括】
阪神芝1600mはゴール直前に高低差約2mの上り坂があります。前半がほぼ平坦なため
ペースはそれほど速くなりません。

そのためスローペースとなり、直線での叩き合い勝負になることも多いのですが、
スローペースだけに逃げ馬の逃げ切りもそこそこあります。
ただ基本的には末脚勝負であることは間違いありません。

桜花賞では特徴的なデータがいくつかあります。
まずは前走どの競馬場で走ったか?ですが、圧倒的に関西だった馬が好成績です。
特に阪神競馬場だった馬が9勝と、際立っていますね。
<前走競馬場>
・関東(中山・東京):1着0頭 2着4頭 3着1頭(全53頭中)
・関西(阪神・京都):1着9頭 2着5頭 3着9頭(全112頭中)

次に脚質ですが、上りの遅い馬は苦戦しています。
また4コーナーの通過順位が後方でも殆ど問題なく、後方からの一気差しも決まります。
<上り3ハロン順位>
・5位以内:1着10頭 2着7頭 3着8頭(全58頭中)
・6位以下:1着なし 2着3頭 3着2頭(全120頭中)

以上より前走データの狙い方としては下記3点です。
①前走阪神競馬場か京都競馬場
②前走1400m~1600mの芝コース
③前走上がり3ハロン順位が3位以内


最終結論は土曜日、4月7日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス

2018年04月04日(水)

第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)4月7日(土)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第36回ニュージーランドトロフィーの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1・2は4月7日(土)、3は4月8日(日)開催
1.第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)/中山芝1600m
2.第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)/阪神芝1600m
3.第78回桜花賞(GⅠ)/阪神芝1600m

2.第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス
■阪神・芝1600m「買い」データ(2013年1月~)
①騎手(20レース以上)
C・ルメール 勝率20.9% 連対率41.8% 複勝率53.7%
M・デムーロ 勝率23.6% 連対率43.8% 複勝率50.6%
・川田将雅 勝率18.4% 連対率27.9% 複勝率41.2%
②種牡馬(20レース以上)
・ディープインパクト 勝率14.0% 連対率26.8% 複勝率37.2%
・ヴィクトワールピサ 勝率4.9% 連対率22.0% 複勝率36.6%
③調教師(20レース以上)
藤沢和雄  勝率21.7% 連対率39.1% 複勝率60.9%
・須貝尚介  勝率9.4% 連対率21.9% 複勝率42.2%
・池江泰寿  勝率16.9% 連対率32.4% 複勝率40.8%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率11.3% 連対率20.6% 複勝率30.2%
⑤前走コース
・同コース:勝率11.6% 連対率23.5% 複勝率34.3%
⑥枠・馬番
・4番 勝率8.2%  連対率18.5% 複勝率25.1%

■阪神牝馬ステークス「消し」データ(2008年1月~)
※阪神芝1600mコースでの実施が2016年からで、データが少ないため
消しデータは掲載しません。

【総括】
阪神芝1600mはゴール直前に高低差約2mの上り坂があります。前半がほぼ平坦なため
ペースはそれほど速くなりません。

そのためスローペースとなり、直線での叩き合い勝負になることも多いのですが、
スローペースだけに逃げ馬の逃げ切りもそこそこあります。
ただ基本的には末脚勝負であることは間違いありません。

阪神芝1600mでの阪神牝馬ステークスの開催は2016年からのため、
牝馬限定のオープン・重賞でのデータで考えてみます。

牝馬限定の上級条件では、より逃げ切り勝ちが難しくなり、
末脚勝負の傾向が強くなります。
<逃げ馬VS上り3ハロン順位1位馬>
・逃げ馬成績:1着4頭 2着2頭 3着2頭(全33頭)
・上り3ハロン順位1位:1着16頭 2着9頭 3着2頭(全40頭)

また前走同じコースだった馬は好成績を残しています。
・前走同じコース:勝率17.1% 連対率28.0% 複勝率43.9%

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走同コース
②前走上り3ハロン順位3位以上


最終結論は金曜日、4月6日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

第36回ニュージーランドトロフィーの展望

2018年04月03日(火)

第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)4月7日(土)中山11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は第36回ニュージーランドトロフィーの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1・2は4月7日(土)、3は4月8日(日)開催
1.第36回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)/中山芝1600m
2.第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)/阪神芝1600m
3.第78回桜花賞(GⅠ)/阪神芝1600m

1.ニュージーランドトロフィー(GⅡ)
■中山・芝1600m「買い」データ(2013年1月~)
①騎手(20レース以上)
・C・ルメール  勝率25.0% 連対率35.0% 複勝率50.0%
・A・シュタルケ 勝率28.6% 連対率39.3% 複勝率50.0%
・戸崎圭太   勝率15.0% 連対率33.8% 複勝率43.2%
・F・ベリー   勝率16.0% 連対率40.0% 複勝率40.0%
②種牡馬(20レース以上)
・ハービンジャー   勝率11.0% 連対率24.7% 複勝率35.6%
・ディープインパクト 勝率12.4% 連対率22.4% 複勝率32.0%
・マンハッタンカフェ 勝率13.6% 連対率19.4% 複勝率31.1%
③調教師(20レース以上)
・大竹正博  勝率17.1% 連対率29.3% 複勝率39.0%
・堀宣行   勝率21.7% 連対率30.0% 複勝率38.3%
・国枝栄   勝率12.7% 連対率21.6% 複勝率32.4%
④前走上がり3ハロン順位
・1位 勝率11.4% 連対率21.0% 複勝率33.0%
・2位 勝率14.3% 連対率25.3% 複勝率31.4%

■ニュージーランドトロフィー「消し」データ(2007年1月~)
※中山開催の10回を対象としています。

・前走着差1.0秒以上の負け:0-0-0-27/27 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走10着以下:0-0-0-25/25 勝率・連対率・複勝率0.0%
・斤量55.0kg以下:0-0-2-12/14 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率14.3%
・1枠:0-0-0-19/19 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率14.3%

【総括】
中山芝1600mはスタート直後から3コーナー終盤まで高低差約4.5mの下り坂を
降りるため、他のコースよりハイペース気味になります。そのため逃げ・先行馬の
成績が悪く、上り勝負になることが多いです。
特に2014年夏の芝コース改修後はその傾向が強く、差し馬の台頭が目立ちます。

また最初のコーナーまでの距離が短く、またスピードが付いた状態で迎えるため
外枠の馬には不利となり、また良い位置取りを取ろうと内枠に殺到するため
最内枠が不利となります。真ん中より内側の枠が有利です。

ニュージーランドトロフィーでは、先行した方が有利なレースです。
3歳戦ということもあり、なかなか後方一気が決まりづらいレースです。
最終コーナーの位置取りが半分以下だった馬は過去3年で未勝利です。
<最終コーナー位置取り(過去3年)>
・半分以上の位置取りだった馬:1着3回  2着1回 3着2回(全28頭中)
・半分以下の位置取りだった馬:1着なし 2着2回 3着1回(全20頭中)

ただやはり末脚の鋭さは要求されるため、闇雲に先行できれば良い、
というわけではありません。
<上がり3ハロン順位>
・5位以内:1着2回 2着2回 3着2回(全15頭中)
・6位以下:1着1回 2着1回 3着1回(全33頭中)

前走データの狙い方としては下記2点のいずれかになります。
①前走先行~中団の位置取り(レース内で前から2/3頭以内)で、上り3ハロン順位5位以内
②前走4コーナーの通過順位が1位


最終結論は金曜日、4月6日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

3月31日(土)4月1日(日)の振り返り ※お知らせ

2018年04月02日(月)

こんにちは!たけです。
3月31日(土)・4月1日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■4月1日(日)■
大阪杯◎1着△2着▲3着

■3月31日(土)■
ダービー卿チャレンジトロフィー◎1着

大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーともに本命が1着!と個人的には
満足のいく結果でした。

メインレースについてはこの調子で的中できるように精進を怠らず、
頑張っていきます!

※お知らせ※
来週以降、単勝人気を利用した予想については一時的に休止したいと思います。
理由としては、勝率が落ちていることと、理論を確立できていないためです。
またより平場のレースの予想を求める声もあることから、よりデータ予想にシフトを
検討したいと考えております。
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサー

プロフィール

たけ

Author:たけ
この度は当ブログにお越しいただきありがとうございます。
管理人のたけと申します。

このブログはJRA公認データ分析ソフト「TARGET(ターゲット)」や
マイクロソフトの「Excel(エクセル)」を使って、
様々なデータを分析して馬券で勝つことを目的としております。

記事や商材レビューのご要望、お問い合わせは↓のメールフォームよりどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お勧めサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム