FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~

パンクのリスクを減らすには?その2の1

2018年01月31日(水)

こんばんは!たけです。

今日は昨日に引き続き、パンクを減らすにはどうすれば良いか、を書いていきたいと思います。
今回は↓のうち2.投資法を変える、についてです。
1.過去の的中や出現のリズムを見極める。
2.投資法を変える。
3.縦軸だけではなく、横軸でも検証する。


投資法と言っても、様々な方法があり、ここで全てをご紹介することは出来ませんが、
有名で使い易いものを中心にご紹介していきます。
さらに「どんな馬券に使うと効果的なのか?」を合わせて解説していきます。

投資法には大きく分けて二つあります。
①的中時にそれまでの損を一気に解消して利益を出すが、リスクが高いもの
②的中時にそれまでの損を全て解消できないが、リスクが低いもの


今日は①で代表的なものを2つご紹介したいと思います。
それは1.馬法の方程式と2.メビウスの方程式です。
一時期投資競馬が全盛のころはよく用いられていた投資法です。

1.馬法の方程式
これは1点買いをする時によく使われる投資法です。

賭ける金額を算出する計算式は↓のとおりです。
賭ける金額=(儲けたい金額+これまでの損失合計)×(1.1~1.6)÷(オッズ-1.0)※100円未満切り上げ

計算式の1.1~1.6って何ぞや?という疑問も湧きますが、これはオッズの変動によるリスクを加味した
賭け金額を算出できるようにする係数です。大きければ大きいほど、賭ける金額も増えやすくなります。

・・・とここまではグーグルで検索すればすぐに見つかりますが、じゃあこの投資法を
どんな馬券にでも使用してよいのか?というとそうではありません。
ブームだったころは単勝2番人気や枠連1番人気などが主に使用されていましたが、これはいけません。

どちらかというと1日12レースの中で確実に的中が見込める馬券でないと、
増えていく金額にメンタルが耐えられないでしょう。単勝2番人気については、2016年1月以降だけで見ても、
何度も20連敗、30連敗していますし、枠連1番人気にしても30連敗こそないものの、20連敗以上の回数は
単勝2番人気以上に出ています。

なので的中率が少なくとも30%以上見込める馬券か、直近でほとんど的中のない馬券で、
そろそろ反動が来そうなタイミングであると見極められる馬券が良いでしょう。

2.メビウスの方程式
これは1.馬法の方程式を多点買いに対応できるよう改良したものです。

これは計算式が複雑なので、実際にはエクセルやソフトを使用するケースが殆どです。
ここで解説するには量が膨大になるので、下記のようなサイトをご参照ください。
http://zerouma.gozaru.jp/mebiusu.html

また自動で計算できるサイトも下記にございます。
http://umatechan2.web.fc2.com/mebiusu-2.htm
機会があれば私のほうでも自動計算できるツールをExcelで作成し、配布したいと思います。

メビウスの方程式も馬法の方程式同様に、的中時に損失を解消し、利益を出す投資法です。
同様に何でもかんでもメビウスの方程式で追い上げるのではなく、
的中の可能性が高まっているタイミングで使用することが肝要です。

ただそのタイミングを見極めるには、検証しかないのも事実です。
最後身も蓋もないことを申し上げましたが、こればかりは曲げられない事実ですし、
どんなに検証しても連敗数は更新されていきますので、どこまで外れたら撤退するか?も決めておく必要があります

今日は以上です。

スポンサーサイト

パンクのリスクを減らすには?その1

2018年01月30日(火)

こんばんは!たけです。
今日はタイトルにある通り、「投資競馬においてパンクのリスクを減らす工夫
について述べていきたいと思います。

細かい方法はたくさんありますが、まとめると下記の3つになります。
1.過去の的中や出現のリズムを見極める。
2.投資法を変える。
3.縦軸だけではなく、横軸でも検証する。


今日は1.過去の的中や出現のリズムを見極める、について解説していきます。
これには2つあり、1つ目は「最大連敗数を知る」こと、2つ目は「反動が来そうなタイミングを見極める」ことです。

1つ目の最大連敗数ですが、単勝1番人気を例でとると、
2015年1月1日~2018年1月28日(日)までのデータでみると「24連敗」している時があります。
丸二日間単勝1番人気が勝ったことがないんですね。

「よほどイレギュラーなんじゃないか?」とも思われるかもしれませんが、
下のデータを見ていただければ、割と単勝1番人気と言えど大型連敗がちらほらあることがわかります。
180130連敗

逆に言えば単勝1番人気は「10連敗~12連敗後は12レース以内に的中する確率が高い」とも言えます。
即ち過去の最大連敗数を知ることで、的中や投資すべきタイミングがある程度わかるようになる、ということです。

2つ目の反動が来そうなタイミングは、1つ目の応用です。
これも単勝1番人気を狙うと仮定しましょう。

前日開催から8日前開催まで下の2通りのパターンで、単勝1番人気が的中していたと仮定しましょう。
どちらの方が、次の開催日に単勝1番人気の的中数が多いと感じますか?
180130リズム
※オレンジ色の部分は平均よりも単勝1番人気の的中数が少なかったことを示します。

何となくわかった方もいらっしゃると思いますが、Aの方が次の開催日に的中数が多そうだな、
と思いませんか?
ここで言えるのは「より直近で出現数が低い開催日が多ければ、その分的中の可能性が高まる」ということです。

ここでまとめると、
①過去の最大連敗数を知ることで、投資すべきタイミングがわかる。
②直近で的中の低い開催日が続いている馬券ほど、的中率が高まる。

ということです。

ぜひ検証や実践で試してみてください!

1月28日(日)の振り返り

2018年01月29日(月)

こんばんは!たけです。
今日は土日の振り返りをしたいと思います。

①土日の予想成績
今回は1月28日(日)だけ予想しました。
結果としては2レース予想して1レース的中でした。

回収率としては1点100円×6点=600円購入して、的中が枠連の490円だったので、
マイナスに終わってしまいました・・・。
せっかく本命馬◎がどちらも1着になったんだから、馬券の買い方を工夫すべきでしたね。

ただ意外と過去のデータを整理することで、本命にする馬が何となく見えてくるな、
というのはお分かり頂けたのではないでしょうか?

②単勝人気別のデータ
1月27日(土)、1月28日(日)の単勝人気別の単勝数(1着数)、連対数(2着以内数)、
複勝数(3着以内数)は↓の表のとおりです。
※平均よりも出現数が少ないものをオレンジ色で強調してあります。
180129.png
今回は土日合計のデータも出してみました。
母数が多いほど、精度が安定するのは統計の原則ですからね。

さてデータから見ると、来週の狙い目は下記となります。
東京競馬場:単勝1番人気を軸とした馬連・ワイド・三連複 
        ※相手として単勝3番人気・6番人気
京都競馬場:単勝1番人気を軸としたワイド・三連複
        ※相手として単勝2番人気

単純にこれらの馬券を追い上げると、パンクしてしまう可能性がとても高くなるので、
どのように賭けていけばよいか?を次回以降ご説明していきます。

それではまた!

1月28日(日)の予想2

2018年01月28日(日)

こんにちは、たけです。
朝に引き続き、今日の予想を載せていきます!

東京12R 4歳以上・1000万下
★コースの特徴となるデータ
1.騎手複勝率:C.ルメール/59.0%、戸崎圭太/40.4%、福永祐一/34.2%→⑦、②、③
2.厩舎複勝率:藤沢和雄/35.7%、萩原清/33.3%→④、⑦
3.種牡馬複勝率:ディープインパクト/36.0%、ディープブリランテ/35.7%→②、④、①
4.前走上がり3Fタイム順複勝率:2位/34.0%→⑦

◎⑦サーブルオール
〇②メイショウテンシャ
▲④キミノナハセンター

予想:馬連BOX②、④、⑦

以上です。

1月28日(日)の予想

2018年01月28日(日)

おはようございます!たけです。
今回は予想を載せていきます。

どのように競走馬のデータを分析するか?
参考にしていただければ幸いです。私もまだまだ予想の技術は未熟ですので、
これから磨いていきたいと思っています!

京都11R シルクロードステークス
★コースの特徴となるデータ
1. 枠複勝率:1枠/30.4%、2枠/27.5%→①、②、③、④
2.騎手複勝率:M.デムーロ/40.0%、川田将雅/32.6%→①、②
3.厩舎複勝率:高橋義忠/40.9%、福島信晴/51.9%→①、⑧
4.種牡馬複勝率:キングヘイロー/39.2%、アドマイヤムーン/32.6%→⑧、①、④、⑦
5.前走4コーナー通過順複勝率:1位/30.1%→⑮
6.京都芝1200M実績複勝率50.0%以上:①、⑥、⑦、⑧

◎①ファインニードル
〇⑧ダイアナヘイロー
▲④フミノムーン

予想:枠連BOX①、②、④

以上です。

出現の偏りを利用した馬券術~1月27日(土)実践編~

2018年01月27日(土)

こんばんは!たけです。

今日は先日の続きで、実際にどんな馬券を狙っていくのか?を例を挙げながら示していきたいと思います。
今回例に挙げるのは「単勝1~6番人気」の馬です。

下の表は「単勝1~6番人気」の馬がどのくらいの確率で1着に、2着以内に、3着以内になるのか?を示したものです。
出現確率

単勝1番人気の馬は、1日4回1着になって、6回2着以内になって、8回3着以内になっていますね。
これを多いと思うか、少ないと思うかは人次第ですが、ここから推測できるのは
例えば単勝1番人気の馬が、1日12レースのうち、一回も勝たなかったら次の日は狙い目なのではないか?
といったことです。

ここで今年になってからの、関東表開催の単勝人気別の勝ち数・連対数・複勝数を見てみましょう。
※色を塗ったところは平均より少なかったものです。
出現
とりわけ目立つのは単勝1番人気の複勝数が少ない、というところでしょうか。

前日開催の1月21日(日)で見てみると、単勝1番人気と単勝5番人気が平均よりも馬券に絡んでいない
ということが分かると思います。
なので「単勝1番人気と単勝5番人気で馬券を組み立てれば勝てるのでは?」ということになります。

では実際に1月27日(土)はどうだったのか?
↓単勝人気別の結果はこちら
180127結果
単勝1番人気と単勝5番人気の馬が平均以上に馬券になったことがわかるかと思います。
ただ単勝1番人気の3着以内数だけは平均以下のままですが。。。

ちなみに今日単純に東京競馬場で単勝1番人気と単勝5番人気の馬連を1点100円で12レース何も考えずに買ったとしたら?
4レースで1,460円の配当、8レースで1,040円の配当が的中し、1点100円で購入したとして
プラス1,300円、回収率にして208.3%となりますね!

ただいつもこのように上手くいくわけではありませので、きちんと投資法を考える必要はありますが、
前日までに馬券になった割合が平均より低い馬を中心に馬券を組み立てることが
基本であることはお分かり頂けたかと思います。

それではまた!

【追伸】ちなみに今日の結果を受けて、狙いどころになるのは単勝6番人気なのは・・・察しが良い方なら、
なんとなくお分かりだと思います。

出現の偏りを利用した馬券術~導入編~

2018年01月25日(木)

こんにちは!たけです。
今日はタイトル通りですが、「出現の偏りを利用した馬券術」をご紹介していきたいと思います。

一言で言うと「前日までに確率通りに馬券にならなかった、単勝や馬連等を追い上げていく」馬券術のことです。
これは1990年代以降に流行した手法で、「投資競馬」「追い上げ」という単語を
聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なんのことやらピンと来ない方も多いと思うので、単勝2番人気を例として挙げてみましょう。
単勝2番人気は、年間で18.1%的中します。※2017年1月~12月集計
1日12レースのうち2レース的中する計算ですね。

1日2レース的中するはずの単勝2番人気の単勝が、土曜日に1レースも的中していなかったらどうなるでしょう?
次の日の日曜日には的中する確率が上がりそうだ」と思いますよね?
このように的中率が高くなっていそうな馬券を狙うところから始めます。

ただどんなに的中率が高くなっているとは言え、そのまま買っていてはマイナスになってしまいます。
※単勝2番人気の平均オッズは4.3倍

なので収支をプラスにするために、「追い上げ」が必要になってきます。
「追い上げ」とは馬券が外れるたびに次のレースの賭け金を増やすことです。
代表的なものでいうと「マーチンゲール法」がありますね。
これは賭け金を2倍にしていく、というものです。

しかし「追い上げ」には欠点があり、それは「パンク」するリスクがある、ということです。
今のマーチンゲール法で言うと、仮に1レース目を100円で始めたとしても10レース外れると、
100→200→400→800→1,600→3,200→6,400→12,800→25,600→51,200→102,400
と10万円以上必要になります。賭ける元手が無ければ、その時点で撤退せざるを得なくなり、
次のレースで当たったりするともう目も当てられません(汗)。

このパンクにどうやって対処するか?がこの馬券術の肝となります。
確実にパンクを防ぐ!という方法はありませんが、リスクを少なくすることはできます。

たとえば・・・
①的中率の高い馬券を狙う
②複数の開催競馬場にまたがって投資する
③賭ける基準を厳しくする
④パンクを前提とした手法とする

などです。

ひとつひとつ解説したいところですが、長くなるので改めて次回以降改めてご紹介していきます!

はじめまして!

2018年01月23日(火)

皆さんはじめまして!管理人のたけと申します。
このブログでは、様々なデータをJRA公認のデータ分析ソフト「TARGET frontier JV」と
マイクロソフト社の「Excel(エクセル)」を使って勝てる手法を探っていくブログです。


私が主に分析するファクターは下記の4つです。
下記4つを中心に検証していきます。
①時系列オッズ
②投資競馬/人気の偏り、投資法
③断層オッズ
④コース分析


ここで強調しておきたいのですが、私は「手法」そのものよりも
「検証」を重視しています。


「検証なくして、勝利なし」というマッチョなことを言うつもりはありませんが(笑)、
きちんと検証もしていない手法に、自分の大切なお金を預けることができるでしょうか?
私だったら不安でとてもできない、と思うからです。


「でも検証と言っても、時間も掛かるし面倒くさい・・・」というのも事実です。
そこでTARGETやエクセルを使って、できるだけ簡単に検証ができる小技なども
ご紹介していきます。


今後とも是非よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサー

プロフィール

たけ

Author:たけ
この度は当ブログにお越しいただきありがとうございます。
管理人のたけと申します。

このブログはJRA公認データ分析ソフト「TARGET(ターゲット)」や
マイクロソフトの「Excel(エクセル)」を使って、
様々なデータを分析して馬券で勝つことを目的としております。

記事や商材レビューのご要望、お問い合わせは↓のメールフォームよりどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お勧めサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム