FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~

有馬記念の予想・攻略・傾向データ

2018年12月19日(水)

有馬記念(GⅠ)12月23日(日)中山11R芝2500m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は有馬記念の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月22日(土)開催、2は12月23日(日)開催
1.阪神カップ(GⅡ)/阪神芝1400m
2.有馬記念(GⅠ)/中山芝2500m

2.有馬記念(GⅠ)
※中山芝2500mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_2500/

■有馬記念「消し」データ(過去10回)
・前走GⅢ以下:0-0-1-12/13 勝率・連対率0.0%、複勝率7.7%
・出走間隔中3週以下:0-2-1-34/37 勝率0.0%、連対率5.4%、複勝率8.1%
・単勝オッズ50倍以上:0-1-1-48/50 勝率0.0%、連対率2.0%、複勝率4.0%
・前走勝ち馬との着差1.0秒以上:0-1-1-33/35 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率5.7%
・6歳以上:0-1-2-31/34 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率8.8%

【総括】
有馬記念では下記2点が特徴です。

①年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!
②大型馬が強い!


1.年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!

有馬記念に出走する馬は3歳クラシック戦線で上位だった馬とGⅠで実績を積んできた古馬
がぶつかり合うレース、というイメージです。
GⅠで優勝経験のある馬が多数出走しており、複勝率も3割と好成績を残しています。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------
7- 4- 4-34/49 14.3% 22.4% 30.6%
------------------------------------

上記に当てはまる馬で前走で上り3ハロン順位が3番手以内だった馬は複勝率が50%と
かなり好成績です。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
※前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走上3F順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
1~ 3位 4- 2- 2- 8/16 25.0% 37.5% 50.0%
------------------------------------------------

ちなみに前走クラス別での成績ですが、上位陣は前走GⅠ組が占めており、GⅢ以下だった馬はほぼ馬券になっていません。

有馬記念/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
OPEN特別 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
G2 1- 2- 0- 32/ 35 2.9% 8.6% 8.6%
G1 8- 8- 8- 77/101 7.9% 15.8% 23.8%
-----------------------------------------------------

2.大型馬が強い!

中山芝2500mは高低差が4mもあるアップダウンが激しく、直線も短いコースで非常にタフなコースです。ダートでもそうですがタフなコースは筋肉量の多い=重い馬が有利です。

有馬記念でも馬体重が520kg以上だった馬は複勝率が36.8%と芝のGⅠにしてはかなり珍しいデータとなっています。

有馬記念/過去10回 馬体重別成績
--------------------------------------------------
馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
指520~700kg 1- 3- 3-12/19 5.3% 21.1% 36.8%
--------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①年明け以降のGⅠで1着経験のある馬
②①又は前走GⅠで上り3ハロン順位3番手以内
③馬体重520kg異常


最終結論は土曜日、12月22日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

スポンサーサイト

阪神カップの予想・傾向・攻略データ

2018年12月18日(火)

阪神カップ(GⅡ)12月22日(土)阪神11R芝1400m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は阪神カップの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月22日(土)開催、2は12月23日(日)開催
1.阪神カップ(GⅡ)/阪神芝1400m
2.有馬記念(GⅠ)/中山芝2500m

1.阪神カップ(GⅡ)
※阪神芝1400mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1400/

■阪神カップ「消し」データ(過去10回)
・8歳:0-0-0-8/8 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走逃げ馬:0-0-1-11/12 勝率・連対率0.0%、複勝率8.3%
・出走間隔中2週以下:0-0-1-15/16 勝率・連対率0.0%、複勝率6.3%
・単勝オッズ30倍以上:0-0-2-69/71 勝率・連対率0.0%、複勝率2.8%
・前走4コーナー通過順位1位:0-0-1-13/14 勝率・連対率0.0%、複勝率7.1%
・牝馬:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
阪神カップでは下記2点が特徴です。

①古馬混合GⅠでの着順実績に注目!
②関東馬が強い!


1.古馬混合GⅠでの着順実績に注目!

基本的にGⅠで上位に入る馬は能力が高いため、直近多少不調でもGⅡ・GⅢ戦等、
若干メンバーの能力が下がるレースではあっさり復活することも珍しくありません。

特に1400m戦では距離のスペシャリストが少ないでしょうから、GⅠ上位組があっさり買ったりするのでは、と推測されます。

当レースに出走しGⅠで2着以内に入ったことのある馬の実績は複勝率が3割と、
好成績です。

阪神カップ/過去10回 GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 5- 2-32/46 15.2% 26.1% 30.4%
----------------------------------------------------

さらに古馬GⅠ(3歳上・4歳上)での2着以内実績を持つ馬に絞ると、連対率が3割弱・複勝率が35%となっています。古馬GⅠで2着以内経験はチェックは必須でしょう。

阪神カップ/過去10回 古馬GⅠで2着以内実績のある馬
----------------------------------------------------
項目     着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
GⅠ2着以内経験有 7- 3- 2-22/34 20.6% 29.4% 35.3%
----------------------------------------------------

2.関東馬が強い!

競走馬は「西高東低」が叫ばれて久しいですが、当レースに限っては関東馬が強く、複勝率で言うと関西馬にダブルスコア以上をつけています。

阪神カップ/過去10回 所属別成績
----------------------------------------------------
所属    着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
関東馬(美浦)  8- 6- 2-41/57 14.0% 24.6% 28.1%
関西馬(栗東)  2- 5- 7-104/118 1.7% 5.9%  11.9%
----------------------------------------------------

前走GⅠ・GⅡだった馬で比較してみるとさらに関東馬の成績の良さが際立っています。

阪神カップ/過去10回 関東馬・前走クラス別成績
------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
G2 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%
G1 4- 4- 2-13/23 17.4% 34.8% 43.5%
------------------------------------------------

阪神カップ/過去10回 関西馬・前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
G2 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
G1 1- 2- 3- 36/ 42 2.4% 7.1% 14.3%
-----------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①古馬GⅠで2着以内の実績がある馬
②前走GⅠ・GⅡ出走の関東馬


最終結論は金曜日、12月21日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

朝日杯フューチュリティステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月13日(木)

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)12月16日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は朝日杯フューチュリティステークスの展望について書いていきます。
※阪神競馬場での開催に替わった4回分のデータを基に分析します。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月15日(土)開催、2は12月16日(日)開催
1.ターコイズステークス(GⅢ)/中山芝1600m
2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)/阪神芝1600m

2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
※阪神芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1600/

■朝日杯フューチュリティステークス「消し」データ(過去4回)
・単勝オッズ100.0倍以上:0-0-0-21/21 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走0.3秒以上での負け:0-2-0-25/27 勝率0.0%、連対率・複勝率7.4%
・前走5着以下:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
朝日杯フューチュリティステークスは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走根幹距離だった馬に注目!


1.末脚勝負

※2014年から中山から阪神へ開催変更となり、阪神開催の4回分での分析であることをお断りしておきます。

朝日杯フューチュリティステークスでは阪神開催に替わって末脚勝負になっています。
まず脚質として差し・追い込み馬が圧倒的な割合を占めており、17年に1着になったダノンプレミアムも先行しながら上り3ハロンはメンバー最速でした。

朝日杯フューチュリティステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 差- 差- 差
15年 追- 差- 差
16年 差- 追- 逃
17年 先- 差- 差
-----------------

また上り3ハロンが最速だった馬は連対率100%!1・2着もすべて上り3ハロン順位が2番手以内の馬のみと末脚の速さが必須であることが分かります。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 3- 1- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 1- 3- 0- 4/ 8 12.5% 50.0% 50.0%
3F 3位 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
3F 6位~ 0- 0- 2-44/46 0.0% 0.0% 4.3%
------------------------------------------------

前走上がり3ハロン順位で見てみると1位だった馬が複勝率33.3%と好成績です。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回 
前走上り3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 2- 3- 1-12/18 11.1% 27.8% 33.3%
3F 2位 1- 0- 0-10/11 9.1% 9.1% 9.1%
3F 3位 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3F ~5位 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
3F 6位~ 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
------------------------------------------------

2.前走根幹距離だった馬に注目!

まず根幹距離とはなんぞや?というところですが、根幹距離とは、
日本ダービーの距離である2400mを中心に400m刻みである2000m・1600mの3つのレース距離を差します。

いわゆる「王道」となるレース距離のため、必然的にレベルの高いレースが組まれ、出走するメンバーもレベルが高い傾向にあります。

当レースでは前走根幹距離である1600mと2000mでしか勝ち馬が出ておらず、特に同じ距離となる1600mに出走していた馬は複勝率が3割を超えています。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走距離別成績 ※★が根幹距離
--------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
 1200m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
 1400m 0- 1- 2-22/25 0.0% 4.0% 12.0%
★1600m 3- 3- 2-17/25 12.0% 24.0% 32.0%
 1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
 1800m 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
★2000m 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
--------------------------------------------------

さらにコース別で見てみると、馬券になった馬は下記4コースのみです。
特に東京芝1600mコースだった馬の複勝率が驚異の5割超え!レースもバラバラで、
同コースが相性が良いということなのでしょう。

朝日杯フューチュリティステークス/過去4回
前走コース別実績
----------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
東京・芝1600 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6%
京都・芝2000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
京都・芝1600外 0- 2- 1- 8/11 0.0% 18.2% 27.3%
東京・芝1400 0- 1- 2-13/16 0.0% 6.3% 18.8%
----------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。
①前走上がり3ハロン1位
②前走1600m・2000m/特に東京芝1600m次に京都2000m


最終結論は土曜日、12月15日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

ターコイズステークスの予想・攻略・傾向データ

2018年12月12日(水)

ターコイズステークス(GⅢ)12月15日(土)中山11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日はターコイズステークスの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月15日(土)開催、2は12月16日(日)開催
1.ターコイズステークス(GⅢ)/中山芝1600m
2.朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)/阪神芝1600m

1.ターコイズステークス(GⅢ)
※中山芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_1600/

■ターコイズステークス「消し」データ(過去10回)
・6歳以上:0-0-1-17/18 勝率・連対率0.0%、複勝率5.6%
・前走上り3ハロン順位1位:0-0-0-13/13 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走ローカル競馬場:0-0-0-16/16 勝率・連対率・複勝率0.0%

【総括】
ターコイズステークスでは下記2点が特徴です。

①改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須
②前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目
③前走GⅠ出走馬が強い


1.改修工事後は差し馬が台頭も先行力は必須

何回か話題にしていますが、中山競馬場は2014年1月~11月まで路盤改修工事を行い、
中山芝コースの水はけが大幅に改善されました。

改修工事後は開幕週から差し馬が台頭し、逃げ・先行馬が成績を落とす競馬場に変貌しております。

ターコイズステークスも同様で、改修工事前後で逃げ・先行馬の割合が大幅に変化していることが分かります。改修前は馬券の7割強占めていたのが、改修後は25%まで低下しており、更に16年・17年は決してハイペースでないにも関わらず逃げ・先行馬が0頭と異常な事態です。

1.2008年~2013年・改修工事前/逃げ・先行馬:3着内割合72.2%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
08年 逃- 先- 先
09年 先- 先- 先
10年 先- 逃- 先
11年 先- 差- 差
12年 先- 追- 先
13年 差- 先- 追
-----------------

2.2014年~2017年・改修工事後/逃げ・先行馬:3着内割合25.0%
ターコイズステークス/1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
14年 逃- 差- 差
15年 先- 差- 逃
16年 追- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

2.前走京都・阪神1600m以上だった馬に注目

まず競馬の大きな傾向として、前走と同じ距離、もしくはそれに近い距離を走った馬の方が有利ということが挙げられます。

同レースでも同様で、前走ターコイズステークスと同距離の1600mだった馬が28.3%と3割近い成績です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
-------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------
同距離 6- 5- 2- 33/ 46 13.0% 23.9% 28.3%
±200以内 8- 5- 6- 83/102 7.8% 12.7% 18.6%
±400以内 9- 10- 8-115/142 6.3% 13.4% 19.0%
±600以内 10- 10- 10-118/148 6.8% 13.5% 20.3%
今回延長 1- 0- 3- 34/ 38 2.6% 2.6% 10.5%
今回短縮 3- 5- 5- 51/ 64 4.7% 12.5% 20.3%
-------------------------------------------------------

さらに前走の場所で見てみると、かなり分かりやすい傾向が出ています。
下記データの通り、馬券になっているのはほぼ前走東京・京都・阪神のみとなっています。
しかも京都・阪神だった馬の複勝率は群を抜いて高く、それだけで狙い目です。

ターコイズステークス/過去10回 前走距離別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
函館 0- 0- 0- 0/ 0
福島 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
東京 4- 3- 6- 69/ 82 4.9% 8.5% 15.9%
中山 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 5- 6- 4- 24/ 39 12.8% 28.2% 38.5%
阪神 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
小倉 0- 0- 0- 0/ 0
地方 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
---------------------------------------------------

3.前走GⅠ出走馬が強い

前走クラスで見てみると、GⅠに出走していた馬が複勝率4割弱。しかも着順別で見ても、10着以下に大敗していても全く問題なく巻き返せていることが分かります。

ターコイズステークス/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
1000万下 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
1600万下 6- 3- 2- 38/ 49 12.2% 18.4% 22.4%
OPEN特別 0- 1- 2- 26/ 29 0.0% 3.4% 10.3%
G3 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0%
G2 0- 0- 2- 9/ 11 0.0% 0.0% 18.2%
G1 4- 5- 3- 19/ 31 12.9% 29.0% 38.7%
-----------------------------------------------------

ターコイズステークス/過去10回 前走GⅠ出走・着順別成績
------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 0- 0- 0- 0/ 0
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 2- 1- 1- 4/ 8 25.0% 37.5% 50.0%
前走10着~ 1- 4- 2-14/21 4.8% 23.8% 33.3%
------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①差し・追い込み馬
②前走京都・阪神1600mコース
③前走GⅠ出走


最終結論は金曜日、12月14日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

阪神ジュベナイルフィリーズの予想・攻略・傾向データ

2018年12月06日(木)

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)12月9日(日)阪神11R芝1600m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は阪神ジュベナイルフィリーズの展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の3レースです。
※1は12月8日(土)開催、2・3は12月9日(日)開催
1.中日新聞杯(GⅢ)/中京芝2000m
2.カペラステークス(GⅢ)/中山ダート1200m
3.阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)/阪神芝1600m

※中日新聞杯は開催競馬場および開催日程の変更が多くデータ傾向が読み取り辛いため、今回は見送りとさせて頂きます。

3.阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)
※阪神芝1600mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/hanshin_t_1600/

■阪神ジュベナイルフィリーズ「消し」データ(過去10回)
・単勝オッズ50.0倍以上:0-1-0-81/82 勝率0.0%、連対率・複勝率1.2%
・前走着差0.6秒以上:0-0-0-33/33 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走ダート:0-0-0-6/6 勝率・連対率・複勝率0.0%
・前走6番人気以下:0-1-1-48/50 勝率0.0%、連対率2.0%、複勝率4.0%
・出走間隔中2週以下:0-1-0-23/24 勝率0.0%、連対率・複勝率4.2%
・前走距離1200m以下:0-0-0-18/18 勝率・連対率・複勝率0.0%
・キャリア5戦以上:0-1-0-28/29 勝率0.0%、連対率・複勝率3.4%
・前走4着以下:0-1-1-55/57 勝率0.0%、連対率1.8%、複勝率3.5%

【総括】
阪神ジュベナイルフィリーズでは下記2点が特徴です。

①末脚勝負
②前走東京芝コースだった馬が強い!


1.末脚勝負

阪神芝1600mは元々末脚勝負ですが、阪神ジュベナイルフィリーズでも同様で
差し・追い込み馬が馬券のほとんどを占めています。
過去5年の3着以内脚質を見てもほぼ差し・追い込み馬であることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去5回 1-3着別脚質
※逃:逃げ、先:先行、差:差し、追:追い込み、マ:マクリ
-----------------
1着-2着-3着
13年 差- 追- 差
14年 差- 差- 差
15年 先- 差- 差
16年 先- 追- 差
17年 差- 差- 差
-----------------

前走の上り3ハロン順位を見てみても前走で上り上位だった馬が馬券でも上位を占めていることが分かります。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
-----------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
3F 1位 6- 4- 3- 44/ 57 10.5% 17.5% 22.8%
3F 2位 2- 3- 2- 20/ 27 7.4% 18.5% 25.9%
3F 3位 1- 1- 1- 13/ 16 6.3% 12.5% 18.8%
3F ~5位 0- 2- 2- 28/ 32 0.0% 6.3% 12.5%
3F 6位~ 1- 0- 2- 42/ 45 2.2% 2.2% 6.7%
-----------------------------------------------------

また前走オープン以上での上り3ハロン順位別成績で見てみると、
上り3ハロン順位が1・2位だった馬の複勝率が4割弱と好成績です。

阪神ジュベナイルフィリーズ/過去10回 前走上がり3ハロン順位別成績
※前走オープン以上
------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
3F 1位 4- 3- 1-13/21 19.0% 33.3% 38.1%
3F 2位 1- 3- 1- 9/14 7.1% 28.6% 35.7%
3F 3位 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3%
3F 6位~ 1- 0- 2-30/33 3.0% 3.0% 9.1%
------------------------------------------------

2.前走東京芝コースだった馬が強い!

前走東京コース・京都コースだった馬が多いのですが、
東京コースだった馬は複勝率が35.4%とそれだけで狙い目です。
一方京都芝コースだった馬は複勝率が9.8%とかなり低迷しています。

カペラステークス/過去10回 前走競馬場別成績
---------------------------------------------------
前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
札幌 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
函館 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
福島 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
東京 5- 5- 7- 31/ 48 10.4% 20.8% 35.4%
中山 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 4- 4- 2- 92/102 3.9% 7.8% 9.8%
阪神 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
小倉 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
地方 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------

データの狙い方としては下記2点です。

①前走オープン以上で上り3ハロン順位2番手以内
②前走東京芝コース


最終結論は土曜日、12月8日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

スポンサー

プロフィール

たけ

Author:たけ
この度は当ブログにお越しいただきありがとうございます。
管理人のたけと申します。

このブログはJRA公認データ分析ソフト「TARGET(ターゲット)」や
マイクロソフトの「Excel(エクセル)」を使って、
様々なデータを分析して馬券で勝つことを目的としております。

記事や商材レビューのご要望、お問い合わせは↓のメールフォームよりどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お勧めサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム