FC2ブログ

競馬 オッズ TARGET エクセル Excel

エクセル競馬~データ分析を極める!~

12月22日(土)・12月23日(日)2日間の振り返り

2018年12月27日(木)

こんにちは!たけです。
12月22日(土)・12月23日(日)2日間の振り返りをしたいと思います。

■12月22日(土)■
阪神カップ:◎⑪レッドファルクス 8着

【メイン以外のレース予想】
阪神3レース・2歳牝馬未勝利戦:◎⑬ラシェーラ 6着

■12月23日(日)■
有馬記念:◎⑫レイデオロ 2着

【メイン以外のレース予想】
予想レース・なし

土曜日は未勝利戦・メインレース共に着外と振るいませんでした。阪神カップは結果として2桁人気馬が2頭入る大荒れの結果となりましたが、2桁人気馬のダイアナヘイロー・スターオブペルシャともに阪神芝コースでの渋い馬場での1着経験がある馬でした。馬場が渋った時はそれも考慮に入れるべきですね。

日曜日では本命馬・レイデオロが2着を死守したものの、1着・3着馬はマーク外の2頭でしたので、純粋には喜べませんでした。特に菊花賞で敗れながら勝利したブラストワンピースの能力には驚きました。ただ外国人騎手のGⅠ連続勝利を止めた池添謙一騎手の執念には敬意を表したいと思います。

それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
エクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



有馬記念の予想【オジュウチョウサンの分析も!】

2018年12月22日(土)

※①オジュウチョウサンの分析はこの記事の最後にあります♪

こんにちは、たけです。

12月23日(日)中山11レース有馬記念(GⅠ)の予想をしていきます!

中山11レース 有馬記念(GⅠ)
有馬記念では下記2点が特徴です。

①年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!
②1番人気が強い!
③菊花賞3着以内経験のある馬に注目
④馬場改修後、1枠が有利になった


1.年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!

有馬記念に出走する馬は3歳クラシック戦線で上位だった馬とGⅠで実績を積んできた古馬
がぶつかり合うレース、というイメージです。
GⅠで優勝経験のある馬が多数出走しており、複勝率も3割と好成績を残しています。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------
7- 4- 4-34/49 14.3% 22.4% 30.6%
------------------------------------

上記に当てはまる馬で前走で上り3ハロン順位が3番手以内だった馬は複勝率が50%と
かなり好成績です。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
※前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走上3F順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
1~ 3位 4- 2- 2- 8/16 25.0% 37.5% 50.0%
------------------------------------------------

ちなみに前走クラス別での成績ですが、上位陣は前走GⅠ組が占めており、GⅢ以下だった馬はほぼ馬券になっていません。

有馬記念/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
OPEN特別 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
G2 1- 2- 0- 32/ 35 2.9% 8.6% 8.6%
G1 8- 8- 8- 77/101 7.9% 15.8% 23.8%
-----------------------------------------------------

2.1番人気が強い!

その年の重賞戦線を彩った馬たちが出走してくることもあり、強い馬が集まる中で1番人気に支持される馬は伊達ではなく、過去10回の内馬券圏内が9回と他の重賞と比較しても非常に優秀です。

有馬記念/過去10回 単勝人気別成績
---------------------------------------------------
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
1番人気 6- 2- 1- 1/ 10 60.0% 80.0% 90.0%
---------------------------------------------------

3.菊花賞3着以内経験のある若馬に注目

菊花賞と言えばクラシック3冠の最後の1冠、京都芝3000mもの長距離コースで、
3歳戦ながら非常にタフなレースです。

同じ長距離のGⅠで好走した経験が有馬記念でも活きるのか、菊花賞3着以内経験のある馬はそれだけで複勝率が36%と好調です。

有馬記念/過去10回 菊花賞3着以内経験のある馬
--------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------
6- 3- 4-23/36 16.7% 25.0% 36.1%
--------------------------------------

更に上記の馬のうち馬齢で分けてみると、3~5歳馬が強く6歳以上は振るいません。

有馬記念/過去10回 菊花賞3着以内経験のある馬
※馬齢別成績
-------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------
3歳 3- 0- 1- 6/10 30.0% 30.0% 40.0%
4歳 1- 2- 1- 7/11 9.1% 27.3% 36.4%
5歳 2- 1- 2- 4/ 9 22.2% 33.3% 55.6%
6歳 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
7歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
-------------------------------------------------

4.馬場改修後、1枠が有利になった

2014年に中山競馬場が馬場改修されており、そこから明らかに内枠が有利な傾向になっています。元々どちらかというと内枠が有利ではありましたが、改修後はより顕著に内枠、特に1枠が複勝率37.5%とより有利になっています。

有馬記念/08年~13年開催 枠番別成績
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0%
3枠 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
4枠 0- 2- 1- 9/12 0.0% 16.7% 25.0%
5枠 1- 0- 2- 9/12 8.3% 8.3% 25.0%
6枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
7枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
8枠 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
------------------------------------------

有馬記念/14年~17年開催 枠番別成績
------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------
1枠 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
2枠 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
3枠 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
4枠 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
5枠 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
6枠 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
7枠 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
8枠 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------

■②「有馬記念」の「結論」

◎⑫レイデオロ
出走馬の中で唯一前走GⅠ勝ち。前々走も中山芝コースのオールカマーで1着となっており、コース適性も不安はない。金曜日オッズの段階で1番人気となっており、当日も1番人気は揺るがないだろう。不安点としては若干不利な6枠であること、菊花賞の出走経験がないことだろうか。

○②クリンチャー
直近2走はフランス遠征で成績こそ振るわないが、それ以前は天皇賞春3着・阪神大賞典3着・京都記念2着と長距離重賞では堅実な成績を残しており能力・実績は他馬に劣らない。
さらに菊花賞2着馬でもあり、有利な1枠と好走できる条件は揃っている。

▲⑦キセキ
直近2走はGⅠで逃げて3着・2着と好走しており何故か人気はしないが能力は確か。
菊花賞馬でもあり、同レース好走の条件にも当てはまる。

△③モズカッチャン
アーモンドアイの陰に隠れてはいるが、重賞でも安定した成績を残しておりエリザベス女王杯では2年連続馬券内。有利な内枠に入り、更に斤量が前走より1キロ減になるのも大きい。

△⑥サトノダイヤモンド
京都大賞典に照準を合わせた仕上げで、前走のジャパンカップは一息の出来ながら6着。
同馬も2年前の菊花賞馬でもあり、長距離戦線での復帰なるか。


■③【特別編】「①オジュウチョウサン」の「分析」
金曜日段階ですでに単勝2番人気と、人気が過熱している馬ですが正直に言って過剰人気と言わざるを得ません。

オジュウチョウサンという馬についてご存知ない方のために簡単に説明しておきますと、
障害戦(ハードルや水堀等の障害物を飛び越えるレース)の重賞で9連勝と言う前人未到の実績を残し、オーナーの強い希望から通常のレースに出走。

下級条件のレースながら2連勝し、(オーナーの強い希望もあり)ファン投票で3位に食い込み、満を持しての有馬記念に出走となりました。

さて障害レースでの強さは言うまでもありませんが、通常のレース、しかも有馬記念というビッグレースでは走るのでしょうか?

ここでポイントとなるのはすんなり先行できるのか、ということでしょう。
前2走ともに2番手前後を追走し、直線で速い末脚を繰り出して抜け出す…というパターンで1着になっています。しかしどちらも12頭以下の小頭数のレースであり、多頭数のハイペースで馬群に揉まれた経験がありません。

正直に言って厳しいのではないか、というのが私の予想です。しかも有力な先行馬も何頭かおり、さらに逃げ馬には前走ジャパンカップで逃げたキセキが控えています。すんなり先行できるとはとても思えません。

ただオジュウチョウサンは、過去10年で有馬記念を一番勝ったステイゴールド産駒であり
血統的な適性は抜群であるのは間違いありません。

有馬記念/過去10回 種牡馬別成績
--------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
ステイゴールド 4- 1- 2-10/17 23.5% 29.4% 41.2%
--------------------------------------------------------

とは言えこれまでのレース経験から言って、全く買えないことはありませんが、
抑え程度の評価が妥当でしょう。


以上です。

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキングエクセル競馬
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


有馬記念の予想・攻略・傾向データ

2018年12月19日(水)

有馬記念(GⅠ)12月23日(日)中山11R芝2500m

みなさん、こんにちは!たけです。
今日は有馬記念の展望について書いていきます。

今週開催される重賞は下記の2レースです。
※1は12月22日(土)開催、2は12月23日(日)開催
1.阪神カップ(GⅡ)/阪神芝1400m
2.有馬記念(GⅠ)/中山芝2500m

2.有馬記念(GⅠ)
※中山芝2500mのデータは下記記事をご参照ください。
http://bakenshi.net/2018/11/nakayama_t_2500/

■有馬記念「消し」データ(過去10回)
・前走GⅢ以下:0-0-1-12/13 勝率・連対率0.0%、複勝率7.7%
・出走間隔中3週以下:0-2-1-34/37 勝率0.0%、連対率5.4%、複勝率8.1%
・単勝オッズ50倍以上:0-1-1-48/50 勝率0.0%、連対率2.0%、複勝率4.0%
・前走勝ち馬との着差1.0秒以上:0-1-1-33/35 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率5.7%
・6歳以上:0-1-2-31/34 勝率0.0%、連対率2.9%、複勝率8.8%

【総括】
有馬記念では下記2点が特徴です。

①年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!
②大型馬が強い!


1.年明け以降のGⅠでの着順実績に注目!

有馬記念に出走する馬は3歳クラシック戦線で上位だった馬とGⅠで実績を積んできた古馬
がぶつかり合うレース、というイメージです。
GⅠで優勝経験のある馬が多数出走しており、複勝率も3割と好成績を残しています。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------
7- 4- 4-34/49 14.3% 22.4% 30.6%
------------------------------------

上記に当てはまる馬で前走で上り3ハロン順位が3番手以内だった馬は複勝率が50%と
かなり好成績です。

有馬記念/過去10回 年明け以降のGⅠで優勝実績のある馬
※前走上がり3ハロン順位別成績
------------------------------------------------
前走上3F順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
1~ 3位 4- 2- 2- 8/16 25.0% 37.5% 50.0%
------------------------------------------------

ちなみに前走クラス別での成績ですが、上位陣は前走GⅠ組が占めており、GⅢ以下だった馬はほぼ馬券になっていません。

有馬記念/過去10回 前走クラス別成績
-----------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
OPEN特別 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
G2 1- 2- 0- 32/ 35 2.9% 8.6% 8.6%
G1 8- 8- 8- 77/101 7.9% 15.8% 23.8%
-----------------------------------------------------

2.大型馬が強い!

中山芝2500mは高低差が4mもあるアップダウンが激しく、直線も短いコースで非常にタフなコースです。ダートでもそうですがタフなコースは筋肉量の多い=重い馬が有利です。

有馬記念でも馬体重が520kg以上だった馬は複勝率が36.8%と芝のGⅠにしてはかなり珍しいデータとなっています。

有馬記念/過去10回 馬体重別成績
--------------------------------------------------
馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
指520~700kg 1- 3- 3-12/19 5.3% 21.1% 36.8%
--------------------------------------------------

データの狙い方としては下記3点です。

①年明け以降のGⅠで1着経験のある馬
②①又は前走GⅠで上り3ハロン順位3番手以内
③馬体重520kg異常


最終結論は土曜日、12月22日に出したいと思います。
それではまた!

↓↓↓クリック応援お願いします↓↓↓

競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
エクセル競馬

スポンサー

プロフィール

たけ

Author:たけ
この度は当ブログにお越しいただきありがとうございます。
管理人のたけと申します。

このブログはJRA公認データ分析ソフト「TARGET(ターゲット)」や
マイクロソフトの「Excel(エクセル)」を使って、
様々なデータを分析して馬券で勝つことを目的としております。

記事や商材レビューのご要望、お問い合わせは↓のメールフォームよりどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お勧めサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム